バネ指に長く苦しんだ

バネ指

長い間苦しんでいた。

痛くなって直ぐに病院に行き、注射された。

何度か打った。

手術した方が良いと勧められた。

通うのをやめた。

注射が痛いのと、手術したくないのと。

それ以外の選択肢を探していて、超音波が良いと聞いたり、鍼灸が良いと聞いたりしていた。

近所に泰然が開院して気にはなっていた。

一度で治るとは思っていない。

手術や注射以外で何とかしてくれそうなので通院している。

他の困り事も同時に治療してくれるので助かる。

トータルでカラダのことを診てくれる、そんな場所です。

根気よく、根気良く通院されてバネ指が改善してきました。

手を使うな!とは言われても難しい。

それなら痛みとどう向き合うのか。

痛みの要因となるコリをどれだけ取り除くか。

その方法を手技、鍼灸、超音波を組み合わせて行います。

痛みが下がったから自由に使っていいのか?そうではありません。

使い方の制限をかけながら、コントロールすることが大事です。

上手く付き合う方法です。

痛みが出てから長く苦しんでいる方はお早めに!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

バネ指

バネ指

根気よく。

毎日使う部位のトラブルは安静期を確保できないため、治療期間が長くなります。

よく使い腱が摩耗したり擦れることで炎症を起こしています。

その炎症期は痛みが強く、腫れ、肥大してるため引っ掛かりが強くなります。

強い分痛みます。

自力で曲げられない、または曲がったまま伸ばせない。

他方の指で手伝うと何とか曲げられる、伸ばせる。

そんな状態は手術適応の境界線です。

手術はしたくない。

避けられるものなら避けたい。

そんな声をよく聞きます。

なぜ、避けたいのか?

避けなら何が良くて、何がダメなのか。

手術のメリットは?

デメリットは?

何を優先するのか。

しっかり納得するまでの情報を得てから決めましょう。

相談をしにいらしてください。

 

LINE

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

バネ指

バネ指は指のトラブルです。

日常的に使う指に不具合があると、困ります。

痛みは使うたびに出ます。

ひどくなると、安静時にも痛みます。

朝起きた時に指がこわばる。

こんな症状ありませんか?

 

この月曜から寒くなり、ぐっと冷え込みます。

冷えると血流循環が下がります。

栄養素も運ばれにくくなります。

修復、修繕のためには血液が役割を担います。

血流改善にはお灸が有効です。

手や指を仕事でよく使う、日常的によく使う方はバネ指になりやすいです。

腱の動きオーバーユースでもなります。

道具を握るような動きも道具が腱に直接当たるため、そのストレスも関係します。

指先が冷える方、指だけに血流が低下してるわけではありません。

何が原因か、何で改善させるか、問診をしっかり取ることで分かってきます。

何かを追加するよりも、何かを辞めることの方が解決することが多いです。

そのために問診があります。

初診時に言えなかったことも、回数を重ねるとポロポロ出てきます。

そんな中に解決の糸口があります。

しっかりと向き合いますので、お話しください。

 

LINE

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

気圧の変化

指の関節に痛みが出る。

「節々が痛い」

「曲げ伸ばしがしにくい」

関節の可動域に制限が出てきている。

指を動かす腱が動く度に擦れて負担がかかり、炎症が起きています。

滑走性が下がるので制限がかかる。

動かすと痛い、当たると痛い、押さえると痛いです。

何かを握ることが多い方、つかむことが多い方、指をよく動かす方はなりやすいですね。

では痛いときはその逆をします。

安静にする。

とにかく動かさない、当てない、押さえないことですね。

簡単に言いますが、「安静には出来ない」と答える方が多いですね。(ほとんどですね)

仕事で困る、家事で困るからです。

握れないと仕事にならんし、動かさないと日常で困るし。

ではどうするか?

治療ですね。

治療は具体的に鍼灸を用います。

鍼灸では特にお灸との相性が良いですね。

お灸を患部に据えます。

燃えている途中は暖かくて気持ち良いです。

燃え尽きる前に少し熱くなります。

チリッとした熱さがきたら10秒程でおさまります。

この熱で治療していくのが特徴です。

熱で熱をとるように。

もう一つメリットがあります。

セルフでもお灸ができることですね。

自宅で行うには、と注意点とコツもお伝えしますので困ったときは泰然にご相談ください。

 

 

今月のお知らせ

22日即位礼正殿の儀により祝日ですが、開けております。

なかなか仕事で来られない方はこの機会にどうぞ。

ご予約はお早めにお願い致します。

LINE

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ばね指

手のひらの中指に痛みや腫れ、小さな節のようになったり、圧痛が出ます。

手指をよく使う人や女性に多いですね。

母指や中指によくみられます。

患指を屈伸させるとばねのように動くので、ばね指と呼ばれます。

腱鞘炎により、鞘の部分が肥厚するため指の屈曲・伸展に伴う腱の滑りがスムーズに動かせなくなります。

炎症が進むと、肥厚した病変部がひっかかるようになり、自らの動きで屈曲・伸展ができなくなると反対側の手で手伝うようになります。

そうなると難治例では手術も考慮します。

手術は腱鞘の切開です。

切開することで動きがスムーズになります。

手術をしたくない、という方のために泰然でできることがあります。

お灸との相性が良いですね。

「中指の関節部分近くにもう一つ関節ができた、と思った」

という相談がありました。

曲げ伸ばしの制限はそこまで出てませんが、圧痛があります。

その患部にお灸をします。

お灸による温熱効果で循環を良くして鎮痛を狙います。

それとガビランの出番です。

指の形状に合わせたカーブを当てて、ジェルによる滑りを活かして擦ります。

腱の動きに合わせたスムーズさを出すのが狙いです。

指や手首に痛みが出る場合、頚椎との関係も考えます。

首からの指令で上肢が動きます。

その動きに問題があるのかの確認を行います。

多くの場合、首の治療もセットで行います。

そうすることで痛みが下がった後、次にならないためのアプローチになります。

 

泰然では腰以外の相談も受け付けております。

気軽にご相談ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬