腕の力が抜ける

腕の力が抜ける

仕事中、腕がダルくなり力が抜ける。

仕事し始めは大丈夫。

段々と重くなりダルくなる。

肩は年中コリを感じている。

手先が冷たくなる。

指先にしびれが出る。

胸郭出口症候群も疑います。

首の動きにも制限があり、肩の動きも制限かかっています。

背中もガチガチになっています。

手技でしっかり緩めます。

緩めるための筋肉が多く、硬さもあるため時間をかけます。

特に硬さのある部位を重点おきます。

鍼灸を組み合わせるため効果は高いです。

腕の力が入るようになり、コリ感は軽減して喜ばれました。

継続して施術することでさらに体に変化が出ます。

その変化をさせることで元気な状態が長く続くようにしていきます。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

手の痺れ

手のしびれ

胸郭出口症候群

しびれると何でもかんでもヘルニアだと思い込む方が増えました。

それくらいヘルニアというワードが浸透したことは良いことです。

疑うことはあっても思い込むことはよくない。

その線引きはしてもらいたい。

「首も痛いし、手もしびれたし、ヘルニアかも?って言われたし。」

誰に?

ヘルニア以外でもしびれることがあります。

それを知っておかないと、何でしびれてるのか確定は出来ないはずです。

胸郭出口症候群でもしびれは出ます。

首から出た神経血管の通り道で筋肉などが圧迫してしまうとしびれます。

それとヘルニアとを鑑別する必要もありますし。

何か一つの要因とは限りません。

確定診断されたい、名前をつけて欲しいという方も多いです。

そんな状態を評価して伝えます。

分かりやすい表現を心掛けています。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

手にしびれがある。

重い荷物を持つことが多かった。

仕事での負担が大きくかかっていたようです。

お腹に力が入らず、お腹の前、胸の前で、荷物を運ぶこと…。

胸郭出口は首、鎖骨、胸周囲の骨と筋肉で囲まれたエリアでの話です。

問題点がこれらにあると、神経や血管の通り道を邪魔してしまいます。

その影響で手にしびれが出る事があります。

それをチェックするために脈を見ることがあります。

脈の振れ具合を見て感じない動きがあるとそこで邪魔していることを確認します。

手技、鍼灸を組み合わせてその邪魔している部位を解放していきます。

するとしびれが軽減します。

頭の位置をどこにしているか、そのバランスをどこでとっているのかそこも同時にチェックして修正していけるよう体操や意識を伝えます。

そうすることで次同じ症状で困らない対策になります。

痛みやしびれが軽減することが主ですが、そこだけで終わらないのが泰然での治療です。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

胸郭出口症候群

上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などでお悩みの方、病院で胸郭出口症候群と診断されたことや疑いがあるとされたことはあ利ませんか?

 

病態としては鎖骨、第一肋骨や周囲の筋肉によって形成される胸郭出口部で腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されて発症します。

分類は上記のように牽引型と圧迫型とに分かれる。

牽引型:上肢の重みによる神経の牽引を主な原因とする場合。

圧迫型:神経と血管の圧迫を主な原因とする場合。

混合型もあります。

スマホ社会になり、仕事やプライベートで使用時間が増え、悪姿勢になるケースが多く負担もそれに伴い増えています。

治療としては保存療法と手術があります。

泰然でできる範囲としては、関与する筋肉へのアプローチです。

アプローチする筋肉は関連させた各部位を手技や鍼灸、ガビランにより収縮したものをほぐしたり、良姿勢に持っていくための誘導をメインとした内容になります。

日常生活指導としては症状を悪化させる動作や肢位の回避をいかにするかです。

筋トレをしすぎた方もなることがあり、トレーニングを追い込むことだけでなく、正しくメンテナンスしながら行うこともアドバイスしております。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

 

 

パソコンとスマホの使用注意

パソコンもスマホも器用に使いこなし、使用時間が増えてきてませんか?

体にかかる負担はイメージできますか?

まずは「眼精疲労」、「肩こり」、「腰痛」・・・

後頭部と首との境目周辺に眼の動きと関係する筋肉があります。

その筋肉が疲れて硬くなると、眼精疲労と関係してきます。

筋肉へのアプローチで相性が良いのは鍼灸です。

画面を見るために、顎が前に出てきて、肩甲骨が外に位置し背中が丸くなると肩や首に負担が増します。

猫背ですね。

その状態で筋肉の緊張は高まり、血行障害が起こることもあります。

そうなると、指先にしびれが出たりすることもあります。

胸郭出口症候群とかがそうですね。

猫背になり、パソコンの画面をみているだけで、胸に関係あるの??

と、思われるでしょう。

関係あります!

胸の筋肉は肋骨と肩甲骨、上腕骨とを繋いでいます。

この筋肉の硬さが肩甲骨を前に引きつけてしまい、猫背になります。

猫背は背中を治療するだけではないのです。

この前胸部の治療をすることで、肩こりや胸郭出口症候群を改善させていきます。

筋肉の深部ピンポイントでアプローチするには鍼灸の相性が良いです。

気持ち良いマッサージだけで終わらずに、もう一歩先に治療を求めるならご相談ください。

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー新辻井店の前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬