膝の痛み

膝の痛み

水は溜まってないけど抜かれてヒアルロン酸を注入した。

その後も痛みは続くので接骨院に。

湿布と電気治療を受けたけど良くならず。

泰然のことを知って来院。

なんか良さそう。

この感覚をそのまま初診後も継続して来られています。

膝単体では悪くないです。

変形はあるものの、痛みの要因は足関節、股関節との連動です。

足首が変形しており、着地が上手くいかない。

支える筋力も弱く左右に体を振りながら歩く。

足首は以前に捻挫しており、病院が嫌いで放置していた。

痛かったけど、日にち薬かなと思い放っていた。

気付いたら変形していた。

この変形は元の形に戻りません。

形を整えるために機能性を高めるために人工関節にするのならある程度は可能でしょうが。

泰然で出来ることは動きの出せる範囲を目一杯動かしていくことです。

動かさないと、どんどん動けなくなります。

動かせる範囲内を確保しておくこと。

少しでも歩行時に動かしやすくしておかないと、膝や股関節に影響します。

着地して、地面を捕らえて体重を支持して地面を蹴る、という一連の流れの中で妨げるものがあれば歩容に現れます。

邪魔しないようにスムーズに動かせるようにどの関節、どの筋肉にアプローチが必要か見極めて施術していきます。

筋肉の硬さが邪魔していることが多いですが、今回のケースでは関節の変形が強いため触り方に工夫が必要です。

関節の動きを邪魔しているもの、スムーズに動かせるキッカケを作るようにしていきます。

また動かせるコツを患者さん自身にも感じてもらうことも重要です。

腰以外でもご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛み

膝の痛み

慢性的な膝の痛みに悩まされている。

首の調子も悪く仰向けになれない。

上が向けないので、歯医者さんがしゃがんで覗き込んでしてくれる。

そんな条件でもやれることはあります。

仰向けじゃなくてもやれることはあります。

横向きになれたらほとんどのことは大丈夫ですので、ご安心下さい。

首から悪くなったのか?

膝から悪くなったのか?

全身をチェックする必要があります。

全体的に診るのと、患部の細かく診るのと両方大事です。

得られる情報から推測して治療選択をしていきます。

マッサージを受けたこともある。

整形外科で痛み止めをもらったこともある。

徐々に歩けなくなるのが不安になり来院されました。

側臥位で施術します。

やれることは多く、困りません。

仰向けに長い間なっていないため怖さが強くあります。

そのブレーキをどうやって緩めていくか?

それも計画していきます。

動かしても大丈夫なんだ、という安心を感じてもらうような施術をしていきます。

筋肉は緩めるだけではなく、キチンと働くことが大事です。

元々動かせてたはずなので、その動きを思い出すような誘導をしていきます。

痛みが出る前と同じ動きだと痛みを繰り返してしまうので、正しく動けてたはずの動きを取り戻すようにします。

上書き保存させるように行います。

膝の痛みも同じで、どういった時に痛むのか?

その時の動きの確認を行います。

痛みが出ている要因を潰していくことで痛みのない生活に繋がります。

慢性化している要因は身近なところに潜んでいます。

それと向き合うキッカケにしていきましょう。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬 

膝をさする

右膝をさすっていないといられない。

さするは方言?

痛みがあると手を当てます。

手当て、ですね。

この手を当てることはかなり有効です。

お腹痛い時、親にお腹をさすってもらうだけで痛みがひいてきて、眠れたりしませんでしたか?

そんな魔法のようなパワーを持った手はなんでもこなします。

膝が痛くて自分で手を当ててさする。

さすっていないと過ごせない。

そんな状態でご来院されました。

痛みはどこから?

膝から?

いや、足首?

股関節?

腰?

背中?

首?

問診しながらカラダのチェックをしていきます。

カラダから色んな合図が出ています。

その合図をキチンとキャッチすることが重要です。

さすらなくても良いレベルまでどう持っていくか、計画を立てます。

筋の緊張と循環の悪さが目立ちます。

それらの改善を優先させます。

一箇所で改善すれば良いのですが、そうもいかないため優先順位を決めて行います。

そうして治療を進めて行くと実感していきます。

そういえばさすらなくなったな、と。

動かさないように、限られた範囲内でしか動かないようになっていたので、そこから解放していくようにします。

他動と自動の動き方の組み合わせをします。

組み合わせ方で方向性も変わります。

良くなるための組み合わせです。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝裏の痛みで正座ができない

膝を曲げるときに膝裏が痛む

歩く時も後ろになったら痛む。

しゃがむ時痛む。

そこからの立ち上がりも痛む。

正座は不可。

膝周囲筋を診ます。

ハムストリングスに目が行きがちですね。

膝裏にも筋肉があるので、小さい筋肉も診ます。

下腿三頭筋ももちろんチェックします。

足底との関連も一緒に。

後面部のリリース、鍼灸の組み合わせで緊張を緩めます。

それだけで終わらずに、前面部のアプローチも行います。

前面部のアプローチが効果を出します。

裏が痛いのに表なの?

不思議ですよね。

その不思議を体感しにいらしてください。

股関節と膝関節、足関節との連動があるから、スムーズに動けています。

その動きに支障が出ているのなら、連動性を取り戻しましょう。

手技、鍼灸で筋肉の緊張を緩めるだけではなく、整体によって連動性を取り戻させます。

動きの正常化は自分で感じられると有効です。

よう分からん、では困ります。

なるほど!そういうことか!となるのが狙いです。

どこまでを治療とするか?

マッサージだけで満足ですか?

整体だけで満足ですか?

鍼灸だけで満足ですか?

足していくことが良いとも限りません。

何でもかんでも組み合わせたら良いというものでもありません。

除くことも大事です。

必要なものを選択する。

これしかない、ではないのです。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の外側がしっくりこない

膝の外側がしっくりこない

正座やあぐらからの立ち上がり時に膝関節がしっくりこない。

半月板の徒手検査をしても陰性。

筋緊張は膝の周囲でみられる。

股関節と足関節との連動不足もみられる。

外側がしっくりこないからといって、外側ばかりの治療をするのではありません。

前面部、後面部、内側、外側のチェックをします。

筋肉も大きな1つのカタマリではなく、様々な大きさ、太さ、長さのモノがあり、それらが協調して作用します。

その作用が低下しているので、治療します。

硬くなっていれば、硬さを取り除く。

出力しにくくなっている要因を取り除きます。

前後はセットでアプローチすると有効なことが多いです。

どちらか、だけでも変化することもありますが、助け合ってるなら、負担を背負いあっていることでしょうし、救うなら同時に救います。

何で救うか?

手技がメインで、鍼灸を組み合わせます。

しっくりくるまで、動きをチェックしながら行います。

段階を経てしっくりくるケースもあります。

第一段階までなのか、第二段階なのかで行うアプローチも違ってきます。

正座も立ち上がりも問題なくしていきます。

膝の相談も受け付けています。

お早めに!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛みはどこから?

自転車で膝が痛む

自転車を漕ぐと膝が痛む。

直ぐに?

長く漕ぐと?

股関節の硬さ、足首の緩さ、膝の動き、色んな要素が関係します。

今回は股関節の硬さに注目します。

しゃがみ動作で制限がある。

股関節に詰まるような感じがある。

歩く際に気にならない。

ただ他覚的に診ると、股関節の伸展が出ていません。

可動域が狭いためです。

一歩の幅が小さいですね。

それを補うように腰から動かそうとしてしまいます。

腰から動かす、股関節から動かすか、膝から動かすか、足首から動かすか。

動きのコツは癖になります。

どんな癖かを気付くかが大事です。

癖が分かれば、対策が分かります。

その対策をお伝えします。

股関節を使いやすくすることで、クセが出にくくなり自転車を漕ぎやすくなり膝の痛みもマシになる。

そういった治療の仕方もあります。

ご相談は泰然まで。

 

年始は4日からやっております。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰と膝の痛み

腰の痛みと膝の痛み

どちらを先に治療するのか?

正解は…

訴えの強い方からです。

困ってる順番を優先して、痛みを下げます。

痛みを下げる時に必要なら二番手の訴えも治療します。

多くは関連しています。

関連していることを説明し、そのせいで痛いことを分かってもらいます。

筋肉の硬くなった部分がどんな悪さをするのか。

その硬さはこれに悪影響を与える。

その要因をいかに潰していけるか、が治療です。

治療法はいくつもあります。

泰然では手技がメインで、鍼灸や体操も行います。

あるケースでは膝の訴えが強く、腰は慢性化しているようなので、慢性化を鎮静化していると考えて膝から治療を優先しました。

ただ、全身のチェックをすると膝と腰の間で股関節の関連性が強く出ていたので、股関節を治療することで膝も腰も改善していきました。

痛みが何からきているのか、何が悪さをしているのか、その関連性をキチンと治療できると改善します。

腰の痛みが慢性化していたが、何年かぶりに腰の痛みのない日を過ごしたらその喜びがありました。

この喜びを感じてもらうために治療があります。

泰然にご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝が痛い

膝の痛みがメイン。

膝がグニュグニュする。

緩んでいる感じがして困っている。

ランニングをしたり、運動はしていた。

少しダッシュをした。

それから変な感じがする。

鍼灸の相性が良く、膝を中心に治療。

膝の腫れも引いて軽くなってきた。

関節が緩く支持バランスを取るのはコツがいります。

筋力の強さでカバーする。

その筋肉に疲労が溜まってくると不具合が起きてきます。

殿部の筋肉は疲労が蓄積し、かなり硬くなっていました。

その硬さは腰とも関連していて、聞くと長年腰痛に悩んでいる。

付き合いが長過ぎて、痛いのが普通に・・・

危険な信号ですね。

黄色信号が出ているのに無視しているようなものです。

痛みは体から出る合図です。

その合図をしっかり聞いて答えます。

腰と殿部の治療をしていくことで、膝とのバランスも整います。

どれも一度の治療で行うわけではなく、回数を重ねていくことで計画性のある治療が進められます。

手技と鍼灸の組み合わせは無数にあります。

どう組み合わせるか、体から得られる情報と問診で聞けた情報で判断していきます。

「はりの刺激が好き」

「はりでどんどん良くなっていくのが分かって嬉しい」

「はりにも色んなやり方があるのですね。今まで受けたのとは違う」

こんな感想が聞けました。

はりが苦手な方もいます。

そんな方にも治るために必要なことを分かってもらえるよう説明はします。

ご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛み

膝の痛み

急に痛みが出て、水が溜まったので整形外科に行った。

最初は右膝の内側の痛みで、しばらく経ってたから左膝の内側に痛みが出てきた。

しゃがみ動作で痛む。

立ち上がる時は大丈夫。

歩けるがかばってしまう。

大腿部の筋肉の硬さが影響してます。

緊張緩和目的に鍼灸と手技を組み合わせます。

足関節、膝関節、股関節の動き歩き方、しゃがみ動作をよくチェックします。

そうすると、どこが緊張していて邪魔しているのかよく分かります。

その邪魔している部位のアプローチはいくつかあります。

手技と鍼灸の組み合わせで邪魔を解いていきます。

この邪魔しているものはすんなりと解ける時とそうでない時があります。

すんなり解けた時は軽症ですね。

重症な場合は時間がかかります。

チリも積もれば山となる、というように。

積もった分を取り除くのにそれだけ時間がかかります。

確実に減らしていくと体は変わっていきます。

体を変えるために泰然にいらしてください。

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

立ち方と歩き方

足のアーチは縦アーチと横アーチがあります。

さらに縦アーチには内側と外側があります。

内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチのバランスによってクッションとして衝撃吸収します。

それぞれのバランスが保てる時は立ったり歩いたりするときの負担が軽減されます。

バランスが崩れると、アンバランスなまま立ったり歩いたりしていることになります。

そうすると、足で受けた負担が大きくなります。

足が受ける負担は思っているよりも大きくて足のトラブルだけでもなく、膝や股関節、腰にも影響が出ます。

トラブルは足に出てたら分かりやすいのですが、腰にトラブル出ていると足からのこともあります。

足をよく診るとわかることが多いです。

アンバランスが起こるのは、足首の捻挫がきっかけになったり、靴の減り具合、歩き方のクセだったりします。

癖は自分で気づいていないことが多いですね。

もしかして、と思うことがあれば相談にいらしてください。

 

LINE

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬