めまい

めまい

めまいがする。

そんな相談を受けました。

病院で検査をしてもらったが直ぐには分からず、何が要因か絞りきれていない。

何を疑うのか。

泰然としてできることはあるのか?

めまいは一体どこの病気なのでしょう?

めまいの起こる仕組みはかなり複雑で、耳、眼、首、脳などいろいろな部位の異常が関係している場合があります。

めまいを理解するには、まず人が頭の位置や、身体の向きをどうやって認識しているかを知る必要があります。

なぜなら、頭や身体の位置を認知する機構の一部が障害された結果、起こる症状がめまいだからです。

人の身体には頭や身体の位置を確かめる極めて精巧な仕組みが備わっています。

このおかげで、自分の頭や身体がどういう方向を向いているかを知ることができるのです。

この仕組みの最前線で働いているのが眼、耳、手足などの末梢感覚器です。

これらの感覚器はそれぞれが得た情報を脳に伝えます。

脳に送られてきた多くの情報はすべて最高機関である平衡中枢に送られ、ここで「自分の頭や身体はいま、どの方向を向いているか」を最終的に判断します。

普通、眼や耳、首、手足から送られてくる情報は完全に一致しています。

例えば、水平な地面に立っている人が首を45度ぐらい右に傾けて、前方の絵画を鑑賞しているとしましょう。

眼は「いま頭が45度ぐらい右に傾いている」という視覚情報を平衡中枢に伝えます。

左右の耳からも同様な情報が送られます。

首の筋肉も「首は45度ぐらい右に傾いている」という情報を平衡中枢に伝えます。

すべての情報が一致していますから、平衡中枢は戸惑うことなく「自分はいま首を45度ぐらい右に傾けている」と認識することができるのです。

しかし、末梢感覚器からの情報が一致しない場合は、どうなるでしょうか?

例えば、歩行中に急に回れ右をしたとき、右の耳はこれを察知して「いま右に回転した」という情報を脳に送り、一方、左の耳は異常があって、回転したことをキャッチできず、「いや、回転していない」という情報を送ったとします。

平衡中枢は末梢感覚器から異なった情報が送られてくるので、それをどう処理してよいかわからず、結果としてグルグル回転しているかのように判断してしまうのです。

それがめまいです。

これらのことから、どこに問題があるのかを絞っていく必要があります。

精査が終わってから来院される予定です。

首の様子、耳の様子、眼の様子、脈から得られる情報などからアプローチ部位を決めていきましょうかね。

腰以外の相談も来られていますので、ご安心ください。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

上を向けない時は

上を向けない

何年も前から上を向くとふらつくいたりめまいが起こる。

整形外科でレントゲン撮って、骨棘が出来ていると言われた。

薬を飲み、少しずつ歩けるようになった。

完全ではない。

横向き(側臥位)はなれるが、寝付きが悪い。

午前中はシャキッと出来ない。

歯科院での治療も困る。

膝に痛みも出たして歩きにくくなったので、困っていたところ、泰然の存在を知った。

マッサージを受けたことはあるが、変化はなかった。

初診時は首以外の施術をしました。

手技と鍼灸の組み合わせで、コリの蓄積を取り除くように。

カラダを上手く動かせられてないので、コツをお伝えした。

何年振りかに寝起きがスッキリして喜ばれました。

家族に連れて来てもらうので、来院頻度は限られてしまいます。

刺激のさせ方や量によって、カラダに起こる反応も違います。

カラダの状態も変化してくると首周囲にも施術が可能です。(首への施術だけが正解とは限りません。カラダ全体を診て必要な部位に行います。)

ゴリゴリ、ゴキゴキするわけではありません。

頭を支えたり、首の動きに関係する周囲の筋肉にアプローチします。

側臥位、座位で可能な方法で刺激をします。

治療中にうつ伏せや仰向けになれなくても大丈夫ですのでご安心ください。

「泰然に来たら笑える」

こんな嬉しい言葉をいただきました。

少しずつですがカラダも変化し、過ごしやすくなっています。

痛みも喜びもひっくるめて、その時間を共有していることに責任を持ち、感謝して今日も施術していきます。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふらつき

立っていたら後ろにひっくり返るような感じがする

10年以上も前から出ている。

ここ3ヶ月で酷くなった。

病院にも何ヶ所も行き、耳鼻科でも問題はないと言われた。

様子をみましょう…

様子を見ていても治る気配がないので来院されました。

動きをチェックすると、全身に力を入れて過ごしています。

抜き方が分からない。

力を抜くと倒れそう。

だから、力を目一杯入れてる。

力を入れっぱなしなので、筋緊張が強い。

その悪循環でした。

筋緊張を緩めることと、必要な力の入れた方、バランスの取り方を確認しながら行います。

痛みではないので、自覚している感覚の確認が大事になります。

意識している部分と、無意識だった部分。

無意識を意識化させて、それを調整できるようにする。

難しく?簡単に?言うとそんな感じです。笑笑

問診で色々とお話を聞いていると、他にも要因があります。

その要因へのアプローチも有効です。

体表に現る症状と中の状態は一致することがあります。

そこがポイントです。

ご相談はお早めに。

長く我慢していると、治療も長引きます。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬