産後の腰痛

産後の腰痛

育児をして抱っこが負担になったか、急に痛みが出てきた。

昔、腰痛はあった。

その時は整形外科に通院した。

今回も整形外科に行くか迷ったが、直ぐに動けるようにしたいので何とかならないか?ということで来院されました。

育児にお休みがないので…

ご主人の協力がないわけではありません。

我が子が母親を求めている時間が長いため、結果的に休めてるわけではない。

子どもの笑顔や欠伸をしている表情に癒されているため、辛いことばかりではない。

ただ腰が痛い時に寝てられないので困っているということです。

痺れはなく、腰の全体に痛みが出ている。

妊娠、出産期に骨盤の動きが出ます。

この動きは赤ちゃんを守るための器としての役割としては大いに役立ちますが、産後のリカバリーが上手く出来てないケースが多く見られます。

回復期をどれだけ上手く迎えられているか?

24時間体制で育児に追われていると、回復期はあってないようなものです。

バタバタとしているうちに1日が過ぎ、気付いたら何ヶ月か過ぎている。

カラダは回復させられてないままに…。

なんてケースが多いですね。

そんなカラダの声に耳を傾けてみませんか?

痛い!

動けない!

というのは、動いて欲しくない!という合図なのでは?

ではなぜ動いて欲しくないのか?

という部分に着眼しましょう。

そうすると答えが見えてきます。

その答えに沿って治療していきます。

シンプルに。

手技がメインです。

鍼灸と体操を組み合わせます。

その組み合わせは人それぞれ…。

その時のカラダの状態に合わせて選択しています。

痛みがなくなってどうしたい?

これ重要なんです!

子どもとの時間を快適に過ごしたい。

では、こういったカラダの動かし方をしましょうね!

というように。

ご相談はお早目に!

痛みを抱えて過ごす日々と、痛みから解放されて過ごす日々とどちらを選択しますか?

今、選択しているのはどちらですか?

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

立ち上がるときに腰が痛い

Q.体重増加も関係ありますか?

A.関係あります。

重いから、というより、太ることで体のバランスが崩れることが原因です。

バランスが崩れた使い方をし、重い体を扱い、筋力と重さのバランスが崩れトラブルとして出てくる。

そういったイメージで関係があると言えます。

太った=痛い

といった安易な関係性ではありませんが、関係あることが多いですね。

少しずつ増えたのか、一気に増えたのか、でも違います。

体の変化は体重減少でも不具合が起きることもあります。

絞っていくように減少しているのか、やつれていくように減少しているのか、というように。

中身が大切だということ!

筋力と体重があっていれば、大きかろうと小さかろうと問題ありません。

痩せたら腰痛治る。

痩せたら膝痛治る。

そんなに甘くありません。

細くても痛い人、困っている人、悩んでいる人はたくさんいます。

太っていることのせいにしないように。

体への着眼点を変えたほうが、痛みも下がるし、体も変わります。

そういった気づきを与えるのが泰然の役割です。

はりだけでもないし、お灸だけでもない。

マッサージだけでもなく、整体だけでもない。

体操だけでもなく、筋トレだけでもありません。

全体のバランス、タイミングを見た刺激を入れます。

きっかけは泰然で!

 

腰痛、しびれ、関節痛専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34

090-1070-4976

院長 藤原一馬

産後の骨盤矯正

それだけを望む方が多いですが、部分的な治療よりも全体を診る方がもちろん良いです。

部分<全体

いろいろ紐解いて体を診て行くと気づきが増えて楽しいです。

あぁ、だからここが不調だったのか、と。

気づくことで救える部位も増えます。

見つめ直すことは多くなりますが、なるべくシンプルにします。

シンプルなのでやりやすい、続けやすい。

続けられる、習慣化してもらうことで体の調子を整えて行きます。

まだまだ元気なまま残りの人生を歩んで行くのならやることは決まってます!

まずは泰然で己を知る。

それから伝えられたことをやり通す。

以上。

 

腰痛、しびれ、関節痛 専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34

090-1070-4976

院長 藤原一馬

 

 

気づいたら悪姿勢になってませんか

姿勢を正して

姿勢が悪い

という言葉を良く耳にしますよね。

では、何がで何が正しいのでしょうか?

正しいと言われる姿勢もずーっとそのままだと痛くなります。

では、それも悪なのでしょうか?

 

何にとって正しいのか。

腰にとって負担をかけなくて済む、限りなく負担の少ない体勢や姿勢がその場その場で取れるのか。

これが良いと思います。

真っ直ぐな姿勢が果たして正しいのか?

ということにも疑問を持ってくださいね。

変に真っ直ぐを意識しすぎることで、股関節は縮まっているのに、起立姿勢を真っ直ぐに保とうとすると、腰や背中の筋肉を無理矢理使い反らしたような格好になります。

それでも側から見ると真っ直ぐに見えますし、当人も真っ直ぐに正しい姿勢と勘違いします。

ホチキスのバネの部分をイメージしてください。

そのバネが縮んでいるのに、それを無理矢理真っ直ぐにして見てください・・・

どこかに無理した力、強い力を加えてしまいますよね?

そういったことを無意識にしていることがあります。

それで「腰が痛い、腰が痛い」と嘆きます。

そりゃあ、痛いですよね。

姿勢

正しく

骨盤

などという言葉が流行り、良く聞くから、それを意識することは良いことです。

それらに踊らされるのではなく、頭と体で納得していくと体得していけますので泰然で一緒に頑張りましょう。

 

腰痛、しびれ、関節痛 専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34

090-1070-4976

院長 藤原一馬

骨盤調整を求めて泰然へ

メディカル整体泰然の藤原です、こんにちは。

産後の女性が骨盤調整を求めて来られます。

出産直後は良くないと思って、少し経過したので来ましたと。

別の整体、整骨院に行ったけど・・・

なんて場合もあります。

泰然では骨盤調整のみというコースをやっていません。

全身のどこからくる不調なのか、そこの声をしっかりと聞いた上で治療を選択します。

全身の色々なつながりをイメージしていただくと納得しやすいかと思われます。

赤ちゃんを抱っこする時、赤ちゃんとの距離は近いですか?

下に降ろす時近いですか?

抱っこしながら何か他のことをする際、片方ばかりに体重がかかってませんか?

授乳中の姿勢は?

睡眠は取れてますか?

赤ちゃんと二人だけの時間が長いと不安ですか?

気晴らしは何かありますか?

体の動きからメンタル、自律神経系の状態までを情報として出していただきます。

そこから手技、はり、きゅうにて施術します。

一番良いのはリラックスできること。

 

血流量が増大し、細胞が活性化されて痛みが減る。

 

このために色々な方法で状態に合わせた治療を行います。

まずはご連絡ください。