踵の痛み

踵の痛み

歩くと足が痛い、という相談がありました。

触診すると、踵骨に圧痛がありました。

足底部に圧痛点がいくつかあります。

足底筋膜炎を疑います。

圧痛点に対して、ただマッサージをすると余計に痛くなることがあります。

では、どうするのか?

足底部の筋膜の走行を意識して押圧します。

強さにも気を配ります。

強ければ良いというものではありません。

鍼灸の相性は良いのですが、足底部に直接刺すよりはそれに関与する筋肉に刺激を入れることの方が多いです。

お灸は直接圧痛点に置きます。

間接灸よりは直接灸の方がより効くので、直接お灸で刺激を入れることがあります。

直接お灸を置くとヤケドしやすいです。

「え、ヤケドするん?嫌や」

「皮膚にそれくらいの刺激を入れないと中の様子が変化しないでしょう?」

という考え方です。

了承していただかないとやりません。

強制ではないからです。

ただ、やる方が効果がある、今の痛みの方が嫌や、という思いがある方は施術を受けられます。

この決断は患者様自らが行うことになります。

自分で治す!という気持ちが大切なのと、ここで治す!これで治す!という決断された方は治っていきます。

この痛みの違いは受けられた方が1番実感します。

「受けて良かった、早く受けたら良かった」

と、言われることが多いです。

下腿部の筋肉に過緊張が見られます。

この過緊張の筋肉群は緩めます。

緩めたら軽くなります。

着地の衝撃吸収が楽になります。

ガビランの刺激でさらに軽くします。

立ちやすさ、歩きやすさを出すための刺激になります。

細かい動きを意識して動かしながら施術するとより良さが出ます。

ざっくりとした刺激の時と比較すると分かりやすくなります。

歩き方、立ち方を正しく入力させるためにテーピングを使うこともあります。

テーピングだけで治すのではないですが、正しく入力ー出力を意識させると歩容は変わります。

その歩容が変わることで、踵の痛みを次に出さないことに繋がります。

鍼灸だけでもなく、マッサージだけでもなく、ストレッチだけでもなく、テーピング屋さんだけでもないです。

治療との違いを感じてください。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰の痛みと踵の痛みと脚の張り

腰の痛みと踵の痛みと脚の張り

ダンスをしている。

コロナ禍になり、その機会が減った。

動かないので、痛みや張り感を感じてない。

緊急事態宣言が解除されると、嬉しくてハードに動いてしまう。

ハードに動いた分、張り感が増す。

痛みまでは出ていない。

その繰り返しになるので、圧が少し強めのスパッツを着用してダンスをしている。

治療を行うことで、痛みが早めに軽減しました。

張り感が出るのは体の動かし方に問題があるためと考えます。

筋力は十分にある。

基本的な腹圧、軸や重心の確認をしていきます。

足りていないことを自覚してもらい、それらを修正するための意識付け、体操などを指導します。

元々動く習慣があるため、直ぐに取り組んでいただけました。

その結果も直ぐに伴った、というわけです。

体がそういえば、こう傾いていたなぁ、とか修正しようとこういう意識をしたけど、修正しきれてなかったんだなぁ、ということに気付けたようです。

気付きはすごく大切です。

意識がそこにいくから気付く。

気付いたけど、その先どう修正するか分からない、という方はまずはインターネットに接続し検索します。

検索結果から自分に都合の良い情報を選択して行います。

ここがポイント!

そんなに都合の良い話ってあんまりないですよ。

目の前の話を聞くのか、ネット上の知らない人の話を聞くのか・・・

判断してくださいね。

身体のことを知りたい、という方は特に反応が良く結果が直ぐに出やすいです。

何を優先するか、仕事が優先、家庭が優先、自分の体を優先した結果が出ます。

分かってはいるけど・・・なるべく優先してくださいね。

代わりに、が出来ないのは十分実感してると思いますので。

今回はメンテナンスでの気づきを伝えました。

左脚が張っている。

痛みはないけど。

となると、軸になるのでその癖が出たのか。

そういうことで治療方針が決まっていきます。

痛みの出ない体作りの体操を継続していきながらまたメンテナンスでお会いしましょう。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

足の痛み

足の痛み

踵、ふくらはぎに痛みがある。

起床時にふくらはぎが張る。

動けないわけではない。

歩ける。

走るのは怖い。

ジャンプも怖い。

動き始めが不安だが、少しすると不安が下がり動ける。

一度肉離れをしているので、そうなりそうな不安感が強くて来られました。

膝関節後面から下腿部、足底部にかけての筋肉の過緊張があります。

その続きの大腿部、殿部にまで過緊張の流れもみられます。

圧痛はあります。

股関節ー膝関節ー足関節の連動性を確認します。

踵骨回外しているクセがあります。

その影響で下腿部に負担がかかっていると考えられます。

土台が歪むとその上も歪む。

そういった負担の連鎖がみられます。

大きな痛みではないから、と湿布を貼っていたが様子は変わらず。

そらそうですよね。

コリの蓄積と治癒力が勝負してどちらが勝つか?

ですので、蓄積が上回るといつまで経っても良くならないでしょう。

治療としては手技をメインとして過緊張した筋肉をほぐしていきます。

関節の連動性を出すようにもします。

鍼灸を組み合わせて行うので効果は高くなります。

下肢全体が軽くなり、動きやすくなりました。

土台の大事さを実感することが出来る良い機会となりました。

それでもコリはまだ蓄積しているのがあるため、もう少し継続的な治療が必要になります。

コリをいかに少なくし、動きをスムーズにすることで日常生活の質が高まります。

そんな体の相談も受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬