右が痛いから右を治療?

体を左に傾けると右お尻から脚にかけて痺れと痛みが出る

右側が痛いからといって右側に問題点があるとは限りません。

痛みの要因を探るために色々チェックします。

腰椎の動きが落ちていました。

動きは前屈、後屈、側屈、回旋でいうと、前後屈がメインです。

側屈もあるが、回旋は制限されます。

動きの遊びがなくなっているのでその動きを出すようにします。

腰椎の棘突起の際に反応点があります。

治療点に対して、鍼灸の相性が良いです。

鍼灸は手とは違った刺激により体は反応します。

硬さをほぐし、ニュートラルにしていきます。

ニュートラルになったら、動きの改善が必要です。

体を正しく動かすように導きます。

一つのキッカケで動きやすくなることもあれば、二つ以上のポイントが必要なこともあります。

日頃の動かし方の癖が強ければ時間はかかりますが、意識できれば直ぐにでも効果を感じられるため続けられます。

痛みが出た時は絶対やる!って決めるのですが、痛みが下がってくるとその意欲も下がり徐々にやらなくなります。

もう一度同じ痛みになると、あ、やっぱりやらなあかんねんなぁとなります。

それでも忘れるのが人間です。

なんども繰り返す痛みにも付き合いがよく、困ります。

悪い付き合い、悪循環は断ち切りましょう。

好循環にしていきましょう。

そのキッカケを作りにいらして下さい。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

坐骨神経痛

坐骨神経痛

神経痛は触るな…

なんていうこともあるそうです。

触らないと何も出来ない私はどうしたら良いのでしょうか?

触れるところもあるのでは?

と考えます。

やれることを探します。

ここ!という部位には手技が効果あります。

それを証明するためには結果を出すしかありません。

手技が終わった後に効果を感じてもらう。

実感することで、病院以外でのやれることを知ってもらいます。

電気だけではない。

注射だけではない。

薬だけではない。

まだ泰然での手技があった!と言われるように。

最後の砦ではないが、出会った方を救えるように。

多くの方を救えるように!

最近の悩みの相談で多いのは坐骨神経痛です。

坐骨神経痛と言われたのは誰に?どこで?

ネットを見て自分で判断された方もいますよね。

「坐骨神経痛なんですけど、治りますか?」

「どこで診断されたんですか?」

「ネットで調べたら、そうかなと思うんです」

という流れです。

そういった方が行くのは泰然を検索して来てください!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬