踵の痛み2022.5.23

踵の痛み2022.5.23

朝起きて地面に足を着いたら痛む。

足底部の過緊張がある。

履いている靴によって負担が違うのだろうが、仕事で裸足でお風呂介助するのも負担になる。

踵の地面に接する部位と、側面にも痛みがでるようになってきた。

踵の骨は地面と接する面がフラットではありません。

安定感が抜群!というよりは、動きによっては傾きが出るだろうな、という形をしています。

歩き方のクセもチェックします。

すると、つま先が過度に外側を向いて、外回しをしながら送っていってます。

柔道家に多いですが、柔道をしていた歴はありません。

日常的に気にかけて歩き方を修正する必要があります。

自覚してもらうように伝えると、気付いていたようです。

気付いていても重要視していなかったので、これをキッカケに重要視してもらいます。

修正の仕方わからんし、何が正解かもわからんし、まぁええかなーと過ごされていたようです。

こういう方は多いと思います。

自分の歩き方を見ることもないし、どんな姿になっているかも見たいとも思わない。

興味がないとそういうものです。

客観視して、気付いてもらうのと、ポイントとなる部分を知ってもらいます。

すると修正のコツを伝えると伝わりやすくなります。

日常でセルフチェックしないとなかなか変わっていきません。

あ、今いい感じで歩けている。

あ、今あかん着地になっていた。

このクセを修正していかないとなぁ。

なんてセルフで確認もしているからこそ効果大です。

泰然でできることはお灸です。

痛みの強い部位に直接灸を行います。

艾の塊を痛みの強い部位に置きます。

そこに線香の火を点けて燃やします。

勢いよく燃えて、皮膚からチリッとした痛みが走ります。

中に(奥に)ズドーンと感じることもあります。

こういった刺激を贈ることで鎮痛させていきます。

この熱さを嫌いますが、効果絶大なので受けていただけています。

お灸ってこんなに効果があるんやね、と言われます。

好きではないけど、必要な存在です。

受けたことのない方はぜひ受けてみてください。

お陰様さまで泰然は8周年を迎えることができました。

開院してから、ご来院頂きました皆様の支えがあったからこそと、深く感謝しております。

これからも患者様の健康のお手伝いをさせて頂くべく、現状に満足することなく、より一層技術に磨きをかけて参ります。

今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願いいたします。

今回、大切な患者様、まだ来られたことのない方へ周年キャンペーンを開催いたします。

これを機会に顔、頭に鍼灸を受けてみてください。

顔や頭にする鍼ってどんなもの?という方は、こんな感じなんやーという体験してみてください。

1回1,000円

(問診も行いますので、所要時間は約30分)

お一人様1回のみとさせていただきます。

女性が美容鍼灸として受けるイメージが強いですが、頭痛、目の疲れ、顔の緊張などにも効果的です。

男性も大歓迎!

通常顔だけ、頭のだけというメニューはありません。

全身治療ありきの考え方になります。

今回特別メニューですので、この機会にぜひお試しください。

※期間限定メニューになりますので、お早めにご連絡ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

踵と膝の痛み2022.4.25

踵と膝の痛み2022.4.25

朝イチに地面に足を着いた時に踵が痛む。

踵の痛みが強くて歩けない。

歩けないのは一日中ではない。

大きな痛みが軽減すると日中は歩ける。

走れるわけではないが過ごせる程度の痛みになる。

足の調子が悪くなって膝まで痛くなった。

膝は内側が痛くてしゃがめない。

仕事は立ちっぱなしや前屈みが多い。

重い物を運ぶこともある。

運動をする習慣はない。

時間もなかなか取れない。

休みもなく働いている。

得るものがあれば失うものもある。

この踵の痛みに対して鍼灸の相性が良いです。

足底部に何箇所かお灸をします。

熱をしっかり感じるまで何度か繰り返して行います。

踵から下腿部にかけては鍼の刺激をしっかり入れます。

太めの鍼を用いてズーンという響きを出すように行います。

響きは好みが分かれますが、悪いものではないので響かせます。

響かすことで体に治そうぜ!というスイッチを入れます。

鍼は細くて髪の毛程の太さですが、しっかりポイントに当てることで攻撃された!治そうぜ!という工程をすすんでくれます。

それには時間差があり、直後に結果が出るというよりかは時間をかけて自然治癒力で修復していきます。

個人差もあるので実感しにくい場合もありますが、変化はしています。

その変化を上手くキャッチできず、治癒過程を諦める方もいます。

残念ですが、治す力が弱っていてもスイッチをキチンと入れていけば治っていきます。

根気よくいきましょう。

今回の足は足を測定してもらい中敷を作ってもらったそうです。

その靴を履くと足の痛みがマシになるので継続して履いてどう変化するか楽しみですね。

足の土台の調子が整うと膝の痛みも変化します。

痛みの出にくい体作りには必要です。

コリを溜めない体にしつつ、今までのコリを取り除くのが治療計画になります。

痛みで悩んでいる方、困っている方に救いの手を差し伸べるために毎日発信しております。

どこに相談したらええか分からん、という方の手助けができるよう努めています。

周りで困っている方がいましたら、お声かけください。

「泰然に相談してみたら?」と。

施術は痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

踵の痛み2022.2.21

足底の痛み2022.2.21

朝イチ、起きて最初に足をついた時に踵が痛む。

立ち仕事なので、足が疲れる。

仕事の負担を気にしている。

気にしているから工夫をする。

靴の中敷きにはクッション性のあるものを選んだりしていた。

それでもこれだけ痛むことにショックを感じる。

踵の骨が地面と接地する部位は平たい部分とそうじゃない部分があります。

踵をキチンと接地させるより、外側に傾いて外側を接地させることがあります。

こういった立ち方や歩き方になると土台が傾くので、上に積んである積み木のバランスも崩れやすくなります。

アンバランスな状態でバランスを取ろうとするからです。

立体パズル、積み木をいくつも積み重ねたようなイメージで体を見てください。

その積み木がどこからバランスを取るのか、どこが負担になるのか。

今回は接地している踵に負担が多かった。

そこに痛みが出た。

正しい姿勢で立っていれば体重は足の中央にかかりバランスよく筋肉が使われ、筋肉の作用で足のアーチを保つことが出来ます。

しかし、姿勢が悪くなり重心の位置が後方に、つまり踵重心になると足底の筋肉が使われなくなります。

短時間であればそれほど問題ないのですが、姿勢というのは長年の積み重ねです。

悪い姿勢が続けば続くほど筋力が低下していき、次第に足のアーチは下がっていきます。

施術は足裏だけではありません。

股関節や腰部、背部、頚部にも施術します。

筋肉の過緊張のバランスを整えます。

整えていくのは手技や鍼灸を組み合わせます。

踵の疼痛部位にはお灸をピンポイントで施します。

一度で済むこともあれば、何度も同じ部位に行うこともあります。

痛みの部位が数箇所あったり、広範囲にある場合はお灸の位置も複数置きます。

一つの刺激が小さくても複数回行うことで刺激を積み重ねられます。

その刺激が一定量入ると体は反応します。

反応する=治ろうとする力が働きます。

自然治癒力です。

その働きが強い時は直ぐに治っていくし、その力が弱いと時間がかかる。

蓄積した負担が大きいときも時間が必要です。

足底の痛みの場合は時間がかかります。

ある程度頻度を高めて、根気よく施術していきましょう。

ケガ人が多く出たり悩みの人を増やしたくないですが、まだまだ悩んでいる方、困っている方はおられます。

どこに相談したらええか分からん、という方の手助けができるよう努めています。

ご紹介ください。

施術も同様、痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

そんな自分たちが第一に健康でいられるように。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

踵の痛み

踵の痛み

朝イチ、歩こうと一歩踏み出した時に痛みが激しく出た。

踵の痛みで踵骨棘(しょうこつきょく)が多いです。

「かかとの骨のとげ」という意味です。

レントゲン検査で踵の骨の前方下側に三角形の出っ張りが見られます。

ここには足底腱膜が付着しており、この腱膜に炎症が起きています。

足底腱膜炎は痛かったり痛みが消えたりを繰り返します。

歩行で踏み込んだ際に腱膜が引っ張られて起こります。

微少断裂し、癒着し、また引っ張られて断裂を繰り返すので痛かったり痛くなかったりします。

痛くないからといった治っているわけではありません。

「放っておいたら治るかなと思ってたけど、治らないから来ました」

という相談に来られました。

圧痛部位を確認します。

踵の内側や外側にも痛みが放散するような時もあり困っています。

圧痛点に直接灸を行います。

せんねん灸のようなタイプは間接灸といいます。

台座があり、粘着シールで肌に貼りつけて艾(もぐさ)を燃やして熱を加えます。

直接灸は字の如く肌に直接艾を据えます。

燃えた艾は肌から刺激が入ります。

間接灸より刺激が強くなります。

この足裏には直接灸くらいでないと反応しません。

弱い刺激ではなく強めの刺激が入ると反応します。

圧痛の強い部位にお灸を据えてから圧痛の度合いがどれくらい変化するか確認すると下がるのが分かります。

圧痛度合いが下がるまで同じ部位に続けて施灸します。

2回より3回、4回と回数行うことが多いです。

直接肌に熱が入るのでヤケドのリスクも説明しておきます。

足裏なのでそこまでヤケドになりませんし、気にならない方がほとんどです。

とはいえ説明があるかないかで違います。

「痛みを下げたいけど熱いのは嫌だ、早く治したい」

と言う方が多いですが、今回は早く治すために熱いのも我慢して乗り越えてもらいました。

着地が楽になり喜ばれました。

長持ちさせるために、関連性のある部位の治療も行います。

下腿部の硬さを解決させるように施術します。

体全体で問題点がいくつも見つかったのでそれらも同時に施術します。

解決していくと体が何段階も軽くなっていきます。

軽くなった体を維持させるためにも体の動かし方を改善させるよう工夫します。

それらを同時に行うことで結果が出ます。

お灸だけでもなく鍼だけでもなく、手技だけでもなく、動きの改善をプラスすることです。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

踵の痛み

踵の痛み

歩くと足が痛い、という相談がありました。

触診すると、踵骨に圧痛がありました。

足底部に圧痛点がいくつかあります。

足底筋膜炎を疑います。

圧痛点に対して、ただマッサージをすると余計に痛くなることがあります。

では、どうするのか?

足底部の筋膜の走行を意識して押圧します。

強さにも気を配ります。

強ければ良いというものではありません。

鍼灸の相性は良いのですが、足底部に直接刺すよりはそれに関与する筋肉に刺激を入れることの方が多いです。

お灸は直接圧痛点に置きます。

間接灸よりは直接灸の方がより効くので、直接お灸で刺激を入れることがあります。

直接お灸を置くとヤケドしやすいです。

「え、ヤケドするん?嫌や」

「皮膚にそれくらいの刺激を入れないと中の様子が変化しないでしょう?」

という考え方です。

了承していただかないとやりません。

強制ではないからです。

ただ、やる方が効果がある、今の痛みの方が嫌や、という思いがある方は施術を受けられます。

この決断は患者様自らが行うことになります。

自分で治す!という気持ちが大切なのと、ここで治す!これで治す!という決断された方は治っていきます。

この痛みの違いは受けられた方が1番実感します。

「受けて良かった、早く受けたら良かった」

と、言われることが多いです。

下腿部の筋肉に過緊張が見られます。

この過緊張の筋肉群は緩めます。

緩めたら軽くなります。

着地の衝撃吸収が楽になります。

ガビランの刺激でさらに軽くします。

立ちやすさ、歩きやすさを出すための刺激になります。

細かい動きを意識して動かしながら施術するとより良さが出ます。

ざっくりとした刺激の時と比較すると分かりやすくなります。

歩き方、立ち方を正しく入力させるためにテーピングを使うこともあります。

テーピングだけで治すのではないですが、正しく入力ー出力を意識させると歩容は変わります。

その歩容が変わることで、踵の痛みを次に出さないことに繋がります。

鍼灸だけでもなく、マッサージだけでもなく、ストレッチだけでもなく、テーピング屋さんだけでもないです。

治療との違いを感じてください。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰の痛みと踵の痛みと脚の張り

腰の痛みと踵の痛みと脚の張り

ダンスをしている。

コロナ禍になり、その機会が減った。

動かないので、痛みや張り感を感じてない。

緊急事態宣言が解除されると、嬉しくてハードに動いてしまう。

ハードに動いた分、張り感が増す。

痛みまでは出ていない。

その繰り返しになるので、圧が少し強めのスパッツを着用してダンスをしている。

治療を行うことで、痛みが早めに軽減しました。

張り感が出るのは体の動かし方に問題があるためと考えます。

筋力は十分にある。

基本的な腹圧、軸や重心の確認をしていきます。

足りていないことを自覚してもらい、それらを修正するための意識付け、体操などを指導します。

元々動く習慣があるため、直ぐに取り組んでいただけました。

その結果も直ぐに伴った、というわけです。

体がそういえば、こう傾いていたなぁ、とか修正しようとこういう意識をしたけど、修正しきれてなかったんだなぁ、ということに気付けたようです。

気付きはすごく大切です。

意識がそこにいくから気付く。

気付いたけど、その先どう修正するか分からない、という方はまずはインターネットに接続し検索します。

検索結果から自分に都合の良い情報を選択して行います。

ここがポイント!

そんなに都合の良い話ってあんまりないですよ。

目の前の話を聞くのか、ネット上の知らない人の話を聞くのか・・・

判断してくださいね。

身体のことを知りたい、という方は特に反応が良く結果が直ぐに出やすいです。

何を優先するか、仕事が優先、家庭が優先、自分の体を優先した結果が出ます。

分かってはいるけど・・・なるべく優先してくださいね。

代わりに、が出来ないのは十分実感してると思いますので。

今回はメンテナンスでの気づきを伝えました。

左脚が張っている。

痛みはないけど。

となると、軸になるのでその癖が出たのか。

そういうことで治療方針が決まっていきます。

痛みの出ない体作りの体操を継続していきながらまたメンテナンスでお会いしましょう。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

足の痛み

足の痛み

踵、ふくらはぎに痛みがある。

起床時にふくらはぎが張る。

動けないわけではない。

歩ける。

走るのは怖い。

ジャンプも怖い。

動き始めが不安だが、少しすると不安が下がり動ける。

一度肉離れをしているので、そうなりそうな不安感が強くて来られました。

膝関節後面から下腿部、足底部にかけての筋肉の過緊張があります。

その続きの大腿部、殿部にまで過緊張の流れもみられます。

圧痛はあります。

股関節ー膝関節ー足関節の連動性を確認します。

踵骨回外しているクセがあります。

その影響で下腿部に負担がかかっていると考えられます。

土台が歪むとその上も歪む。

そういった負担の連鎖がみられます。

大きな痛みではないから、と湿布を貼っていたが様子は変わらず。

そらそうですよね。

コリの蓄積と治癒力が勝負してどちらが勝つか?

ですので、蓄積が上回るといつまで経っても良くならないでしょう。

治療としては手技をメインとして過緊張した筋肉をほぐしていきます。

関節の連動性を出すようにもします。

鍼灸を組み合わせて行うので効果は高くなります。

下肢全体が軽くなり、動きやすくなりました。

土台の大事さを実感することが出来る良い機会となりました。

それでもコリはまだ蓄積しているのがあるため、もう少し継続的な治療が必要になります。

コリをいかに少なくし、動きをスムーズにすることで日常生活の質が高まります。

そんな体の相談も受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬