交通事故の相談

交通事故

交通事故の相談が続いています。

基本的に被害者の相談が多いです。

加害者でも通院は可能なこともあります。

被害に遭われた場合、まずは病院にかかります。

病院で診断を受けます。

診断の内容が重要です。

例えば、首が痛い、腰が痛い、肩が痛い・・・とすると、頚部捻挫、腰部捻挫、肩部捻挫とされることがあります。

その10日後に手首が痛くなったとします。

保険会社によっては受傷後1週間以上経過すると今回の事故とは関係ないのでは?という話の展開にすることがあります。

痛みが何で出ているのかを証明できないと認められないことがあります。

理不尽な!と思うかもしれませんが、そういうケースもあるのでご注意ください。

特に被害者であるとケガをさせられたのに!

というように「のに」がつきます。

事故当日は興奮状態で痛みがどこに出ているのか、どういった痛みが出ているのか分かりにくくなっています。

少し落ち着いたタイミングで「ここが痛い」「ここも痛い」となります。

その時点で病院にご相談ください。

なぜ診断内容が重要かと言いますと、病院と併用して泰然に通院する場合、診断書の内容に沿うと保険会社に決められています。

診断書の内容とは違う膝が痛くなり、治療して欲しいと言われると、保険会社はそれに対する治療費は支払ってくれません。

痛みが出たらその都度相談してください。

痛みの悩みがあるまま、不安なまま進めていくよりも仕組みを知ってもらい、納得した上で進めていきたいので、ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故

交通事故

交通事故の相談があります。

信号待ちをしていたら後方から追突された。

エアバッグも出るような衝撃で救急車で搬送された。

結構な衝撃ですよね。

安全装備が充実してきたとはいえ、その衝撃を体も受けています。

骨折がないから大丈夫とも言えません。

大きな怪我ではないように思えますが、受けた衝撃による痛みが長引くケースが多いです。

「捻挫という診断だからすぐ治ると思っていたのに」

と言われることも多いです。

骨折も骨がくっついたら治った!ではありません。

癒合が確認されただけで、元に戻るわけではありませんし、その部位動きを取り戻すようにリハビリを行います。

それと同様のことを捻挫でも行います。

痛みを下げるだけではなく、動きを取り戻すこと。

このことは骨折よりも軽視されているからこそキチンと行いたいですね。

昔交通事故に遭い、長い間むち打ちで苦しんでいた方もおられます。

交通事故に遭っても直ぐに治療が始められたら早く良くなります。

キチンと来院計画を立てて治療を進めていきましょう。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故

交通事故

緊急事態宣言が解除され、動き出しましたね。

人が動き、街が動きます。

人が動く分、交通量も上がります。

そんな時に気をつけていただきたいのが交通事故です。

交通事故は過失がある場合とない場合とがあります。

悪気はなくても動いている以上は事故に遭うと過失が発生することがあります。

そんな過失が発生した時に困るのが保険会社とのやり取りです。

色んな制度を知らないと保険会社の言いなりになってしまいます。

親切な担当者もいればそうでない担当者がいます。

交渉のプロとして弁護士の先生にお願いすることをお勧めします。

保険の加入時に弁護士特約を付帯させていますか?

もしまだなら今すぐ契約してください。

保険会社との交渉ごとで不利になることがないように、不利益が起こらないために法律のプロが味方してくれます。

費用のことも気になるところですが、負担はかかりません。

特約ですので、利用しても保険の等級への影響はありません。

更に泰然では交通事故の交渉が得意な弁護士先生をご紹介できます。

ご紹介への費用はかかりませんのでご安心ください。

自動車同士で交通事故に遭うと衝撃があります。

安全装置が向上し車自体が衝撃を吸収してくれていたとしても、体にも衝撃がきます。

その衝撃は目に見えないので怖いです。

泰然に来られる相談も骨折まではしない程度のケガが多いですね。

捻挫や打撲という診断で来られます。

急性期はズキズキ痛むことが多く、亜急性期からはずーっと痛むという悩みに変わります。

そういった悩みが専門です。

治療は泰然にお任せ下さい。

交渉の悩みは弁護士先生へ。

体の悩みは泰然へ。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故

交通事故

ゴールデンウィークも自粛が多く、自動車やバイク、自転車も少ないのではないでしょうか?

そんな中、猛スピードで逃げる車両をパトカーが追い掛けて、その後救急車が走るという場面もありました。

どこかで誰かが交通事故に…。

新型コロナウイルスの感染も怖いですが、交通事故に遭う可能性もあります。

身近にあるのは交通事故かもしれませんね。

泰然に通院の患者様も何名か事故に遭われてます。

気をつけていても遭う時は遭います。

過失がなくても、あってもご相談下さい。

ケガの様子は泰然に。

保険会社とのやり取りの仕組みも泰然に。

弁護士先生のご紹介も泰然に。

右を見ても左を見てもマスクだらけですね。

マスク、帽子、サングラスをしたら不審者と間違われてた時代から当たり前の時代に…。

マスクをしていないと犯罪者かのような目線を感じるようになりました。

何でも過ぎると危険です。

マスクが手に入らないかもしれない。

マスクをカバンから出す時にたまたま落としたのかもしれない。

マスクが汚れたから替えが無かったのかもしれない。

(無理矢理か…)

咳エチケット、マナーは勿論大事です。

人と会うことがリスク高く言われます。

人と接する仕事なので充分気を配ってやっていますし、これからも行います。

多くの犠牲を生みました。

こんな時だからこそ求められることに感謝しています。

オンラインの時代だからこそオフラインの良さを!

もちろんオンラインでやれることもやります。

その一つがこのブログです。

やり続けることに意味があると思います。

これからも続けます。

腰痛専門ですが、それ以外でお困りの方も多く来られています。

周りに困っている方がいましたらご紹介下さい。

責任を持って診ます。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故

交通事故

定期的に交通事故のことをアップしているのは、それだけ多いからです。

車、自転車、歩行者が安全に気を付けて行動していただきたいからです。

万が一交通事故に遭った場合でも、困り事を少なくケアしていけるようにアドバイス致しますので、ご安心ください。

車と接触事故を起こした。

当事者同士大きな怪我をしていないので、そのままにした。

というケースを時々聞きます。

その場で直ぐに警察へ届け出ることは、物損事故・人身事故ともに権利ではなく義務です!

交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

引用道路交通法第72条

道路交通法で処罰される可能性もありますし、保険会社からの保険適用を拒否される可能性もあります。

被害者の補償だったり、ご自身の補償を受けられないと困ることが後々出てくることもありますのでお気を付けください。

事故には遭わないことが1番です。

もしかしたら、が起こるので知っておいてください。

その場で行うこと。

警察に事故届けをする。

保険会社に連絡をする。

困ったことがあったり、分からないことがあったり、知っておきたいことがあれば泰然に連絡をする‼︎

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

歩行者の安全

交通事故

自転車でも歩行者でも交通事故は起こります。

交通事故は自動車同士とは限りません。

今まで診てきた中で、歩行者と自動車の事故被害で感じたのは直接体に衝撃が加わった場合、治りにくいことがありました。

横断歩道を渡っていて、横から自転車にはねられた。

肩を強打して、骨折はしてなかった。

というケースで、肩関節の可動域は制限があり痛みが辛くて安静時にも痛みがありました。

施術をしていくと、鋭い痛みは軽減していったのですが、嫌な痛み(本人の感覚を表現そのまま)がずっとありました。

中が痛い、奥の方が痛い。

という。

何年も前なので、保険会社の対応も患者様に優しくて治療期間もあったのでしっかり診ていけました。

すると、ある日急にすこーんと痛みが抜けました。

それからは嫌な痛みもなく、可動域も戻ったので快適に過ごせるようになりました。

良かったことは、運動を継続出来たことです。

筋力もそこまで落とすことなく、痛みが抜けるまで日数はかかりましたが、痛くなくなってから運動を再開するのとは大きな差があります。

肩に痛みがあるからといって、他の部位を動かしたらダメというわけではありません。

動かせるところは積極的に動かしましょう。

泰然では、何もかも安静に!ではありません。

運動をどんどんしましょう!でもありません。

必要なタイミングで必要な刺激を体に与えましょう!

肩の施術に関しては、肩関節だけにアプローチしたのではなく、胸椎、頸椎との連動を意識してアプローチしたのが効果的でした。

もちろん背面だけではなく、前胸部との連動も出すようにしました。

一方向からの視点ではなく多方向からのアプローチが有効です。

信号が青色だから安全だとは限りません。

十分気を付けて歩行するようにしましょう。

自転車も同じです。

自動車はスピードを出さないように気をつけましょう。

当たった時の衝撃が大きくなってしまいます。

ご安全に!

もし事故に遭ってしまった時はご相談下さい。

お手伝いします。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

右折車の交通事故ヒヤリ

交通事故

先日、正面衝突事故に遭いかけました。

対向車線には右折専用レーンがあり、こちらは直進するのみ。

この交差点で事故に遭いそうになることが何度かあります。

気をつけて通ってるで事故にはなっていませんが、右折車が前を遮るので通過しにくくて仕方ありません。

道路の特性なのか、運転手が先を急ぐのか、反対車線の動向を把握していないと本当に衝突してしまいます。

急ぐことはないし、お互いが譲る気持ちがマナーエチケットとして必要です。

衝突したら大きな怪我をするかもしれません。

車は元に戻るかもしれませんが、体は元に戻らないかもしれません。

そうなる前に今一度、自分自身の運転を見直して下さい。

初心者マークを着けた車がよく走る時期ですし、パイセンとして安全運転の見本となるようお願い致します。

それでも交通事故に遭ってしまった場合は泰然にご相談下さい。

事故後のお体のことはお任せください。

また必ず必要になる、保険会社とのやり取りのコツなどをお伝えします。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故注意報

交通事故注意報

またまた相談にこられました。

相談に来られるのは嬉しいのですが、交通事故は無くならないですね。

ちょっとしたことで、お互いが注意し合うことで減るであろう交通事故です。

今回相談受けたケースはスピードが出てなくて大きなケガにはならなかったとのこと。

ひと安心です。

大きなケガが無かった理由はスピードが出てないから!

ここ大事ですよ!

スピードを出さないと、咄嗟の時にも止まれます!

あ、危ない!

ひやり、ハッとすることなどの場面に出くわすことありますよね。

そんな時にどういった判断をするか?

ブレーキをかけて、どちらに避けるのか。

手前?

右?

左?

自転車対車だと被害が大きくなることが多いです。

生身の体なので、守る物がなく直接どこに当たるのかでケガの度合いも変わってきます。

自転車のタイヤやパーツなどに当たるのか、体に当たるのか。

その後踏ん張れるのか、ひっくり返るのか?

受け身はとれるのか、どうか?

ヘルメットをしているのかどうか?

頭を打たずに済むのかどうか?

色んな怖さがあります。

自転車や歩行者は弱者です。

車は鉄の塊ですので、武器が動いているのと同じ扱いです。

ですが、ここ最近だと自転車側にも過失が認められるようになってきました。

信号無視や一旦停止無視などの走行違反があるケースです。

(今回は走行違反ではなさそうです。)

車に過失が無いのは停止している時だけです。

過失がなくても自転車が突っ込んできてケガされると良い気分にはなりません。

心配ですし、心に響く人もいるでしょう。

自転車は無法地帯を走っているわけではないので、交通ルールを遵守しながら走行して、車や歩行者と共存していきましょう。

自分たちを守る上でも大切です。

先日、中学生が6、7人で走行中に信号無視して目の前を横切りました。

幸いスピードも出ていなくて止まれました。

そのような運転をしていると命がいくつあっても足りません。

もし衝突していたら、お互いにとって後味の悪さしかありません。

学生が新型コロナウイルスの影響で休校のため、普段とは違う時間帯に違う場所でウロウロしてることもあるでしょう。

本人はもちろん周りの車は運転している大人も気にかけて、事故無く過ごせますように。

ご相談は泰然に!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故注意報

交通事故

交通事故のブログをアップして、今朝は通勤途中に交通事故を目の前でみました。

原付バイクと自動車の衝突事故でした。

すごい衝撃音でした。

ちょっとした注意から避けられるような事故は多いです。

スピードが出ていると、避けられるものも避けられません。

朝から注意していて気を張り詰めて運転している人は何人いますか?

眠いなぁ、渋滞嫌やなぁ、音楽聴きながら、ラジオ聴きながら、テレビやDVD見ながら、という人も多いのでは?

今一度運転を見直してみませんか。

初心者マーク🔰をつけた運転車が増えましたね。

そういう時期ですね。

18歳になって免許を取得した人が運転する機会があると、パイセンである我々が見本を見せませんか?

譲り合う精神。

安全に沿った運転技術を披露しましょう。

車の安全性能技術がどんどん進んでいったお陰で防げるようになった事故も多いことでしょう。

そんな技術をコントロールするのは人です。

研究されたモノが世に出て、それを使う人が善を前提に運用していく。

悪意のない行動ばかりだと信じたいですが、時に自分のワガママを通した運転を見かけます。

それは自動車だけに限らず、バイク、自転車、歩行者でもです。

仕事用の車で会社名の入っていても、平気でそういった運転しているのを見かけた時もあります。

どうなんでしょうね。

ローランドは車に名前を入れています。

自分の名前を入れたまま走るので変なことが出来ないと言います。

カッコ悪いことは出来ない。

彼の美学ですが、同じことが言えるでしょう。

巡り巡って自分のためでもあるので、目の前のことから気に掛けられる人がでありたいですね。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

交通事故

交通事故に遭ったことない方からの質問が多いのでご紹介します。

治療は誰が?

どこで?

どんな風に?

費用は?

どれくらいの頻度で通うの?

いつまで通うの?

病院には行くの?

最初だけ?

毎日?

月1?

週1?

連絡するのは相手の保険会社?

自分の保険会社?

色んなハテナがありますよね。

一度に全部解決すればいいですが、なかなかそうも行きません。

事故に遭って直ぐは警察に連絡します。

運転手には届け出義務があります。

その場で自分たちで解決させるのではなく。

車の損傷とその修理、体の損傷とその治療については保険会社の出番です。

 ケガの具合がひどく緊急性がある場合は救急車を呼んだ方がいいですね。

生きるか死ぬか、大出血があるかどうか、脊椎損傷があるかないか・・・優先させることがあります。

それから家族に連絡したり、出勤途中なら職場に連絡したりします。

周りに助けてくれる方がいるだけ落ち着きを取り戻せます。

その後、ご自身の加入している保険会社に連絡を入れましょう。

比較的軽症の場合でも手順は同じです。

まずは落ち着きましょう。

痛みのある部位を冷静に判断ができるようになると理想ですが、なかなかそうはいきません。

首が痛いの?

背中が痛いの?

肩が痛いの?

腰が痛いの?

お尻が痛いの?

脚が痛いの?

手首が痛いの?

その場で痛くなくても、1日経つとあちこちが痛むことがあります。

事故直後になるべく早く病院に行って、診断を受けて下さい。

どの病院に行くのか決まった場合は保険会社に連絡を入れます。

手続きをきちんと行えば保険会社が治療費を負担して、自己負担なく病院に通えます。

病院では痛みの部位がどこにどのようにあるのか、どんな動きで痛みが増すのか、困っている動きなどを詳細に伝えてください。

最初が肝心です。

病院で出た診断書に沿って、整骨院、接骨院での治療も可能になります。

例)首の捻挫、腰の捻挫、膝の打撲など

病院での診断部位が多いとそれだけ身体の見積もりが出たのと同じ様な意味になります。

診断の出ない部位の施術は行えません。

例えば、首の捻挫のみ診断が出た場合、腰も痛いから接骨院でも診て欲しいと言われても不可です。

腰が痛いならその旨をきちんと病院に伝える必要があります。

主訴を伝えることが重要になります。

事故に遭い、キチンと状況を把握し、伝えるようにしてください。

後日痛みが出た場合も、その都度受診して伝えるようにしてください。

もしその後、裁判になった場合は書類上医師の診断書のみ有効となります。

病院で伝えたことがその後のご自身の補償に大変有効です。

泰然に通うことを希望する場合、保険会社に連絡をします。

保険会社から泰然に連絡が入り協定を結んだ後、通院が可能になります。

通院頻度や期間については症状や環境にもよりますので、直接アドバイス致します。

交通事故の怪我の痛みは長引くことが多いです。

自動車同士が衝突した時の衝撃は思ったより大きいです。

大きな塊と塊がぶつかり小さなヒトの体がその衝撃をどれだけ受けているのか・・・。

その損傷はレントゲン上等画像診断で分かるものもあれば分からない範囲のものもあります。

そういった証明し難い症状でお困りの方のために泰然はあります。

体のことはお任せ下さい。

過失割合にもよりますが、相手側保険会社との交渉が上手く行く自信がない時、不安な時は弁護士特約をご利用ください。(契約内容によります)

特約ですので、等級には関係ありませんので、来年度の保険料が上がることが心配な方もご安心ください。

交渉のプロ、法律のプロですので、ご自身の体や車を守るための方法をいくつもお持ちです。

車も体も時間も奪われて、補償も納得いかない、なんてことにならないためにもオススメです。

泰然から交通事故交渉に長けている弁護士先生のご紹介も行っております。

これにも費用はかかりませんのでご安心ください。

治療は泰然に、交渉は弁護士先生に任せていただいたら、事故後のケアも万全に行います。

周りで困っている方がいましたら、ご紹介ください。

はりきゅう整骨 泰然 〒671-1116 姫路市広畑区正門通4-3-4 2F

メディカル整体 泰然 〒670-0084 姫路市東辻井2-8-34  

090-1070-4976

LINE ID:taizen4976

   担当:藤原一馬まで