クリスマス

クリスマス

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕祭です。

新約聖書では、キリストの生まれた日を特定はしていません。そのため、降誕祭とは「キリストの誕生日」ではなく、「キリストが生まれてきたことをお祝いする日」となります。

キリストは今から約2000年前、ユダヤのベツレヘムの馬小屋で聖母マリアのもとに生を受けました。

この生誕をお祝いする日がクリスマス(降誕祭)です。

しかしながら、クリスマスがいつ始まったのか、どういう経緯で始まったのか多くの教会で明示はしていません。

キリストの誕生日同様に、聖書に記述がないことが大きな理由です。

では、なぜ世界中で、そして多くのキリスト教の諸教派で12月25日が共通してクリスマスなのでしょうか。いつ頃この慣習が始まったのでしょうか。

諸説ありますが、代表的な由来をご紹介いたします。

クリスマスが12月25日であることの由来

前述の通り、クリスマスがいつ頃始まったか正確な年代はわかっていません。

しかしながら、2世紀~4世紀頃に始まったという説が有力視されているようです。

当時のヨーロッパはローマ帝国時代。

キリスト教は国教ではありましたが、まだまだ民衆には定着していませんでした。

ちょうどその頃、ペルシャから太陽信仰の性格を持つミトラス教という宗教が伝わってきました。

そして、このミトラス教には「光の祭り」という信仰上の大切な行事がありました。

「光の祭り」が行われるのは、一年で最も昼間が短くなる冬至。

この日を境に再び昼間が長くなっていく、すなわち太陽の力が強まっていくことを祝います。

この冬至が、12月25日にあたっていました。

一方で、ローマ帝国もともとの土着の祭りとして、農耕の儀式もまた12月25日前後に執り行われていました。

そこでローマ皇帝はイエス・キリストを「光」に例え、「光(太陽)の復活はキリストの復活」とし、前述の土着の祭りをすべて吸収する形で12月25日をキリストの降誕祭に制定します。

ほかの宗教との対立を防ぐための、折衷案としての意味合いもあったのでしょう。

このクリスマスの誕生は功を奏し、異なる宗教同士の摩擦を減らすだけでなく、キリスト教を広める大きなきっかけにもなりました。

ちなみに、クリスマスに行われるイベントはキリスト教由来のものばかりではありません。

たとえばクリスマスツリーは、古代ゲルマン民族のお祭りから伝わったとされています。

こういったことからも、クリスマスは土着信仰との融合に端を発している可能性が高いのです。

クリスマスイブとは

では、12月25日の前夜にあたる「クリスマスイブ」の由来は知っていますか?

「イブ」とは英語の「evening(夜)」と同じ意味の古語「even」のことであり、クリスマスイブとは「クリスマスの前夜」ではなく「クリスマスの夜」のことなのです。

これには、キリスト教の前身にあたるユダヤ教の暦(ユダヤ暦)が大きく関わっています。

ユダヤ暦では、日没が一日の変わり目とされています。

そのため、12月24日の日没から25日の日没までが「クリスマス」となります。

クリスマスイブは、すでにクリスマスに含まれている24日の日没から深夜までということになります。

現在では、教会や宗派によって解釈はさまざま。

一般の暦にならい、25日に日付が変わると「クリスマス」とみなす宗派もあります。

どの宗派も、それぞれの教えに則りクリスマスの伝統を大切に守り続けています。

最近では日本はイブに集まったりパーティをするように思えます。

宗教の度合いが濃いくなると日本式?が受け入れられないかもしれませんが。

それだけ浸透させられた、ということ。

マーケティングが上手かったということですね!

チキンとケーキどちらも食べましたか?

プレゼントは届きましたか?

施術も同様、痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

そんな自分たちが第一に健康でいられるように。

年内29日まで診療します。

年始は5日スタートです。

(12/30-1/4休診)

12月は予約が早めに埋まりますので、あれ?痛いかなと思ったら早めにご連絡ください。

ご希望の時間に診られないことになります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬