踵の痛み

踵の痛み

地面に足を着けると痛む。

歩けない。

仕事で困る。

日常生活でも困る。

大きな痛みになると不快感が強く、影響が強い。

踵の骨は着地面はフラットではなく、少し不安定です。

真っ直ぐ着くのが難しいです。

どちらかというと外側に倒れたような着地になりがちです。

その着地に時に受ける衝撃がどこに伝わるか?

どこに逃がすのか?

逃がし方が変わると本来の衝撃吸収が出来ないため、どこかに溜まります。

その溜まった分が踵、足底に出ることがあります。

骨に棘(とげ)のようなものが出来ると、それが悪さして余計に痛みが出ます。

それらにどう対処するか。

鍼灸、特にお灸が効果高いです。

ピンポイントの圧痛部位にお灸をします。

そのお灸の熱刺激には鎮痛効果があります。

治癒促進も得られるため、どんどんお灸を行います。

弱い刺激だと体も変化させづらく、熱さを感じないため、熱さを感じるまで行うこともあります。

すると帰りには着地が楽になっています。

一度の治療でここまで感じられても、日常生活での負担が取り除けないと直ぐに痛みが戻ります。

少し続けて治療をすることで、痛みが出ない体にしていきます。

同時進行で着地での踵のつき方を意識します。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

歩行困難なのにウォーキング

歩くのはいいですか?

じゃあ歩いたらいいんですか?

と聞かれます。

長く歩くこと、散歩、ウォーキングは続けてる

続けてることはすごいこと。

ただ歩けばいいわけではありません。

歩くには条件があります。

一歩の幅

爪先の向き

踵の着き方

膝伸ばす?曲げる?

付け根は?

お尻は?

お腹にチカラを入れる

ヘソをしまうように。

地面はアスファルトなのか、土なのか、芝なのか?

そういった環境面でも違います。

負担をいかに減らして、負荷をコントロール出来るかがポイントです。

そのポイントをクリアしないと、歩くのはいいですか?という質問の答えにはなりません。

答えるには条件があります。

問診でしっかり現状を確認します。

その中の問題点に気付いてもらいます。

それからその問題点の解決を提案します。

提案を聞いた後は皆様表情が晴れる方と余計に難しくなることがあります。

今までやってきたことを否定してるわけではありません。

少しの工夫で良いものになるか、負担になっているかが分かれ目です。

良い方に向かいましょう。

お手伝い致します。

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬