前傾姿勢で歩いてしまう

前傾姿勢で歩いてしまう

突進型歩行のように前に前にと進んでしまう。

動きの特徴から股関節の問題点を見つけました。

股関節周辺は筋肉の過緊張がみられます。

その筋肉は協調して働くため、それらの筋肉に刺激を与えます。

手技ではそれぞれ分けて触ります。

動きに特性があるので、その動きに合わせて触ります。

動かしながら筋肉の硬い部分や、ここを触れば効果が出るというコツがあるのでそこをアプローチします。

アプローチとしては強弱だけではなく、刺激の入れる角度や深度もコントロールします。

そこのテクニックは泰然オリジナルです。

鍼灸のアプローチも同じで、強弱だけではなく、刺激の入れる角度や深度も組み合わせます。

手技と鍼灸を組み合わせることで効果をより出させます。

自然治癒力にスイッチを入れのが目的です。

放っておいてもこりが蓄積し、痛みがでたり痺れがでたりします。

前傾姿勢が続いたらどうなるかイメージしてください。

腰が痛くなり膝が痛くなり・・・

それを解消させるために股関節をメインにしてアプローチします。

体が起こしやすくなり、その感覚が変わったことに自覚します。

その感覚に変わりたては違和感が強くありますが、直ぐに慣れます。

正しい感覚を上書き保存するのが狙いです。

こっちが正しいのだという、これが普通なのだという感じに。

上書きされたと錯覚するのもまたあるある話なんです。

気付いたら悪い習慣の方に戻っています。

やり始めこそ直ぐに戻りますが、何度か意識して上書き保存すると良週間になりますのでご安心ください。

やるかやらないか、です。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

下肢全体の疲れ

下肢全体の疲れ

腰の手術をした。

それからか、疲れやすい。

引越しをしてきて、近所のことがわからないため色々歩いて回った。

そしたらそれから調子が悪い。

腰からきてると思う。

とのこと。

来院キッカケは近所だし一度行ってみては?

と、家族に言われたから。

引越してくる前も鍼灸は受けたことがある。

全く知らない土地なので、試しにと思っての来院。

腰の手術痕は大きく縦にあります。

筋力低下により、前傾姿勢から補助がないと歩き辛い。

散歩目的のために、わざわざコンビニに新聞を買いに行くようにしている。

動かないとどんどんダメになりそうで不安だし、このまま疲れが溜まったままも困る。

動きの確認をしてから触診しました。

筋肉が弱々しくなり、硬さもある。

この凝り固まった部分を緩和させる目的で手技を行います。

さらに血流を良くする目的で鍼灸を組み合わせます。

それプラス、お腹やお尻に力を入れる癖付けを行います。

そうすることで、体が軽くなったままを保持させやすくなるからです。

自覚として、体が軽くなり歩きやすくなり喜んで帰られました。

年齢的にも強い刺激を受けられません。

適切な刺激は弱いだけではありません。

背景と体の状態とを確認しながら行っていきます。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

踵の痛み

踵の痛み

地面に足を着けると痛む。

歩けない。

仕事で困る。

日常生活でも困る。

大きな痛みになると不快感が強く、影響が強い。

踵の骨は着地面はフラットではなく、少し不安定です。

真っ直ぐ着くのが難しいです。

どちらかというと外側に倒れたような着地になりがちです。

その着地に時に受ける衝撃がどこに伝わるか?

どこに逃がすのか?

逃がし方が変わると本来の衝撃吸収が出来ないため、どこかに溜まります。

その溜まった分が踵、足底に出ることがあります。

骨に棘(とげ)のようなものが出来ると、それが悪さして余計に痛みが出ます。

それらにどう対処するか。

鍼灸、特にお灸が効果高いです。

ピンポイントの圧痛部位にお灸をします。

そのお灸の熱刺激には鎮痛効果があります。

治癒促進も得られるため、どんどんお灸を行います。

弱い刺激だと体も変化させづらく、熱さを感じないため、熱さを感じるまで行うこともあります。

すると帰りには着地が楽になっています。

一度の治療でここまで感じられても、日常生活での負担が取り除けないと直ぐに痛みが戻ります。

少し続けて治療をすることで、痛みが出ない体にしていきます。

同時進行で着地での踵のつき方を意識します。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

歩行困難なのにウォーキング

歩くのはいいですか?

じゃあ歩いたらいいんですか?

と聞かれます。

長く歩くこと、散歩、ウォーキングは続けてる

続けてることはすごいこと。

ただ歩けばいいわけではありません。

歩くには条件があります。

一歩の幅

爪先の向き

踵の着き方

膝伸ばす?曲げる?

付け根は?

お尻は?

お腹にチカラを入れる

ヘソをしまうように。

地面はアスファルトなのか、土なのか、芝なのか?

そういった環境面でも違います。

負担をいかに減らして、負荷をコントロール出来るかがポイントです。

そのポイントをクリアしないと、歩くのはいいですか?という質問の答えにはなりません。

答えるには条件があります。

問診でしっかり現状を確認します。

その中の問題点に気付いてもらいます。

それからその問題点の解決を提案します。

提案を聞いた後は皆様表情が晴れる方と余計に難しくなることがあります。

今までやってきたことを否定してるわけではありません。

少しの工夫で良いものになるか、負担になっているかが分かれ目です。

良い方に向かいましょう。

お手伝い致します。

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬