肘内障

肘内障

病態

6歳くらいの小児に好発する疾患で、橈骨頭からが橈骨輪状靭帯から外れて、橈骨頭が逸脱しかけた(亜脱臼)状態である。

転倒しそうになった小児の手を親が引っ張って生じるという例が多い。

再発を繰り返すこともあるが、成長するに従って発症しなくなる。

症状・所見

患部の疼痛を認めるが、腫脹、発赤、皮下出血などは見られない。

x線像では異常なし、または橈骨頭の亜脱臼が見られることがあり、他に骨や関節に異常がないか確認する。

上肢下垂、肘関節軽度屈曲位、前腕回内位、自動運動不能、痛みを回避するため、患肢を押さえている。

治療

徒手整復で治療可能である。

通常、整復後の固定は不要である。

整復直後から疼痛消失し、自動運動可能になる。

アメを取らせるような仕草や顔の近くでバイバイをさせるなどをして肘関節の自動屈曲を確認する。

徒手整復(回外、回内がある)

1.片手母指で患肢の橈骨頭を押さえる

2.他方の手で患肢の手首を持つ

3.患肢の前腕を回外しながら肘を屈曲させる

4.橈骨頭部にコクっという整復感を感じて整復される

泰然でも相談がありました。

大人が小児の両側に立ち手を引いて小児はぶら下がるとブランコのようになる、このブランコ遊びをしていて子どもが泣いて痛がった。

何度も再発を繰り返してる場合は腕が引っ張られるようなことが起こらないよう注意してあげてください。

大人が気を付けることで防げます。

痛がり方の割にはすんなり施術は終わるので、小児もえっ?となるようなリアクションが多いですね。

あれ?外れたかも!という場合は早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

子どもの腕が抜ける

子どもの腕が抜ける、という表現を聞いたことありますよね?

これは、肘内障(ちゅうないしょう)と言います。

脱臼ほどひどくはないが、その手前の亜脱臼(あだっきゅう)という分類になります。

6歳くらいまでの小児に好発する疾患で、橈骨頭が橈骨輪状靭帯から外れて、橈骨頭が逸脱しかけた状態です。(逸脱したものを脱臼という。)

腕を強く遠くに引っ張られる状態、急にこっちよ!と大人が腕を引いたり、よく見かける子どもを大人がブランコのようにぶらぶらさせたり、高くジャンプする手伝いで腕を引っ張ったりするのも、起きやすい要因の一つですのでお気をつけください。

症状・所見

患部の疼痛は認めるが、腫脹、発赤、皮下出血などはみられない。

X線像では異常なし、または橈骨頭の亜脱臼(輪状靭帯が逸脱し橈骨頭が外側に偏位)がみられることがあり、他に骨や関節に異常がないか確認する。

特徴として

肘に疼痛

上肢下垂

肘関節軽度屈曲位

前腕回内位

自動運動不能

肘の動作時の疼痛を回避するため、患肢を押さえている

がみられる。

治療としては、徒手整復術(回外整復法または回内整復法)で整復可能です。

通常、整復後の固定は不要である。

整復直後から疼痛は消失し、自動運動可能になる。

顔の近くでバイバイをさせたり、アメちゃんを目の前に出してそれを取りに来させたりする動きをチェックします。

動かしたくなかったはずの患肢で取りに来たり、バイバイしたりすることで痛みが無くなりもう大丈夫だよ、と安心してもらう。

キチンと整復されたことを保護者とともに確認します。

患者様は小児ですので、意思疎通が難しい場合もあります。

保護者とのコミュニケーションを短時間でしっかり取り少しでも安心してもらえたら、素早い整復で信頼を得ます。

その後の生活では、注意点の説明をしっかり行います。

再発する可能性のあるリスク要因をなるべく排除していきます。

患者様本人はまたブランコをして欲しい、高くジャンプしたい、と思うでしょう。

今は痛くないから。

ただ、子どもの成長段階で上手くキャッチしてくれていた靭帯の形成が不完全なまま、強い外力が加わるとまた同じ症状になります。

そうならないためにも外からの高パワーが加わらない環境作りは大人がしてあげる必要があります。

お気をつけください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬