股関節の痛み

股関節の痛み

股関節専門院かな?と思うくらい続きます。

もれなく腰痛もセットだったりもしますが。

第一に股関節に痛みがあります。

股関節を開くような動作が一番辛く、歩くのは大丈夫なパターン。

じっとしていても痛く歩くのも痛いパターン。

動けるけどずっと痛みがあるパターン。

など、いろいろなパターンでの相談が続いています。

どれも筋肉の硬さ、コリの蓄積が共通してあります。

関節の痛みはあるケースとないケースとあります。

筋肉へのアプローチをメインに行い、変化を確認します。

手技がメインとなります。

筋肉の緊張を緩和させてから動きを助けるために動きの誘導をします。

荷重のかかる関節なので、非荷重での動きの改善だけではなく荷重下での動きの改善も行います。

日常生活に活かせるかどうか、そのために来院されているのでそれに応えられるよう行います。

施術内容は組み合わせなので、その方の状態や今後どうするのかの計画によって変わります。

少しでも早く!という思いは共通しています。

こちらとしても同じ思いです。

一緒に頑張りましょう!

ご相談はお早めに。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節痛

股関節の痛み

脚を開く動作で痛む。

歩くのは大丈夫。

立ったり座ったりも大丈夫。

横向きで寝た時に脚が交差して痛む。

股関節の動作チェックをします。

屈曲位と伸展位での安静時、内旋、外旋、内転、外転。

股関節は何が原因で痛みが出ているのか?

関節に問題があるのか?

関節包?靭帯?

関節には筋肉がついてます。

その筋肉に対してのアプローチが有効ですね。

筋肉の硬さ、邪魔している部分に手の刺激や鍼灸が効果的です。

筋肉は刺激の強さ、強弱コントロールで変化も違います。

変化させるための施術を受けるためにいらして下さい。

立位と座位でどう違うのか、歩くか走るか、運動強度によっても負担が違います。

日常生活でどれだけ活かせるのか、そこまでフォローするのが泰然での治療です。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

産後股関節の開きが悪いという自覚はあった。

子どもとボール遊びをしていて、ボールを蹴る動作をした時に痛みが出た。

歩いたら痛むのでそっと歩いている。

寝てても痛むので来院されました。

接骨院にも通った。

その時は楽だけど、根本から治療する必要があるように感じて泰然に。

ありがとうございます。

痛みの出ている箇所の特定と周辺のマッサージは受けたことがある。

部位の特定が出来たなら治療ポイントは限局した部分だけではありません。

それに関連する部位の異常を確認します。

筋肉の過緊張や、動きの悪さ、かばって使ってしまう動きやら、他にも診るポイントはあります。

それに対してのアプローチをするので、全体を診ることになります。

鍼も一箇所で終わりというわけにもいきません。

コリの蓄積がどのエリアに出ているかでその施術法も変わります。

鍼灸と手技はもちろんですが、体操などをお伝えします。

体の使い方が変わると痛みの出かたも変わります。

間違った使い方のまま過ごしても治療効果が出ません。

日常生活に活かせるところまでが治療です。

体がブラック企業のように負担ばかりをかけている。

働き方改革が必要なのです!

一緒に取り組みましょう!

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

変形性関節症

変形性関節症

病態

関節軟骨はそれ自体の高い弾性と関節液の潤滑によって関節における衝撃吸収性と滑らかな運動性を担っており、関節保護のうえで重要な組織である。

変形性関節症の病態には不明な点も多いが、関節軟骨の変性や減少に続いて、骨棘形成などの増殖性変化を生じた結果、関節変形をきたすものと考えられている。

好発部位

変形性関節症は荷重関節である下肢の関節(股関節、膝関節)や頚椎、腰椎などに好発する。

下肢では変形性膝関節症の発症が多い。

変形性股関節症の頻度は日本は欧米に比べて低いが、歩行障害など症状が重いため受診例は多い。

疫学

変形性関節症は高齢者に多くみられ、年齢が高くなるにつれて有病率は上昇する。

変形性膝関節症は高齢女性に多く、60歳代の女性で約半数、80歳以上で8割以上が罹患し、患者数は2,500万人以上と推定されている。

変形性腰椎症は高齢男性に多くみられる。

推定患者数は変形性膝関節症より多く、3,700万人以上とされている。

変形性股関節症は欧米と比較して有病率が低く、男性で0~2%、女性で2~7.5%程度であるとされている。

危険因子

発症には様々な因子が関与している。

関節の脆弱性を高める因子(加齢や遺伝、構造的異常や筋力低下など)に、関節に直接的に負荷を加える因子(肥満や関節外傷、関節の反復使用など)が加わって発症に至る。

加齢は発症に最も影響を与える危険因子であり、軟骨の退行性変化をはじめとする関節保護組織の機能低下が変形性関節症罹患の危険性を高める。

治療

関節症の進行度に関わらず、まず保存療法を行うが軽快せず日常生活に支障をきたす場合には手術療法を検討する。

1.保存療法:日常生活指導、運動療法、装具療法、薬物療法

日常生活指導内容は、減量、負荷のかかる動作(正座、階段昇降など)の回避、杖の使用とし、関節にかかる負荷を軽減する目的で行う。

運動療法内容は、筋力増強訓練、有酸素運動、ストレッチなどにより関節の安定性を高める目的で行う。

装具療法の内容は、患部に装具、足底板などで調整などにより、関節の動きを制御、固定することで疼痛軽減する目的で行う。

薬物療法内容は、鎮痛薬(NSAIDs、アセトアミノフェン、弱オピオイド、デュロキセチンなど)内服、関節内注射(ヒアルロン酸、ステロイド)などにより、疼痛改善目的で行う。

2.手術療法:保存療法が無効な場合選択される。

術式は関節温存術と人工関節置換術に大別され、変形性関節症の進行度や病態、年齢などに応じて選択される。

人工関節には耐用年数があり、激しい運動には向かないため、高齢者に対して行われることが多い。

若年者では関節温存術を行うことが多い。

泰然はこの第一選択になる保存療法の時に出番です。

手技がメインとなります。

テクニカ・ガビランと鍼灸を組み合わせます。

問診から時間をかけて必要な選択をします。

その中でよく聞くのが、手術を勧められました、という言葉。

保存療法の選択肢に泰然の治療を入れておいて下さい!

ヒアルロン酸打ったけど効かなくて…

痛み止め服薬してるけど、痛みが下がらないし…

電気治療してるけど、変化ないし…

といった時はご相談ください。

まだ手はあります。

手術を回避したケースもあります。

全てが万事OKではありません。

手術になるケースも勿論あります。

それでも!という事なら着地点への設定を共有しましょう。

手術はしたくないけど、日常生活はこれくらい出来るようになりたい!や、ウォーキング出来るようになりたい!など、どのレベルまでなのか、それによってやれることは広がります。

G.Wはカレンダー通りになります。

日・祝日のみお休みです。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

脚が出し難い、歩き難い

脚が出しにくい

膝の動き?

股関節の動き?

足関節の動き?

どこに痛みが出ているのか?

どの動きで痛みが出るのか。

その時の動きの連動性をよく診ます。

痛みが出るところが悪の根源ではありません。

動きの邪魔しているのは他にあります。

その部位を見逃さないように気をつけます。

痛みはお尻からハムストリングスにかけて出ていますが、膝の裏の小さな筋肉が邪魔していることもあります。

その部位を邪魔しないようにしてあげると、次は股関節の前が邪魔してきます。

その邪魔しているところを順に取り除いていくのが治療です。

このやり方が正解、正解は1つだ!とは言いません。

色んな方法がある中でどれを選択するのか。

どのタイミングでどの症状でどういった方に適応するのかを選択することが重要です。

何回治療するのか、長期の計画、短期の計画を立てて、こういった狙いのためこういう手技を行うことを説明し納得してもらうことで治療を進めていきます。

そうすることで結果も出やすくなります。

自分の都合ばかりで結果は出ますか?

これまで自分のやり方で上手く成果が出ず、放っておいても良くならず、あれこれしたけどあかんかった。

それなら、泰然に任せてみてはいかがですか?

こういった会話が時々あります。

セルフでやるにはどうしたらいいですか?

やれることをキチンと行いましょう。

目の前のことをキチンと出来るかどうかです。

治っていく兆しは目の前のことをした先にあります。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

一歩が出ない

左脚を無理矢理一歩出そうとしながら歩いたり、階段を上がったりしている。

荷重バランスは左。

そらそうだ。

それだと左脚は出ないだろう…。

なぜ左荷重なのか?

そういった要因も確認していきます。

右が上手く使えないのはなぜ?

痛み?

硬さ?

癖?

ではなぜ?

その癖がついたのか?

右は元々痛みがあった。

可動域に制限があった。

その痛みをかばうように使いだしてから左荷重になった。

今、右は痛む?

自覚は痛くない。

全く痛くないわけではない。

左が痛過ぎて気付いていないだけかも。

可動域を取り戻すため、硬くなった筋肉へアプローチします。

手技がメインです。

筋肉が縮こまり、硬くなり、隣接していて動きの妨げになっている部分を丁寧に緩めていきます。

硬さが緩まってくると、動きを思い出させるように補助しながら動かしていきます。

自動的な部分と他動的な部分との組み合わせです。

これがポイントです!

ただ受けたら良いというわけではない!ということです。

動きを取り戻していく感覚を自覚できると次のステップにいきます。

そうやって次々とステップを踏んでいって、回復していきます。

痛みが長引いている方はお早めにご相談下さい!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

足が一歩出しにくい

足が一歩出しにくい、痛む、しびれる

最初に行った病院では狭窄症ではないと言われ、2つ目の病院では狭窄症と言われ、3つ目では骨棘ができているからと言われた。

脳は問題なし。

ブロック注射を勧められたが拒否した。

ロキソニンを飲んだことはあるが、常用するのが怖くて飲むのをやめた。

整体にも行った。

接骨院にもしばらく通った。

鍼灸院にも行った。

そんな中、エキテンを見て、ホームページを見て患者様の声を見て響いたので来院。

ありがとうございます!

ずっと痛いわけでもなく、痛くない日もあった。

最近はずっと痛むのでこのまま歩けなくなるのではないかと不安になる。

それとこれまで受けた治療がどうも効果的とは感じられずにいた。

様子を見ると、股関節周囲筋がガチガチになっている。

関節の正しい動きが取れない。

立位、座位ともにアンバランスのままバランスを取っている。

年単位でかばった動きの結果がカラダに表れている。

この纏わりついた硬さを緩めることから始めた。

一度の施術で変化を感じ、好感触に。

通って、自身の身体と向き合う決意をされました。

筋肉の硬さが緩まると動きを取り戻したいため、体操を伝える。

調子が良くなると、ウォーキングをしてみたり、ジムに通ってみたりもした。

意欲的になると、どうもやり過ぎるようで、また痛む。

その繰り返しがあった。

股関節の硬さを取るための鍼灸も響きを感じながら受けていただく。

この感触は独特やね、という感想をいただく。

でも効いてると感じられるから受けられる、とも。

鍼の受けた時の感想は人それぞれです。

好きな人もいれば、そうでない人も。

嫌やけど、効くから受ける、という人も多いです。

効かさないと受けてもらえなくなるので、毎回プレッシャーです…。笑笑

意味ないならしない。

最良だから選択する治療法なので、拒否されると困ることもあります。

いつも全力投球ですので、その気持ちで受けに来て下さいね。

股関節の動きが良くなって来て、歩行、立ち上がりが変化してきました。

好感触です。

ここで無理をしないよう、要注意です。

競走馬のように…。

(調子が良いからといって沢山走らせるわけではないそうです。)

長期の目標を持ち、長く苦しんだ痛みと向き合うことで結果が出ています。

ご相談はお早目に!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰と膝の痛み

腰の痛みと膝の痛み

どちらを先に治療するのか?

正解は…

訴えの強い方からです。

困ってる順番を優先して、痛みを下げます。

痛みを下げる時に必要なら二番手の訴えも治療します。

多くは関連しています。

関連していることを説明し、そのせいで痛いことを分かってもらいます。

筋肉の硬くなった部分がどんな悪さをするのか。

その硬さはこれに悪影響を与える。

その要因をいかに潰していけるか、が治療です。

治療法はいくつもあります。

泰然では手技がメインで、鍼灸や体操も行います。

あるケースでは膝の訴えが強く、腰は慢性化しているようなので、慢性化を鎮静化していると考えて膝から治療を優先しました。

ただ、全身のチェックをすると膝と腰の間で股関節の関連性が強く出ていたので、股関節を治療することで膝も腰も改善していきました。

痛みが何からきているのか、何が悪さをしているのか、その関連性をキチンと治療できると改善します。

腰の痛みが慢性化していたが、何年かぶりに腰の痛みのない日を過ごしたらその喜びがありました。

この喜びを感じてもらうために治療があります。

泰然にご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節なのか腰なのか

股関節の痛み

腰は前から痛む。

腰をかばってなのか?

股関節周囲筋に問題あるのか?

関節そのものの問題か?

動きのチェックと触診によると、

大腿部の筋肉がガチガチになってました。

施術はこの筋肉の硬さを解きます。

筋肉の状態でバランスを取ってる部分とアンバランスなままの部分があります。

硬さと重さを感じる部分と、そういった自覚のない部分とあります。

どちらが良い、どちらが悪いとかではなく。

問題点に気付いた後は対策をします。

手技、鍼灸、体操や体の使い方で動きの中で整えます。

動くことで整う、整えてから動く、両方の良さがあります。

ケースバイケースです。

 

ご相談は泰然に。

 

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節について

股関節について

股関節は長く長く困ってる。

色んな先生に診てもらい、施術してもらった。

可動域に制限があり、痛みがある。

昔々、和式トイレで立つのに苦労したことがある。

思い起こせばそれが一番最初に気付いた制限かもしれない。

昔の写真を見ると膝同士がくっついてる。

いつの頃からか、くっつかずガニ股に。

野球をしていても、痛くはないがしゃがむのが上手くなくて困った。

よく言われる、腰を落とせ!

これが出来ない。

その時は分かってない。

下手くそだからと思ってたけど、違う。

股関節の動きの影響でやりにくかったんだと思う。

小学生で野球肘になった。

これも股関節が影響している。

可動する範囲が狭いせいで、上手く体重移動が出来なくて、それでも強く投げようとしてその負担が肘にかかったなぁと。

肘の近くの関節、手首と肩の使い方に影響されます。

手首を過度に使って投げようとしたのか?

今この年齢になり股関節と向き合うことにした。

股関節の治療に専念する。

痛みが下がり、可動域が正常に近づきスポーツ活動にどう変化が出るのか?

筋トレでどう変化が出るのか?

楽しみですね。

 

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬