マスクによる弊害

マスクによる弊害

どこを見てもマスク、マスク、マスク…。

マスクをしていないと犯罪者か?のような目線を感じるくらい。

テレワークになり脚が動かない。

ステイホームで脚が動かない。

自粛、自粛、自粛…で運動まで自粛してませんか?

マスクをして呼吸が浅くなったり、鼻呼吸が出来ずに知らぬ間に口呼吸してしまっていませんか?

一度自分がどちらで呼吸をしているか確かめてください。

口は食事の通路としてあり、鼻は呼吸のためにある、と考えてください。

口呼吸ばかりをしていると呼吸器系に出る影響は目に見えて出ます。

血液は栄養素を運び、酸素なども運ばれています。

呼吸器の低下は不健康への道を辿ります。

マスクを着けてランニングするように言われたり・・・。

自然に呼吸する時と運動時などで呼吸をする時と使う筋肉が違います。

ステイホームで運動量、活動量が下がり循環量が低下し、呼吸でも循環に影響が出る。

そんな生活がいつから続いていますか?

はじめの方は気付いていなくても、そろそろ症状を自覚してきます。

症状が出てきてもまさかコロナの自粛生活やマスク生活が影響しているとは気付いていない方が多いですね。

自分がコロナに感染して死んでしまうのではないか?

気晴らしのために散歩に出たりしても、すれ違う人がコロナ感染していて自分にも感染してしまうのではないか?という不安にかられたり。

悪循環のループにハマってしまって抜けられない方がこれから増加します。

生活のリズムが変わったことも一つの要因ですが、まず一つ呼吸から見直すだけでも抜け出すキッカケになります。

あとは鍼灸の相性が良いですね。

しんどくなっている方は背中が丸くなり、胸が閉じたようなしぼんでいるような姿勢になっています。

ふんぞり返るような姿勢で悩んでいる方は珍しいでしょう。

下を向いて丸くなる。

こんな姿勢では、不健康にもなります。

健康的な生活を取り戻すためにご相談ください。

正しく怖れ、正しく向き合い、生活の一部に取り込んでください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

マスクの影響

マスクの影響

マスクをする頻度が多くなってきましたね。

外出時や室内でも。

飛沫感染を防ぐためや花粉症対策にも使用します。

着用率もパッと見て増加しましたよね。

街行く人はみんな白い白い…。

鼻呼吸をしてたはずなのにいつの間にか口呼吸になっている。

マスクあるあるです。

人間は生きるためのエネルギーを得るため、2本の管に頼っています。

1本は口から肛門までの管であり、ここに食べ物が入りそして出る。

もう1本は空気が入る鼻から肺への管です。

入り口と出口が同じで、途中で体に酸素を供給します。

この2本をどう使い、何を入れるか。

大事ですね。

鼻から吸った空気は鼻腔を通ることで、異物が除去され清浄となり、暖められ湿っている。

口で吸った息は肺に直接入り、ウイルス、細菌、アレルゲンで汚れているだけでなく、冷えているので肺や横隔膜を冷やして腸管を冷やす。

他人や自分の健康を守るはずのマスクには鼻、口、喉を潤す効果があります。

マスクの中で鼻呼吸のみでは暑くて苦しいです。

長時間マスク使用者は口呼吸になりがちです。

口呼吸にはメリットがありません。

口呼吸になっているか気にして、鼻呼吸に切り替えていきましょう。

自己免疫力を高めて乗り切りましょう!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬