産後の腰痛

産後の腰痛

育児をして抱っこが負担になったか、急に痛みが出てきた。

昔、腰痛はあった。

その時は整形外科に通院した。

今回も整形外科に行くか迷ったが、直ぐに動けるようにしたいので何とかならないか?ということで来院されました。

育児にお休みがないので…

ご主人の協力がないわけではありません。

我が子が母親を求めている時間が長いため、結果的に休めてるわけではない。

子どもの笑顔や欠伸をしている表情に癒されているため、辛いことばかりではない。

ただ腰が痛い時に寝てられないので困っているということです。

痺れはなく、腰の全体に痛みが出ている。

妊娠、出産期に骨盤の動きが出ます。

この動きは赤ちゃんを守るための器としての役割としては大いに役立ちますが、産後のリカバリーが上手く出来てないケースが多く見られます。

回復期をどれだけ上手く迎えられているか?

24時間体制で育児に追われていると、回復期はあってないようなものです。

バタバタとしているうちに1日が過ぎ、気付いたら何ヶ月か過ぎている。

カラダは回復させられてないままに…。

なんてケースが多いですね。

そんなカラダの声に耳を傾けてみませんか?

痛い!

動けない!

というのは、動いて欲しくない!という合図なのでは?

ではなぜ動いて欲しくないのか?

という部分に着眼しましょう。

そうすると答えが見えてきます。

その答えに沿って治療していきます。

シンプルに。

手技がメインです。

鍼灸と体操を組み合わせます。

その組み合わせは人それぞれ…。

その時のカラダの状態に合わせて選択しています。

痛みがなくなってどうしたい?

これ重要なんです!

子どもとの時間を快適に過ごしたい。

では、こういったカラダの動かし方をしましょうね!

というように。

ご相談はお早目に!

痛みを抱えて過ごす日々と、痛みから解放されて過ごす日々とどちらを選択しますか?

今、選択しているのはどちらですか?

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA