安全靴は不健康靴

靴の変化

中敷の大切さ

踵の大切さ

色々伝えてきました。

サイズの合う、合わないも大切です。

靴のサイズが大きいと、足指が靴の中で滑らないよう曲げてしまいます。

そのクセがついてしまい、普段から足の指を曲げたまま過ごすことになります。

自分に合う靴を見つけるのも困難ですよね。

日常で履く靴、お洒落する時に履く靴、仕事用、運動用、などなど。

体のトラブルが足に出るとは限りません。

腰が痛い、殿部が痛いという場合でも靴のことを質問すると安全靴だったりします。

安全靴は不健康靴です。

アーチがなかったり、ソールがしなるようにはできていないため、衝撃吸収がうまくできません。

釘や鉄板から足を守るために作られており、外的環境を整えることが優先されています。

そんな靴の中で足は頑張っています。

足の調子が悪いのはとっくに気づいていた。

でも仕事やし。

これ履くしかないし。

ということでしょう。

仕方なく、足を守ることが優先順位が高いので疲労は犠牲になる。

そんな環境で仕事をしている人が多いということです。

靴のトラブルは簡単に変えられる?

それとも変えられない?

どんな靴を履いても大丈夫な足を作りませんか?

そのためのお手伝いを泰然はします。

ご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬