こむら返り2022.4.14

こむら返り2022.4.14

こむら返りの相談が多くなる頃です。

季節の変わり目になるとこむら返りになる人が増えます。

昨日や一昨日のように暑い日と今日のように少しひんやり感じる日との温度差がある時に。

暑くて半袖で過ごせましたよね。

そんな日は体温も高く、動くと汗をかくくらいで冷たい飲み物を飲む量も増えます。

すると身体の中が冷えてしまうことがあります。

芯が冷えたまま気温が下がるので、さらにダメージを負います。

ふくらはぎの痙攣はなぜ起こるのか?

冷え、筋肉の硬さ、疲れ、水分不足、電解質のバランスの崩れ・・・などが要因となります。

どれか一つでも起こることがあれば、二つ三つと増えるとリスクも高まります。

朝方になったのを経験した方、最悪の目覚めですよね。

痛くて目が覚める、辛いです。

こむら返りになった時はゆっくりストレッチをして鎮めるか患部を掴むこともあります。

何度もなる方はお灸で解決します。

足りないものを補うような施術になるので、血流改善で解決します。

ふくらはぎにあるツボを刺激します。

そのツボにお灸を置いて熱刺激を入れます。

一度の刺激よりも何度か刺激を繰り返す方が効果的です。

一度に大きな刺激というより、小さな刺激を何度も繰り返すことでしっかり反応させるように行います。

日常生活でふくらはぎが動かせていないので、温めて柔らかくなったふくらはぎには動かすようにしてください。

足首の動きと関連します。

爪先立ちになるような動きや地面をしっかり蹴るようにします。

そうすることでふくらはぎのポンプを使うようになります。

ふくらはぎのポンプと心臓のポンプで上下のポンプを働かせていると循環します。

こむら返りにならない体つくりには必要になります。

これからエアコンで足元を冷やすようになる前に実践あるのみ!

痛みで悩んでいる方、困っている方に救いの手を差し伸べるために毎日発信しております。

どこに相談したらええか分からん、という方の手助けができるよう努めています。

周りで困っている方がいましたら、お声かけください。

「泰然に相談してみたら?」と。

施術は痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り2022.2.23

こむら返り2022.2.23

こむら返りしたことありますか?

こう寒い日が続くと、なるリスクがあがります。

寝ていて、痛みで目が覚める。

最悪の目覚めですよね。

ふくらはぎがキューンと痛くなる。

「あ、つりそう…つる…うわー!最悪!」

みたいな感じです。

下腿の後面がケイレンすることが多いですが、前面になることもあったり、片方とは限らず両側なることもあります。

両側になると悲惨です。

辛いですよね。

起こる要因としてはいくつかあります。

筋肉が疲れている。

筋肉が硬い。

水分不足。

冷え。

循環不良が考えられます。

それらが1つでも起こることがあるし、2つ、3つになればそれだけリスクが上がります。

相談されることが多いのは高齢者ですね。

高齢者はもともと筋肉量が少なく、循環不全も起こりやすい環境です。

若い方でも筋肉を使いすぎると、筋肉内の体液のバランスが乱れやすく、運動神経も興奮しやすくなることから、こむら返りが発症しやすくなります。

人のカラダは「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されている考え方の話を先日しました。

そのうち、「水(=血液以外の水分や体液を指すもので、飲食物中の水分を消化吸収によってカラダに必要な形にし、カラダをうるおしているもの)」に含まれるミネラルは筋肉が働くための重要な役割をしています。

ミネラルバランスが乱れると足の筋肉が硬直しやすくなると考えられています。

また、「水」が不足していると「血」を巡らせることもできません。

この「水」と「血」のバランスが乱れた状態が、足をつりやすくさせます。

冷えると水分代謝が悪くなりむくみやすい、というのはイメージしやすいですよね。

実は「水」が少なくても足がつりやすくなってしまうのです。

バランスが重要です。

泰然ではお灸をお勧めしています。

お灸の効くツボがあるので、気になっている方は聞きに来てくださいね!

セルフでも効きます!

ぜひ!

ケガ人が多く出たり悩みの人を増やしたくないですが、まだまだ悩んでいる方、困っている方はおられます。

どこに相談したらええか分からん、という方の手助けができるよう努めています。

ご紹介ください。

施術も同様、痛みを取るだけではなく、健康に過ごすためのお手伝いをします。

そんな自分たちが第一に健康でいられるように。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

こむら返り

今朝の目覚めはこむら返りでした。

という方手を挙げてください。

足の筋肉がつること、とくにふくらはぎの筋肉が痙攣することを「こむら返り」といいます。

医学的にはこむら返りは有痛性筋痙攣といって、強い痛みを伴う筋肉の痙攣を指します。

「こむら(腓)」とはふくらはぎを指す言葉です。

「こぶら」といった表現する地域もあるそうです。

痙攣した状態がコブラに見えてとか…知らんけど。

ふくらはぎの腓腹筋やヒラメ筋の痙攣が特徴的です。

通常筋肉は脳からの命令を受容体が受け取り、これを上手に調整して思った通りに動きます。

この調整が何らかの原因でうまくいかないと筋肉が収縮したままで痙攣状態になり、強い痛みを感じます。

こむら返りには昼間に起こるタイプと、夜間、寝ている最中や明け方に起こるタイプがあります。

昼間型は運動中あるいは運動直後に起こることがほとんどで、準備運動の不足や、多汗による運動中の脱水、筋肉疲労が原因といわれています。

夜間、寝ているときにはつま先が伸びてふくらはぎの筋肉が縮んだ状態であることが多く、運動神経が刺激を受けると筋肉を収縮させやすい状態にあります。

さらに、足裏に圧がかかっていないために筋肉の緊張を調整する機能が働きにくく、ふくらはぎの筋肉の収縮を強めてしまうことがあります。

夜間のこむら返りを繰り返すような場合、こむら返りを引き起こす原因となる病気が潜んでいる場合があります。

下肢静脈瘤、肝硬変、甲状腺機能低下症、脊髄疾患、多発神経炎、腎不全(血液透析)、糖尿病、不安定狭心症などが疑われます。

胃切除術後のカルシウム不足、ビタミンD不足からくる骨障害として見られることもあります。

利尿剤を服用しているために電解質異常を起こしているケースや、下痢による脱水があるケースもあります。

こむら返りのおもな原因は肉体的疲労と栄養不足です。

運動や労働による肉体の疲労、発汗や水分補給の不足による脱水、ミネラルなどの電解質の不足、冷えなどの要因が重なって起こると考えられています。

こむら返りの予防には、筋肉ストレッチや適度な運動を通して日頃から筋肉を鍛えておくといいでしょう。

運動後には水分と電解質の補給を怠らないようにしましょう。

また、筋肉を冷やさないことも大事です。

同時に、バランスのいい食事と水分補給で体内のミネラル(電解質)のバランスを維持することを心がけましょう。

とくにビタミンB1が不足するとこむら返りを起こしやすいといわれています。

肉や豆類、緑黄色野菜、牛乳などで効果的に取り入れましょう。

こむら返りの対策としてはお灸が有効です。

痛みのある部位にお灸+足三里がお勧めです。

その場として対処しただけでは不十分です。

原因の治療に取り組まなければなりません。

こむら返りを頻回に起こすような方は、一度受診して原因を特定することをおすすめします。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

雨降り

雨降り

梅雨が明けるのかと思うくらい晴れてたのに、降り出した。

降ったら降ったで、大雨。

被害も大きくなるし、困ったもんです。

これだけ降った後はめちゃくちゃ暑くなるんよなぁ。

って、思っていたら天気予報アプリから通知がきました。

*この週末も雨が続く見込みです。

すでに大雨となっている所では、引き続き土砂災害などに警戒が必要です。 

来週は全国的に晴れて「梅雨明け」の発表があるかもしれません。

「大雨」の後は「暑さ」にお気を付けください。

と、届きました。

ふむふむ。

やっぱり暑くなるんやなぁ。

嫌やなぁ。

暑くなって元気になる方もいますよね。

羨ましい。

寒くてもヘッチャラな方もいますよね。

羨ましい。

暑さも寒さも強くないので、猛暑とか嫌…

暑くなると冷たい物を摂取して、湯船にも浸からずシャワーで済ませる。

そんな生活をする方が多いかと思います。

胃腸が冷えて疲れてしまい、体力が低下したところで寝不足やらが重なると熱中症になるリスクがグーンと上がります。

注意が必要です。

熱中症になると、回復させる力も弱っているため、元気になるのにも時間がかかります。

ただの水を飲んでも吸収しにくいため、水分補給になっていないこともあります。

水分の吸収率の良いスポーツドリンクや経口補水液などを摂取する必要があります。

水を飲んでいるから大丈夫、とならないこともあるのでご注意ください。

アルコールも注意が必要です!

アルコールを摂取すると、体内で分解するときに水を必要とします。

その分体内の水分量が奪われていくので、結果的に余計に水分補給をしておかないと脱水になります。

アルコールは水分カウントしません。

暑い時のビールはサイコーですが。

胃腸の疲れにお灸が効果的です。

肝臓や腎臓の疲れにお灸が有効です。

お灸をしたことない方は是非受けて見てください。

基本的にはセルフケアが可能です。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

こむら返り

ここのところ毎朝4時にこむら返りになる。

下腿部後面だけではなく、前面部もケイレンするため辛い。

飲酒の習慣はない。

運動の習慣もない。

独り住まいなので、食事は軽め。

高齢者なので筋力は低下している。

栄養素も不足していることが話の中から予測できることですね。

詳しく動きを確認したり、触診することでそれを絞り込んでいきます。

筋肉の硬さが見られました。

筋力も力の入れ方を見てもそんなに強くありません。

どちらかというと痩せ細った様子です。

暑くなり、水分補給を意識しているが、夜中のお手洗いへ行く回数が気になるとそこまで水を飲めていないとのこと。

筋肉の硬さには手技で柔らかくしていきます。

この場合、強い刺激はいりません。

弱刺激の方が合うこともあります。

鍼灸を組み合わせる場合、お灸の方が相性良いので多めに行います。

冷え、湿気、筋力低下、筋肉の硬さ、電解質ミネラル不足などが要因になります。

その要因が少しでも減らせるようなアプローチになります。

また明朝も嫌な目覚めか、というような不安から解消されるために行います。

シンプルなことです。

硬いはポンプ作用としての役割があります。

心臓のポンプは常に働き続けています。

その心臓から送られてきた血液は全身を循環します。

足から上に送ろうとすると、下から上への力が必要になります。

そこで働くのが下腿のポンプ作用です。

そのポンプの働きが低下しているので、改善させていきます。

下腿の筋肉群が働くことを意識づけさせることを同時に指導します。

歩く時の意識づけ、ちょっとした時間で出来る体操など。

これは日常生活に紛れ込ませることがポイントです。

細く長く続けられるようにして、結果を出していきます。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

こむら返り

今朝の目覚ましはこむら返りでした。

痛みで目が覚めるなんて最悪の目覚めですよね。

頻発する時期です。

朝夕は少し冷んやりして、昼間は暑いくらい。

おまけに雨降りや、降る前、降った後の湿度が高く不快な感じ。

こういった条件の時はこむら返りになりやすいですね。

こむら返りは筋肉のケイレンです。

疲れたり、冷えたり、筋肉が硬い時、体内の電解質などのバランスが崩れた時になります。

眠っている時に暑くて掛け布団などを蹴ってしまい、足が出たまま朝方の冷えでスイッチが入ります。

要因がいくつもあればそれだけ起こりやすくなりますので、それらをどれだけ減らせられるかが大事になります。

もちろん、一つの要因でも起こります。

「今朝、目覚めでこむら返りになったわ」

「最近、何度もこむら返りになる」

「こむら返りの後、肉離れみたいになって痛い」

「早く治したい」

「またなったら嫌やからどないかして欲しい」

「両足なったら悲惨やで」

「ふくらはぎだけじゃなくて太もももなったんやけど、どうしたら良い?」

「なった時は伸ばすの?縮めるの?」

色んなことにお答えします。

セルフケアーとしてはお灸が最適です。

足三里(あしさんり)というツボがオススメです。

膝のお皿の少し下の外側に位置するツボで、比較的分かりやすい部位です。

そこにお灸を2壮、3壮と据えます。

そのほうが効果が高いです。

押さえてみて、痛い、硬い、と思うところがポイントですので、毎日のようにしているとツボを捉えるコツが分かってきます。

まずはこの辺かなぁ、というエリアで捉えていき、段々と点で捉えられると良いですね。

痛い、と感じることが少ない日常生活を送るコツとしお灸をすることが浸透していきますように・・・。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

脚がつった

脚がつった

朝晩が少し冷んやりしていますね。

昼間は半袖で過ごす日もあったり。

気温差を感じます。

そんな季節に出てくるのが、こむら返りなどのケイレンですね。

このケイレンは痛いです。

なったことある方は共感してもらえることでしょう。

寝ていて脚がつって目が覚めたという最悪の目覚めを経験した方は手を挙げて下さい。

はーい!笑笑

脚がつる要因はいくつかあります。

それらが1つでもつるし、2つ、3つになるとリスクが上がります。

つった時はどうするか?

ケイレンを止めます。

掴む、摘む、ストレッチする。

色んな方法で何とか止めます。

後はお灸がオススメですね。

足三里にお灸が効きます。

冷え、疲れ、硬さ、水分不足、ミネラル不足などが要因になります。

これらの要因に対してやれる対策をしましょう。

ひとつずつでも対処していくために、セルフでできること、泰然にしか出来ないことを分けていきましょう。

なるべくならセルフで出来ることをお伝えします。

お灸をオススメしています。

お灸の置く位置などは印をつけておくことも出来ますが、まずはツボを点で取ろうとせずに、ゾーン、エリアとして点より大きく捉えてください。

この辺で効果を出そうとしてください。

広くとった範囲から点に絞っていくようにすると点で捉えられるようになります。

自分自身の体なので知っておいて損はないですが、そこまでする必要性があるかなと。

もっとライトに捉えて、もっと身近に東洋医学を感じてもらえたら続けられるセルフケアになるかなと感じます。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎの張り

ふくらはぎの張り感

自覚している張り感が強い時はぴーんと張って、切れるんじゃないだろうか?と不安になる。

ダンスをしていて、つい動き過ぎたなぁという後は張りが強くなる。

痛くてたまらない、というレベルではない。

自覚している分、日頃は無理をしないでいるがたまには張り切るので振り切ることもある。

そんな時でもメンテナンスに泰然に行けるから良いか、という安心感を持てているようです。

嬉しいですね。

痛みを取り除くのが第一の役割ですが、このように生活の質を高めるお手伝いをすることも役割です。

大げさですが、習慣が変わると人生が変わります。

どう過ごすか、どうあるか、この問い掛けをしていくと変われます。

不健康な状態、痛みは身体の緊急事態です。

それよりマシなら未病といって、朝スッキリ起きられない、疲れやすい、冷え、のぼせ、足がつる、などの状態です。

健康とは何ともない状態、食う、寝る、遊ぶことに問題なしの状態。

あなたはどの状態に当てはまりますか?

日常生活に変化をつけたい場合は鍼灸がオススメです。

鍼灸は痛みを下げるために用いられるイメージが強いですが、それだけではありません。

未病な体を健康に導くためにも活用します。

健康な状態を維持させるためにも活用します。

ただ認識が痛みからの脱却時になってしまっているのが残念です。

より元気にさせると痛みの出にくい体になる。

生活の質が上がりますよね。

健康への投資は下(痛み)から這い上がる(痛みを下げる)ためのものだけでしょうか。

健康を維持させておくような投資の仕方にスイッチしませんか。

元気になったら、あれしたい、これしたい、こうなりたい、こうありたい、という想いがあることでしょう。

それを実現させて、その状態をキープするために優先させることがあります。

メンテナンスです。

気持ち良いマッサージと気持ち良い鍼灸を受けて心も身体もリラックスしませんか?

安心に時間を割く。

これが元気な方の共通事項です。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

腓返り

こむら返りになる。

よく歩いたとかではないが暖かい日、寒い日と繰り返されるのがこたえたのか。

急に足が痙攣し、痛む。

膝裏の痛みが強く、歩くのも困難に。

立ち上がるのも辛い。

家族に食事を運んでもらわないといけないくらい。

食欲はあるので食べられた。

病院でこむら返りの薬をもらって飲んでいた。

飲んだが即効性は感じず、いまだに痛みが残っている。

という相談でこられました。

ふくらはぎを触診します。

下腿三頭筋に張り感があります。

後面だけではなく、前面、外側部にも張りがあります。

足首の動きと関連があります。

つま先を上げる、地面を蹴るつま先立ちなどの動きです。

それで歩けない。

部位を限局して施術します。

手技をメインとし、過緊張している筋肉を緩和させていきます。

足裏と下腿の動きのバランスを取ることで施術後はスッキリしたようです。

動き方、歩き方の指導も同時に行います。

スムーズな歩行が予防につながるためです。

冷えや水分不足、電解質バランス、筋肉疲労なども関係するため日常生活の注意事項も伝えます。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

こむら返り

朝方、寒くなった頃ふくらはぎの痛みで目が覚める。

そんな相談がありました。

経験したことある!という方のは多いはずです。

その時の目覚めって不快ですよね。

嫌な目覚め方をしたことあるなら分かるはず。

もうあんな嫌な痛みはごめんだ、と。

ではどうするか?

お灸です。

お灸の熱刺激により、血液循環を良くします。

冷え、筋肉の硬さ、疲れ、体内の水分不足などがこむら返りの要因となります。

どれか1つでも起こりますし、要因が多いとそれだけリスクが高まります。

そのリスクをどれだけ減らすかが重要になります。

ふくらはぎはポンプの仕事をします。

心臓のポンプと足のポンプとを上手く作用させられると体は常に巡っていて調子が良いまま過ごせます。

こむら返りは体から出ているエラー信号のようなものです。

どこかに問題点があるから起こる。

その問題点を見つけて対策することで次にならない予防につながります。

放って置いても解決にはなっていません。

どんどん強く痛み、治りにくくなるだけです。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬