肘の痛み

肘の痛み

肘が痛くて辛い。

以前にバネ指になった。

仕事が負担になると思って、辞めた。

辞めると決まってからも後任が見つかるまでの1ヶ月は辛いまま過ごした。

辞めて負担は減ったので痛みも減った。

次は農業を手伝っている。

また負担になっている。

バネ指も痛くなり、肘も痛くなってきた。

セルフでお灸はしている。

週3回スクワットをしてプロテインも飲むようになった。

腰痛にはなりにくくなった。

殿部や大腿部に筋力がついてきました。

以前よりがっしりしたように思います。

前傾姿勢になったり、立ったりしゃがんだり、重い物を運んだり、負担にかかることが多いです。

腰痛になってもおかしくない仕事内容です。

それでも腰痛では悩んでいません。

元々、手首が痛くなったこともありますし、腕も弱点になっていました。

スクワットはしているけど、上腕、前腕などを鍛えたりはしていません。

ただ疲労が蓄積しています。

首ー肩ー肘ー手の連動性が低下しています。

動かし方に問題があります。

動かす量のコントロールは難しいです。

仕事の内容から工夫はしていても限界があります。

そうなると、メンテナンスする必要があります。

肘周辺の圧痛部位に対しては鍼灸が相性良いです。

お灸は特に効果的です。

セルフケアの方法も伝えます。

ツボを点で取ることは難しいため、大きめの範囲で取るようにします。

点より「この辺」というように取ります。

押圧して痛いなぁと思う部位にお灸を一度置きます。

燃え尽きた後に、もう一度同じ部位にお灸します。

熱の入り方が変わります。

一度より二度。

二度より三度と繰り返します。

繰り返し刺激を加えることで、効果を発揮します。

肘に蓄積していたコリが消失していくので、痛みが下がります。

鎮痛目的とコリの消失、過緊張した筋肉を柔らかくし、動かせる環境を作ります。

痛みを取るというのは1つの方法ではないです。

治療として捉え方もいくつもあります。

どこにゴール設定をするか。

設定したものを共有します。

肘の軽さを感じて帰ってもらうも良し。

肘の痛みを下げて帰ってもらうも良し。

コリを軽減させて帰ってもらうも良し。

これからどうするかの計画を立てて帰ってもらいました。

短期計画と長期計画が重要です。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

食欲減

食欲減

左の背中、左殿部は慢性的に痛む。

コリが溜まってしんどい。

ばね指もある。

最近、喉のつっかえがあり食欲が減ってきた。

あまり食べられない。

頭痛も時々ある。

年齢的にそうなるのかなぁと不安になっていた。

今回はお腹の調子を整える刺激を入れます。

お臍の周辺にあるツボを狙います。

お臍を取り囲むように刺激を入れました。

鍼はそんなに深く刺しません。

皮膚に刺激を入れるようにします。

お灸は熱さを感じるまで繰り返し刺激を入れました。

ポカポカします。

腸がグルグル鳴ることもあります。

動きが出た証です。

腸管から自然と抜け出ていたガスが上手く抜けずに、溜まります。

溜まったガスがミゾオチら辺に滞留したり、それが上昇して、喉ら辺に滞留します。

そのつっかえがあるので食欲が減っているのです。

よく聞くと便秘もある。

薬やら食品やら気にかけて摂取しているが、あまり変化が見られない。

お腹に鍼灸プラス脚にもお灸で刺激を入れます。

有名どころで言うと足三里も有効です。

「下に下げる」

という役割、特徴があります。

この効果を受けて、体に滞留していたガスがどんどん動いて巡るようになります。

結果的にゲップで出たり、オナラで出たりもします。

便秘が解消され、腸の動きが活発になり、ガスが滞留しなくなったら本望です。

背中や殿部、お腹や指、脚まで触らないところがないくらいです。

背術ごは軽さを感じていただきました。

慢性的な悩みももちろん、過ごしていく中で出てくる不調や不安材料について、お気軽にお声がけください。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

寒冷刺激

寒冷刺激

急に寒くなりましたね。

この寒さで痛くなって困る方の相談が増えます。

弱点を抱えている場合、その弱点に悪影響が出やすいです。

例えば、慢性腰痛の場合ですが、この冷えが脚から入ります。

「脚が冷えてしまうと、腰が痛くなるの?」

なります!

「なんで?」

ふくらはぎはポンプの働きがあります。

心臓のポンプで血液が循環され、全身に送られます。

その送られた血液をまた心臓に戻す時に、ふくらはぎのポンプが重要です。

このふくらはぎは冷えていたり、硬くて張りがある時などは働きが低下しています。

低下するとポンプ作用が下がり循環が悪くなります。

慢性腰痛は筋肉が過緊張し、コリが溜まった状態であることが多いです。

そこに循環不良が起きたらどうなるか?

悪化します。

痛みが増す誘因はひとつとは限りません。

2つ、3つ重なるともっとリスクが高まります。

腰だけとも限りません。

首の痛み、首のコリ、背中の痛み、背中のコリ、股関節の痛み、殿部のコリ、膝の痛み、大腿部のコリ、下腿の痛み、下腿のコリ、足底部の痛み、足底部のコリ…

色んなところに問題点はあります。

この問題点との向き合い方は様々です。

冷えたら温める。

冷えにくくする。

冷えないようにする。

ポイントはふくらはぎ、腹部、背部です。

ふくらはぎはポンプの作用を高める。硬いと柔らかくする。

筋肉が働くよう動かす。

腹部は内臓の働きを高める。

循環が変化しやすい。

背部は自律神経系が関与します。

カチカチな状態を緩めるだけで、変化します。

これらは手技や鍼灸の相性が良いです。

痛いから痛みを取る。

鎮痛をメインにすることを優先させながら、体を整えます。

整えるための方法はいくつも選択肢があります。

人それぞれです。

寒冷刺激になれる頃に暖かくなったりします。

雨のために寒くなる。

また冷えてしまった時はさらに痛みが強く出たりもします。

これからの時期に何が必要か、準備しておきませんか?

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

転倒して骨折

転倒して骨折

「転倒して骨折したので、次回の予約はキャンセルさせてください」

と、連絡がありました。

あらら、大変ですね。

どういった状況だったのでしょう?

後日、来られた時に説明を聞きました。

泰然での治療を受けた翌日で体調も良く、体も軽かったので散歩に出かけた。

歩道を歩いていたら、前方から自転車に乗った方が来られたので少し端に寄ろうとしたら転けてしまった。

気付いたら車道の真ん中にいた。

幸い、交通量の少ない時間帯だったので、交通事故にはならなかった。

良かったです。

どう転けたのか、肘と手首を骨折しました。

パキッと折れるというよりは骨片のあるような折れ方をしたようです。

固定期間は約1ヶ月。

固定を外すと「指や手をこうやって動かしてね」と、言われて終わった。

自分で動かしてた。

はじめの方は痛くて辛かった。

指を広げたり握り込みをしたり、手のひらを上に向けたり(回外)、下に向けたり(回内)。

前腕の動きです。

回外、回内の動きに制限がでるとドアノブを回すような動きで困ります。

ジャムなどの瓶の蓋を開ける時に困ったり、ペットボトルのキャップを開けるのに困ったりもします。

手首やら肘をかばうために肩が凝る。

肩コリがひどくなりました。

このコリを取り除くように施術します。

浮腫がなかなか消えなくてしんどかったようです。

これには鍼灸の相性が良いです。

施術した後は体が軽くなりました。

利き手の反対側だったので、苦難がありましたが制限がありつつも過ごせました。

その後も転けて頭をぶつけることもありました。

一度転けると何度も転けるので、気をつけましょう。

高齢者に多い転倒骨折です。

頭を1番に守るようにしてください。

これからも転倒によるケガ、特に頭を守るように過ごしてくださいね。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

殿部の痛み

殿部の痛み

仕事をしていて殿部が痛くなり辛かった。

殿部の筋肉は

梨状筋(りじょうきん)

大殿筋(だいでんきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

小殿筋(しょうでんきん)

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

上双子筋(じょうそうしきん)

下双子筋(かそうしきん)

内閉鎖筋(ないへいさきん)

外閉鎖筋(がいへいさきん)

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

が挙げられます。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

ハムストリングス

などの筋肉も関わりがあります。

それらの過緊張具合や動きの制限などを確認します。

触診が大事になります。

筋肉に硬結(こうけつ)があることが多いです。

この硬結に対して手技(ざっくり言うとマッサージ)を行います。

手技にも様々な方法があります。

頭から足先に向かう場合、足先から頭に向かう場合…体の中心から先に向かう…

弱く、強く、圧のかけ方によっても硬結の変化に違いが出ます。

直ぐに柔らかくなることもあれば、時間をかけて柔らかくなることがあります。

痛みを伴うものと、気持ち良さのあるものもあります。

痛みがあるから良いとも限りません。

強ければ良いとは限らない、ということです。

強めが好きな方もいますが、強くして更に硬くなることがあるので要注意です!

鍼灸を組み合わせて、更に電気パルスを同時に行います。

鍼の刺激が苦手だけど、効くからする。

刺してしまえばマシなので、電気パルスの方が相性良いので行います。

体を休めるような狙いも込めます。

硬くなった筋肉を緩めるのと、血の流れを整えることも行います。

自律神経系の調整です。

その刺激はお灸の役割です。

お灸の温熱刺激は気持ち良さで好まれることが多いです。

どちらかの刺激よりも組み合わせて行う方が効果的です。

明日からも仕事がある。

何とかやるしかない。

治療頻度も高めて、何とかやっています。

好きでやり甲斐のある仕事なので、休みたい、辞めたい、とかではない。

ただギリギリの状態です。

体力低下、気力で持っていたところもある。

その気力が低下した時にバランスが崩れます。

バランスを何で保つにしても整えられるよう努めます。

健康は体的なのか精神的なのか。

どちらも必要です。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛み

膝の痛み

左膝が腫れて痛む。

いつもは右膝の腫れがあり痛む。

今回左が腫れてきて痛んでから、かばってたからか右膝にも腫れと痛みが出た。

しゃがむと痛む。

立ち上がりも痛む。

歩く時も痛む。

子どもの運動会に参加するため、その練習をした。

ジャンプすることがあったり、走るようなことがあった。

いつもと違う動きなので膝に負担がかかったと考える。

股関節ー膝関節ー足関節の連動性の低下がありました。

この問題点の対策をします。

解決させることで連動性を高められたら狙い通りです。

問題点はひとつとは限りません。

問題のレベルや程度にもよりますが、どれくらいのアプローチで治癒過程を辿るのかも違ってきます。

直ぐに効果の出るもの、時間のかかるもの。

時間がかかっても効果が出るのかは不安になります。

継続的な変化(小さな)に気づいてもらえる場合は大丈夫です。

一度の施術で全部クリアーにしか考えていない方は難しいです。

自分の体をそれだけいじめてきて、そんな上手い話はないですね…。

魔法使いにならないと…。

自分の体の現状をまずは知ること。

そこから始まります。

それを受け入れた上でどう向き合うか。

人任せの部分、自分で何とかする部分の配分があります。

どちらかだけでは結果は出ません。

時間をかけてでも治す!と決めると結果が出ます。

股関節周辺の過緊張している筋肉にルート治療のように刺激を入れました。

硬結の水溜り?アメーバ?上のものに対してピン留めして、刺激を入れます。

ある程度の本数刺すため刺激量が多くなります。

今回は鍼灸刺激の大好きな方なので問題はないです。

「この体は鍼灸じゃないと効かないでしょう!」

と言われました。

鍼灸の効果を信じてもらえていること、嬉しいです。

より気合が入ります。

セルフでもお灸をするくらいケアーに気を配っています。

腫れもセルフケアがあったのでマシでした。

あとはこちらで動きの連動性を改善させたので、しゃがむのも楽になりました。

身体の軽さを喜ばれました。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰全体の痛み

腰全体の痛み

前屈みになると腰が痛くて困っている。

仕事でしゃがんだり、前屈みのまま作業を続けることがある。

無理な体勢になることもある。

工夫はしているが、それでも疲労が蓄積してしまう。

蓄積した疲労は凝り固まり、痛みとして邪魔をする。

どの段階で気づいて修正するか、ですね。

股関節周辺の筋肉が過緊張状態です。

前外側に治療ポイントがあり、そこに鍼刺激を行います。

すると前屈みが楽になりました。

体を起こすのも楽になります。

身をもって股関節の重要性を理解してもらいます。

腰が痛いのに腰に施術しないのか?

不思議に感じますよね。

動くことを目的として来られていますので、何とか動けるようにします。

仕事が休みのうちになんとかしたい。

下肢の疲れを取るように手技や鍼灸をします。

股関節周辺の筋肉も1つではありません。

いくつかある筋肉が層になっていたり働きを協調したり、拮抗したりします。

そのポイントとなる部位に硬結がありました。

硬くなった部位に鍼灸の相性が良いです。

患者様自身は鍼灸の刺激があまり好きではありません。

刺激部位をなるべく厳選して少なくします。

刺した部位に刺激方法として、雀啄したりすることもありますが、ギューンとなる「響き」が苦手だそうです。

調子の悪い部分ほど響きます。

今まで調子が良い日に来られることがなかったので、その強い刺激しか知らなかったのもあります。

調子が良い日はそんなに響きません。

いつかその違いを感じてもらい、鍼の刺激を好きになってもらいたいなぁ・・・。

体全体の評価として、筋力不足もあります。

仕事量、負荷と体が合っていない。

かといって好きな仕事を変えるのか?

筋トレしてマッチョになるのか?

選択肢としてはメンテナンスしながら仕事を続けるというのもあります。

大事な道具も手入れをするから長く使えます。

一番大事な自分の体を大事にしてください。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

右腰の痛み、右膝裏の痛み

右腰の痛み、右膝裏の痛み

山登りの時に腰が痛くなった。

車で寝て、朝起きてから登る予定だった。

その起きた時に腰が痛くて我慢して登った。

山頂まで行く手前で諦めた。

降りることを考えると、腰の痛みが耐えられないと判断して頭頂を断念した。

その後も痛みと向き合いながら過ごしていたが、放っておいても改善しないので相談に来られました。

骨盤と肋骨をつなぐ部分に痛みを訴えています。

殿部、大腿部の過緊張が見られます。

それらに対して手技でアプローチします。

筋肉が柔らかくなり、動きの確認すると痛みは軽減していました。

骨盤の際に鍼灸の刺激を入れます。

するとより柔らかくなり動かしやすくなります。

腰、殿部、大腿部、膝、下腿部にも鍼灸刺激を入れます。

膝裏の痛みの誘因となる部位も同時に施術します。

痛みの誘因が重なっている部位もあるからです。

膝関節単体の施術ももちろん有効ですが、それだけでは物足りません。

動きの連動性を確認しながら施術します。

痛みとダルさがあります。

ふくらはぎの働きを説明します。

ポンプ作用があるので、正しく刺激を入れてあげてポンプを正常に働かせていきましょう。

自宅で出来る簡単な体操、動かす意識を持つことから始めましょう。

施術後は軽くなり、「今は気にならない。」

動いてみないと分かりにくいこともあります。

これから山登りに行く頻度も高まります。

その準備としてメンテナンスも必須です。

楽しく登るために体作りもしていきましょう。

今ある痛みは取り除く。

まだこれから痛くならないようにするために、動かし方を意識する。

前傾姿勢になる時間が多くなります。

腹圧が上手くかけられない場合大腿部の頑張りが強くなります。

大腿部の筋肉の張りが強く出ていることを自覚してもらいます。

重い荷物を背負ったままなので、余計に負担になります。

そこは日常生活とは少し違い、負荷をかける意識で過ごさないと山で困ります。

日常生活で腰痛があるようでは山でもっと困ります。

ストレス発散のための山登りで痛みを抱えているよりかは楽しめるようなお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛み

膝の痛み

しゃがむ時、立ち上がる時に痛む。

膝の内側に痛みを感じている。

病院でヒアルロン酸を定期的に受けている。

「半月板が割れている」

と診断されたことがある。

その痛みがなかなか引かないので相談に来られました。

膝関節の動きを確認します。

半月板の痛みを誘発させるテストで反応がありました。

嫌な痛みです。

この痛みをかばうかのように日常を過ごしていることも分かります。

股関節ー膝関節ー足関節の連動が乱れています。

筋肉に過緊張が見られます。

この筋肉が硬いことにより弊害が出ています。

足のアーチが低下しています。

足のアーチは衝撃吸収の役割があります。

その役割が軽減しているため、衝撃を逃すためにどこかが請け負います。

股関節周辺の筋肉も過緊張しているため、股関節にも負担がかかります。

クッション作用の低下した分も膝に負担がかかっています。

膝関節が単独で悪さするというより、連動性の影響から来るものを考えます。

施術としては膝だけアプローチしても結果が出にくいです。

足ー膝ー股関節とアプローチします。

手技をメインとし、緊張を緩和させながら関節の動きを誘導させます。

膝関節内側をメインとして鎮痛目的の鍼灸を行います。

鍼灸の刺激により痛みを下げます。

前面からの刺激、後面からの刺激により方法が違います。

膝関節は屈曲、伸展ではそれほど負担がないように動けます。

ガニ股になった動き方を日常生活でしている癖があるようです。

その癖の影響で膝は捻れた状態の屈曲や伸展をさせられています。

動きの修正を指導するだけでは足りません。

動かしやすい環境作りもセットです。

そこまで行うことで悩みを解決していきます。

仕事ができる体にしたい、という求めていることに応えます。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

右首の痛み

右首の痛み

仕事中にグッと手に力を入れることがあった。

いつもは痛くなると困るので、その業務を避けている。

避けてはいるが、メンバーによっては避けられないこともある。

今回はそれでやった。

ここまで酷くなるとは思っていなくて、痛くて痛くて辛かった。

夜勤明けで当日連絡が来て、そのまま来院されました。

痛みを堪えながら過ごす時間は長く感じたようです。

大変でしたね。

仕事での負担が体のそこらじゅうに出ていて、今回の首はたまたま首からに出ただけです。

まだまだ潜んでいる部位があります。

それらを施術していきながら、整えながら過ごしています。

複数部位困ったところがあり、それぞれの状態は倒れる手前ギリギリです。

精神力で保てているような状態です。

そんな時に首に負担がかかり痛みの境界線を越えました。

容量の器に余裕がないまま過ごしているので仕方ないです。

その自覚もあったので、ある程度の頻度で通院されていました。

全身の調整もしつつ、その時のピークで痛い部位の鎮痛を狙う。

そのような状態でやれることを精一杯しています。

それ以上に負担がかかったということです。

職場のメンバーが充分に足りていて、業務内容が適量であればここまでなっていないでしょう。

仕事をし始めた歴ではないし、立場上はベテランです。

少ないメンバーで容量過多の業務を請け負う。

そのシワ寄せが出ました。

精神力も低下してきているので、ピンチが続きます。

癒しの要素として副交感神経が優位になるようにもします。

緊張状態が長く続いていることに自覚していないこともあります。

甘いモノを我慢出来ずに食べ過ぎていたり、辛いモノを食べ過ぎていたりして、内臓にも負担がかかり元気が減っていることもあります。

今回は辛いモノをさらに辛くして激辛にし、刺激を求めていたようです。

そういった時はお腹にお灸をします。

お腹から元気にすることもあります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬