肩を上げると痛む

肩を上げると痛む

三角筋部を押さえて来られました。

痛みは上げるときだけに出るのか?

安静時にも出るのか?

押圧時には出るのか?

三角筋は肩の大きな筋肉です。

バレーボールの練習を手伝っていて、トスを上げてあげる動作を繰り返し行った。

ボールはそんなに重いものではありません。

1度の動作でかかる負担もそこまで大きくありません。

繰り返し動作による負担が大きくなったため、痛みが出たようです。

肩の動きをチェックすると、横から上げる時に特に痛みます。

圧痛も見られたが、筋肉の収縮は触知でき、腕が上がらないわけではないため、完全断裂ではなく、部分的な損傷と考えます。

施術は手技がメインです。

筋繊維に対してどの向きで圧をかけるのか、圧の強さは弱く?強く?ええくらいにかけるのが手技で大事なことです。

動きの初期で痛むのか?中期に痛みが出るのか?後期は挙上可能なのか?自動で痛みがあり挙上不可能でも他動なら可能なのか?

それによって手技のやり方も変わります。

自動と他動での痛みは下がりました。

ただ何をしてもOKではありません。

負荷がかかってしまうと、損傷部位に痛みがもうしばらく出るので修復過程をキチンと過ごすことを指導します。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腕が上がらない

腕が上がらない

何が原因か分からない。

気付いたら腕が上がらなくなった。

関節の動きを確認します。

弛緩性があり、筋力は低い。

仕事で腕を使うことがある。

ずっと使うわけではない。

ヨガを何年か続けている。

ヨガのポージングで負担のかかることがある。

色んな動きが出来ていくと、難易度も上がります。

無理をすることもあるでしょう。

頑張ってしまうこともあるでしょう。

身体の中心を上手く使えていたらそうはならない。

上手く使えていないからこそ、無理をしたシワ寄せが出ます。

そのシワ寄せはどこにでも出る可能性があります。

たまたま腕に出ただけです。

首に出たかもしれないし、背中に出たかもしれないし、肩に出たかもしれないし、腰に出たかもしれないし、脚に出たかもしれません。

腕に出た理由をしっかり観察しましょう。

動きをみたり、硬さをみたりすることで理由を絞ります。

要因が分かると後は治療をします。

手技をメインとします。

グッと押圧をするだけではありません。

モミモミするだけでもありません。

関節をポキポキするわけでもありません。

ゴリゴリするわけでもありません。

症状やカラダに応じた刺激を入れます。

その刺激によってカラダは変わります。

変わるようなスイッチを入れてるとも言えます。

キッカケ作りの一つです。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩の痛み

肩の痛み

長い間、右肩が痛かった。

肩の治療って、肩の関節ばかりしてませんか?

関節はもちろん大事でしょう。

関節に関係する部位の評価はどこまでできていますか?

うつ伏せになり後ろからマッサージを受けただけで変化が分からない。

そういった治療ばかり受けてきた方?

今すぐ泰然にご相談下さい。

肩甲骨にポイントを置き、治療することもあります。

肩甲骨の動きを後面からと前面からと助けるにはどうするか?

前胸部へのアプローチがポイントになります。

ただマッサージするだけではなく、鎖骨と肩甲骨、上腕骨との連動を高めるような刺激を入れます。

同時に頚椎、胸椎の動きの連動をチェックします。

伸展方向の動きの弱さが出てることが多いですね。

単独で動くものではないので、連動性を重視した治療を行います。

何かだけ、というわけにはいかないのが肩関節ですね。

手技がメインの治療院。

どんなことするの?

バキバキはさせません。

手当てがメインです。

鍼は痛いの?

痛くありません。

刺入感はほぼ感じません。

髪の毛くらいの細さなので、え?もう刺さったの?という方が多いです。

お灸は熱いの?

はい、熱いです!

火をつけて艾を燃やすので、燃えた熱量をカラダに入れるためです。

ただ熱さの感じ方は個人差もありますし、部位によっても感じ方が違います。

その皮膚の状態によっても変わりますので、熱ければ取りますので、ご安心ください。

といったように、不安なことがあればその場で解決するよう治療を進めていきます。

ご相談はお早目に!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩が痛む

肩が痛む

レントゲン、MRIで骨棘の疑いがあり、肩の腱板炎と言われました。

外側から上げる動作で痛みが出る。

痛みは表面よりも奥の方、中の方が痛む。

ズキっとした痛み。

上げ方によっては痛みが出ず、大丈夫かなと過ごしていたが、最近痛くて辛い。

肩は自由度が高く、どの関節よりもよく動く。

その分安定性が低い関節です。

関節の特徴から動きの改善が難しいことは伝わりますでしょうか。

どの筋肉がどの動きの段階で機能低下を起こしているのか、動作チェックと触診で見極めていきます。

首の筋肉が過緊張なのは何が原因なのか?

仕事での姿勢?

日常での姿勢?

頭はボウリングの球くらいの重さがあります。

その重い球をどこで支えてますか?

どの筋肉に負担をかけてますか?

肩が痛いのに首の筋肉?

関係あるんです!!

その筋肉がどれだけ動きの邪魔をしていたかは、緊張を緩めてあげると実感します。

動きの連動性を思い出させるような刺激を入れていくことで、正しい動きを取り戻します。

炎症を下げるには鍼灸が有効です。

筋肉の過緊張を緩めるのに鍼灸が有効です。

動きの連動性高めるには鍼灸が有効です。

手技と並行して行います。

ただ並んで、寝転がりマッサージして電気して、というのではありません。

カラダの困った悩み相談には泰然へ。

 

年内最終は30日です。

ご予約が埋まりつつあります。

治療計画を早めに立てましょう。

年内の困りごとは年内にやっつけましょう!

年始は4日からです。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩の痛み

肩の痛み

ちょっと右後ろの物を取ろうとした時に右肩に痛みが出る。

痛みは動きの妨げになります

妨げの要因になる部分への施術をします。

その見極めが重要です。

安静時の座位や立位で見たり、動作時の座位や立位で見ます。

実際の動きの再現をしてもらう。

痛みの再現性を見極めます。

患者様の訴える痛み、「ここ痛いんやけど」と、指差したところを半分信じて半分信じません。

ちゃんと聞くけど、そこが一番悪い部位と決めつけないことが大事です。

痛い時にホンマにそこやったっけ?

後で、「あぁ、そういえばここも痛かったんや」と、別の部位を指すこともしばしばあります。

そういったことになることを頭に入れながら、話を聞いて、視診と触診を行います。

視診で感じたこと、違和感を触診で確かめます。

それから治療していくポイントを決めます。

その後の反応は触診と視診で再確認します。

肩関節はどの関節よりも自由度が高くよく動きます。

よく動く分、安定性が低いです。

治療時はここに注意しながら診ていきます。

ご相談は泰然へ。

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

左肩の痛み

10年前から左肩が痛む。

ガクンとなって上げられへん。

5、6年前鍼灸治療受けた。

2、3年通った。

それから行ってない。

姿勢の傾きもあり、立ち方、動き方に癖が強い。

痛みの場所は関節部。

股関節、腰椎、胸椎、頚椎の動きを出すように連動性を高めるアプローチをします。

手技、鍼灸を組み合わせて行います。

肩甲骨、鎖骨、上腕骨の動きの連動性を高めます。

周囲の筋肉の邪魔してる緊張を緩めます。

働きを出したい筋肉は収縮させます。

関節は筋肉の働きでバランスを取っています。

このバランスを取り戻すような働きかけを治療で行います。

部分で見ないで、全体や動きの流れ(連動性)を見るのはそのためです。

一見この部位は治療に関係ないのでは?と思われることもありますが、決して無意味ではありません。

意味のないことをわざわざしません。

痛みを下げる、動きを高めるために必要なことをします。

それがどう行った形で体に刺激を入れるのかは選択肢がいくつもあります。

最適を選んで行います。

一度で変化するものもあれば、複数回必要な場合もあります。

同じ肩の痛みでも、年齢や性別、生活環境も違います。

痛みの出た経緯が違うので、治っていく経緯も違います。

なるべく最短で最適を選択しています。

一緒に頑張りましょう。

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2−8−34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090−1070−4976

院長 藤原一馬

右肩が痛い

職業柄、座位で右側に体を傾けることが多い。

30歳代男性。

外転時にインピンジ(外側から腕を上げて行くと、肩の関節部分で骨が衝突を起こします)

狭い空間をバランスよく動かすのが肩関節の特徴です。

その狭いところで筋肉が挟まれて衝突します。

痛みを伴うのと上げていく可動域に制限が起きます。

痛みは上げなければ起きません。

制限は放っておいても回復しません。

スマホなどのパケットの通信速度制限がかかり、月が変わると回復しているような都合の良いことは起きません。

肩の絶妙なバランスが崩れていることで起きている、この状態を整えるのには肩周囲、肩甲骨、頚椎、胸椎、鎖骨、肋骨なども診る必要があります。

もっと広く診ると腰椎、股関節・・・

痛みが出て、インピンジが起きてる部分だけの治療で良くなるほど単純な構造ではありません。

それだけ肩という関節は構造的に高度なのです。

ぐるぐる回る関節の動きには精密さ緻密さがあります。

この絶妙なバランスを整える治療をするのには時間がかかります。

もっとシンプルな構造とは治る過程も違います。

痛みの出た経緯と治っていく経緯を理解してもらうことで、治療計画を立てます。

根気よく、向き合うきっかけを活かしてキチンと治していきましょう!

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩の痛み

腕を挙上していく中で、最終域で痛みと制限がかかる。

腕を上げる動作は、上腕骨、鎖骨、肩甲骨の動きが関係します。

鎖骨の動きが悪いことを自覚している方は少ない。

鎖骨の動きを助けてあげて、肩を上げると上げやすくなります。

鎖骨はそれくらい重要です。

靭帯というバンドで留められている、このバンドが硬くなったりすると動きに制限がかかります。

このバンドは手技、鍼灸、ガビランの効果を良く感じられます。

筋肉の動きをサポートするために靭帯の動きを整える。

一つの動作は色々な部位が連動して動くことが多いです。

その連動のどこで痛みがあり、どこに制限がかかっているか。

その原因のなるのはどの部位が関係しているのかを診ます。

掘り下げてみていくので、痛いと感じてた部位から離れた部位を治療することもあります。

え?そんなとこまで??

となります。

原因となる部位の治療は時間がかかることが多いです。

負担が蓄積してそれを知らず知らずのうちにかばっていた、知ってたけど放っていた、勝手に治ると思っていた、など色々なケースがあります。

勝手に治るのは子どもの治癒能力が高いうちくらいですね。

傷一つ治りにくくなっていませんか?

そうなってきている体の異変を放っておいて治るなんて・・・。

そんな時は専門家にお任せ下さい。

こんな痛み、違和感で困っているんやけどどないかしてくれへん?

と、ご相談ください。

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩の痛み

右肩を挙上していくと痛む。

よくある話ですよね。

着替えで困る。

腕をついたら困る。

ゴルフで困る。

野球で困る。

仕事で高いものを取るときに困る。

遠くのものを取ろうとしたら困る。

などなど。

痛みはどこで出ているのか。

患部と痛みが一致するとは限りません。

痛みを出す動作を繰り返していては治りません。

肩の構造をよく知り、正しい動きとそうでない動きを理解することが大切です。

肩の回旋腱板は肩の動きでとても重要です。

動かすとき、安定させるとき、それぞれの役割があります。

歯車が狂うとそれから波及する負担が痛みになります。

一つ一つの動きは小さいですが、どれが狂っても困ります。

連動させてよくしていくのが動きで、かばって動く先には痛みが待っています。

泰然では鎮痛だけでなく、動きの改善も治療として行います。

ご相談はお早めに。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

 

肩の痛み

肩の腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の腱が肩関節を取り囲んで補強している構造であり、これら4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結し、主に回旋運動に働いている)は加齢に伴う退行性変性により断裂をきたしやすく、上方の腱板である棘上筋腱の断裂が最も多い。

断裂の程度により、完全断裂(全層性断裂)と不完全断裂(部分断裂)がある。

棘上筋は上腕骨頭の位置を安定的に保持する作用を持つ。

筋の協調や肩峰下滑液包の緩衝により、挙上はスムーズに行われ、肩峰と腱板は衝突しない。

腱板断裂では、三角筋の作用により上腕骨の上方化(大きな断裂や断裂が長期化した時に多い)が生じやすい。

上腕骨の上方化や筋の協調が十分でないことなどから、挙上の途中で肩峰と腱板(の断端)が衝突し、疼痛が生じる(肩峰下インピンジメント症候群)

肩峰下インピンジメント症候群は、上肢の挙上時に肩峰が腱板や上腕骨の大結節と衝突し、肩の疼痛や引っかかり感を生じる状態をいう。

主な原因疾患に、腱板断裂、腱板炎、石灰性腱炎などがある。

検査では、有痛弧徴候、インピンジメント徴候の所見が見られる。

治療は、肩峰下滑液包内への局所麻酔薬およびステロイドの注入を行い、改善しない場合は手術療法を考慮する。

泰然では、手技、鍼灸、ガビラン、超音波治療器などを組み合わせて行います。

鎮痛目的とその後いかに過ごしやすくするか、に重きを置いています。

お困りの際はご相談ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬