とんど2022.1.15

とんど2022.1.15

とんど焼きって昔は近所でやってましたよね。

そんなとんどって何?ということで、調べました。

「とんど焼き」とは、小正月(こしょうがつ)に行われる火祭り行事。

小正月とは、大正月といわれる1月1日に対比して、1月15日のことを指します。

旧暦ではこの日が新年最初の満月の日にあたり、本来のとんど焼きは、新春の満月の夜に開催される火祭りなのです。

満月と神聖な火による浄化の力で、集落の人々の1年間の災いを払い、豊作や商売繁盛、家内安全、無病息災、子孫繁栄を願うのが「とんど焼き」です。

とんど焼きは、地域住民が、わらや青竹で小屋ややぐらを作り、持ち寄った門松やしめ縄などの縁起物と一緒に燃やすのが一般的。

地域によっては

■「とんどの火で高く舞い上がれば習字が上達する」と言って、書初めを一緒に燃やす
■とんど焼きの灰を家の周囲にまくと、魔除けになる

など、さまざまな言い伝えもあるのだとか。

また、鏡開きをした餅・みかんや団子などを針金に刺して熾(お)き火で焼いて食べると「風邪をひかない、1年を健康で過ごせる」という風習は、全国各地でほぼ共通して行われています。

■どんどん燃えるから
■燃やし始めに青竹がはぜて「どんっ」と音がするから

など諸説あり、音の響きからついたようです。

と、ありました。

育った地域では、近所の公園で焼き芋しながら、とんどをしていました。

(とんどをしながら焼き芋か?!)

また隣の町は田んぼでとんどをしていました。

友人がいたので、一緒になって参加していました。

そこではぜんざいを配ってました。

待ち時間に田んぼでサッカーをしたり、鬼ごっこをしたりして、疲れたタイミングのぜんざいと熱いお茶でしたね。

いつの間にか見かけなくなり、2月19日男山で行われる厄神祭に持って行って燃やすようになりました。

毎年すごく並ぶ、あの山へ行くと中学時代冬練習でよく行った階段ダッシュを思い出します。

また一区切りですね。

明日から1月の後半戦です。

寒いですが腰痛にお気をつけください。

ケガ人が多く出たり悩みの人を増やしたくないですが、まだまだ悩んでいる方、困っている方はおられます。

どこに相談したらええか分からん、という方の手助けができますように。

施術も同様、痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

そんな自分たちが第一に健康でいられるように。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

厄除会

厄除会

厄年とは長い人生には要所で節目があり、肉体的、社会的にも様々な変化による区切りがその節目にあたり、あらかじめ心の準備を怠らないように昔の人は「厄年」という習わしとした。

厄年は性別・地方等によって異なりますが、これらの年齢に達した時は一般的には特に身を慎まなければならない期間とされ、健康や身辺に注意した方が良いと言われている。

住居を構えている町では、男性の43歳(後厄、はね厄)、42歳(本厄)、41歳(前厄)を中心として厄神祭を自ら準備し、毎年1月19日に厄除祈願祭を行っている。

これは、これらの仕事をすることにより厄を払えるという考えによるもので、この仕事を経験をした厄年者は無病息災に過ごせるものとされています。

この準備が大変です。

当日も大変ですし、後片付けまでが厄除会の仕事です。

大変ですが、人のために行うことが自分にとってプラスになる。

結果、自分のためにやっているようなものです。

仕事を理由に不参加の方もおられます。

「厄除けを特にしない」

という意見もよく耳にします。

気にならない方は気になりません。

やらないよりやっておいた方がいい、という方もいます。

様々で良いと思います。

強制されてするものでもないですし。

宗教、思想の違いもあります。

よく言われるのが、20代は仕事をし始めても若くて元気で朝まで遊ぼうが平気で過ごせる。

30代は仕事を覚えてそこそこやれることが増えるとともに、自由に出来るお金を持ち遊ぶ。

仕事と遊びが充実します。

健康は二の次で…。

そのツケが40代になる頃に出るよ!

無茶なことをしていたダメージは体に出てきます。

ということで42歳が本厄と言われています。

本厄の前に前厄がある。

その前に気付いたら健康にも気をつけて過ごしとこうよ!

ということで、厄除けや厄払いの風習を広めてきたのが昔の人々です。

注意喚起してくれています。

その思いを汲んで行動して行けたら良いですね。

施術も同様、痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

そんな自分たちが第一に健康でいられるように。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬