寒暖差

寒暖差

朝寒かったですね。

朝の格好では昼間暑いくらいでしたね。

こういった気候の時は要注意です。

寒暖差でエネルギー不足な方は風邪をひいたり、ギックリ腰になったり。

足首周辺を触ってみて下さい。

冷たくなってるなら要注意です!

気付かぬうちに冷えてます。

夏の過ごし方が影響出ます。

暑くてシャワーばかりで浴槽につかることもなく過ごしてきた方は気をつけましょう。

服装で工夫することも大事です。

それよりもっと大事なのは体の中身がどうか、ということです。

エネルギーが充満な時は問題にならないことも、エネルギーが欠けていたり不足な時は問題になります。

不足している分は補います。

食事などの栄養、睡眠、心の休息で補うことができます。

それプラス鍼灸を取り入れてみませんか?

鍼灸には体の持つ自己治癒力を手助けするようなスイッチが入れられます。

スイッチが入るため、治そう!となった環境を保全しながら整えます。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

足の冷え

足の冷え

冷えはどこからきているのか?

他の症状は?

首の硬さ、可動制限がある。

首の硬さはいつから?

10年以上前から…。

困った症状になってからマッサージやら鍼灸に何度か行ったことはある。

首に力を入れる癖がある。

農作業をしている。

首の筋緊張、背中の筋緊張、前胸部の筋緊張、どれを緩めるか?

結果的にはどれも緩めます。

どの程度緩めるか?

それによって変わります。

背中を緩め過ぎてもダメです。

頭を支えるために首と背中を酷使しています。

前胸部を緩める方がバランスを取りやすくなります。

後面だけのマッサージを受けてばかりでその場限りのスッキリさを味わってばかりではありませんか?

何が違うか?

カラダ全体を診ると何が要因かが分かります。

首、背中、前胸部のマッサージだけではなく、ふくらはぎにもポイントがあります。

ふくらはぎのポイント部分を鍼灸で刺激を入れます。

そうすることで、上半身、下半身の還流を良くします。

足が冷えるから下半身の治療だけをイメージしがちですが、そうではないケースもある、ということを知っておいてください。

そんな相談も気軽にして下さいね。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬