前屈みになると左に捻ってしまう

前屈みになると左に捻ってしまう

家事をしていて、前屈みになると気付いたら左に捻っている。

左荷重胸椎から回旋している。

右の殿部、腰に疲れが溜まり痛くなる。

この痛みに悩まされている。

この姿勢の癖を修正しないといけません。

手技をメインとします。

内転筋群がカチカチです。

内転筋、ハムストリングスを丁寧に緩めます。

足関節ー膝関節ー股関節の連動性や、胸郭の動きを改善させていきます。

そのために動かしながら行う手技を使います。

胸椎の際の筋肉を緩めていくと、動きが出しやすくなります。

体操を組み合わせます。

側屈の動きを特に意識させます。

普段やらない動きなので、スムーズには出来ません。

注意点をいくつか伝えて、コツを得ると段々出来るようになります。

頚部にも問題点が見つかりました。

その頚部の筋肉に対してもアプローチします。

手技をメインに行います。

筋繊維の走行を意識して、押圧する角度や強弱を工夫します。

強ければ良いものでもなく、弱ければ良いものでもありません。

必要な刺激が入ると体は変わります。

その変化の様子は自覚してもらいやすいです。

そういえばこのコリはずいぶん前からあったようです。

このコリも同時に解消します。

体は繋がりの中で動いています。

その繋がりを意識して整えます。

部分で整う場合もあれば、あちこちアプローチして整う場合もあります。

生活スタイル、その人の持つ資質、ゴール設定などによっても変わります。

変えられるのが泰然の良さです。

左ばかりに乗せるから右に乗せるというものではないのです。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

靴下を履くのが辛い。

股関節の動きが関与します。

それ以外にも関連性を判断します。

大腿部の筋肉群に過緊張が目立っていました。

筋肉が1つではありません。

過緊張している複数の筋肉に手技をします。

ただ押圧するだけではありません。

軽く押圧したり、深く沈み込ませるように押圧したり。

関節の動きと同時に行うと、過緊張していた筋肉が緩みます。

その緩んだ状態で正しく動くか確認していきます。

それでも残る痛みは下腿や足部、腰部、背部など、他との連動性をチェックします。

その時に気になる部位を同じように手技を行います。

鍼灸を組み合わせることで、さらに効果を出します。 

刺激量は増えます。

その増えた刺激量をコントロールします。

多くて溢れているわけではありません。

股関節の細かい動きを助けるように動かしながら刺激を与えます。

段々と動きを取り戻します。

軽くはなるが、痛みが残る。

この痛みはひつこいです。

痛みの根本から解決するには痛み取るだけではなく、痛む要因をカバーすることで、解決します。

どうカバーするか、見えている範囲を広げます。

股関節単体で見るのではなく、身体全体を見るようにします。

その時負担かかってますよ!となる瞬間に気づくこと。

それに気付いた以上は直すこと。

修正させられないと何度も繰り返します。

その繰り返しの痛みが出ては治療して軽減させる、それでまた痛む。

魔法が使えるまでは細かく刺激を入れます。

1発で治す!ではないので、丁寧に指導します。

その指導もコツがあるので、ただやってもらうだけではありません。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

股関節はスポーツをする際に重要な部位です。

ゴルフ、野球、サッカー、テニス…

上手くなるには使い方の工夫が必要になります。

ということは日常生活にもある程度の重要性があるという可能性がありますよね?

その股関節を診てみます。

骨盤側は凹凸でいうと凹です。

大腿骨は凸です。

この凹凸関係が崩れて痛むことが多いです。

「変形している」

と、病院で言われたことがある。

今すぐに手術というわけではない。

ただこれからもっと変形が進行すると、痛みを伴うため辛くなる。

この辛さを何で解消させるのか。

鍼灸の組み合わせが有効です。

大腿部前面の筋肉群、内側の筋肉群、外側の筋肉群、後面の筋肉群とがあります。

身体全体で見ても大きな筋肉です。

この筋肉が硬くなっています。

その部位を直接触って緩めることもあれば、関連性のある部位との連動から緩める方法もあります。

その手順により結果が出ます。

緩んだ後の違いを確かめながら行います。

これだけで良い場合と、それでも残る場合があります。

そうなると、膝関節、足関節との連動性を診ます。

それに関する筋肉を診ることで、問題点の部位をアプローチします。

筋肉が緩むだけで改善する分、それでも残る分。

収縮させないといけない部位もあるということです。

収縮と弛緩のバランス。

そのバランスを意識すると楽に動ける感覚がキチンと得られます。

動けないと意味がないからです。

日常生活で改善が感じられないと満足度が低くなります。

「立ったり座ったりで痛くない」

「歩きやすくなった」

こういった感想が得られました。

スポーツになると、もう少し改善が必要になります。

筋トレも必要になります。

この筋トレは直ぐに結果が出るものではありません。

細く長くやれることを案内します。

なるべく直ぐに取り組んでもらいます。

低いハードルから乗り越えもらうことで達成感があり、継続しやすくなります。

それが結果に繋がります。

股関節の重要度は痛みがある時とない時の差でよく気付きます。

いかに楽にするかが生活の質に影響します。

蓄積型なので、早めに対応した方が良いです。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

立ち上がろうとする時の痛み

立ち上がろうとする時の腰の痛み

角度によって腰が痛む。

中途半端に曲げ伸ばししている時に起こりやすい。

シャキッとしきれない。

力が込められない。

そんな状態が続いていて、大きな痛みもなく不快感は軽減していた。

仙腸関節に問題があるようです。

支持バランスの崩れを確認します。

股関節周辺筋肉の硬さを感じています。

大腿部は前面、内側、外側、後面とアプローチする部位があります。

殿部も層になっています。

その層に対してアプローチしていきます。

支えに必要な働き、連動性に対して緩める筋肉は緩める。

働けていない筋肉には働くよう修正していく。

そんなことを行います。

動けていない自分の股関節を自覚してもらいます。

意識することは良いことで、

「ほな、動くためにはどうするの?」

「動くためにはここがポイント!」

「おぉー、こうやって動かすのかー、なるほど」

というようなやり取りがあります。

腰をグイグイされて、モミモミされて

「あぁ、気持ち良かったです」

で、終わることも悪くない。

ただ、そこで終わるよりも一歩先へ!

痛くならない身体作りもしたい。

興味はあるけど、どうしたら良いのか分からなかった。

YouTubeを観て色々試したりしたけど、イマイチだった。

そんな方のお手伝いをしています。

「なんか違う」

から、

「だから違うんやね」

というところまでが大事かなと。

無駄なことをしていたら、やめる、省く、シンプルにしていきます。

それの繰り返しになります。

立ち上がりやすさが出ると他の動きも楽になります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

急に股関節が痛くなった。

「急に」と言われてるが、前振りがあるものです。

出ている合図にいくつ気付いてますか?

いつ気付きました?

多くの合図を無視していると、より強めの痛みとしてあらわれます。

小さな変化のうちに叩いておく必要があります。

今回は蓄積に気付いてなかったようです。

腰の痛みは無くなり喜んでいた。

職場近くで受けられるパーソナルトレーニングを行うようにした。

痛みがない分、少し強度を高めたようです。

チューブトレーニングとして、チューブを脚に巻いて側臥位になる。

そのままチューブの抵抗を感じながら股関節の外転動作を行う。

すると殿部に効果的です。

それを寝落ちするまでしていた…。

何回したのかは不明…。

動かそうとしたら痛くて脚がスッと出ない。

手で支えないと脚が動かせないくらいになった。

トレーニングは他にも数種類行った。

腰痛予防のために体を鍛えようとしたのに、結果は痛くて後戻りのようになったのがショックだ。

負荷が強かったのは、回数なのか、種類なのか、フォーム不良なのかは不明です。

硬くなった要因は確かです。

それに対しては基本的に鍼灸をメインに行いますが、鍼灸の方が相性良いからです。

痛みが強く出ているので、鎮痛目的にツボを選択します。

強い刺激、弱い刺激を組み合わせて行います。

股関節が痛いから股関節だけを治療するのではなく、関連するところを見極めて行います。

痛みの再現性を確認すると絞り込みやすくなりますが、痛過ぎて動かせない場合は触診が頼りになります。

自動で動かせなくても他動なら動かせるのか、どこまて動くと痛みが出るのか、などをチェックします。

不快感が取れて立ちやすくなる。

動きやすくなる。

まだ残っている。

残るくらいの大きな山と考えます。

刺激量との兼ね合いをみて、次回の計画を立てます。

帰ってからの注意事項を伝えておくことで、不安材料を減らします。

痛くてホッと出来ないため、意識して行います。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節とテニス

股関節の痛み

腰が痛くて来院。

先の目標としてはテニスをすること。

素敵です。

明確な目的があるとそれに対しての計画が立てやすく、見失うことなく実行できる可能性が高いですね。

こうありたいです。

ただ皆が同じことは出来ません。

動きたい人、動きたくない人様々です。

動きたいけど、動けない場合の話です。

腰の痛みが何からきているのか、要因を探ります。

問診に時間をかけます。

いつから?

何をしたら?

どのような種類の痛み?

……

など。

股関節の動きに制限がありました。

自覚は少しだけしていたが、重要視はしていなかった。

そこに着眼し、アプローチします。

手技をメインに行い、鍼灸を組み合わせます。

股関節に鍼灸?

痛そう…そう思われることがほとんどです。

刺激的ですね。

ただし、効果抜群!

となれば受けるでしょう。

この股関節が軽くなる感じは受けた方にしか分かりません。

一瞬立ち方を忘れた人みたいになります。

直ぐに慣れますし、本来の立ち方に戻るだけなので問題なし。

軽くなった体をどう動かすか、日常生活に生かせるように指導します。

その動かし方次第で次の来院時に行う内容が変わるからです。

股関節ー腰部の関係性を主体としてアプローチし、次の段階としては筋力強化をしたいところ。

ただ闇雲にやられると困るので、段階を経て行います。

その段階は飽きることもあるでしょうが、テニスをしたい!という思いがあれば乗り越えられます。

一緒に頑張りましょう!

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

お尻の奥の方が痛む

お尻の奥の方が痛む

腰が痛くて困っている。

お尻の奥が痛くて困る。

横向きに寝ていて、痛い方の脚が上になって、角度によって痛む。

腰や殿部の筋肉を重点的に柔らかくしていきました。

すると腰や痛みはほとんど無くなりました。

それでもお尻の奥の方のは残りました。

そうなると股関節の前面部の可能性があります。

股関節の動きを他動的に確認します。

確認すると内旋外旋で痛みが出ていました。

股関節周囲筋の過緊張があるので、それを緩和させます。

手技を主に行います。

鍼灸を組み合わせることでさらに緊張緩和が得られます。

すると痛みがグッと下がります。

中高年女性となると股関節は変形していることも可能性が高いため、骨盤側と大腿骨側との関係性をチェックします。

凹凸の関係性です。

凹がガタガタなのか凸がガタガタに変形しているのか。

両方なのか。

その周辺の安定で働く靭帯の緊張状態はどうなのか。

靭帯がカチカチなのかゆるゆるなのか。

それらを加味してアプローチします。

大きな刺激が必要なのか、細かい刺激が必要なのか、両方なのか。

組み合わせて行います。

横向きで寝ても痛くないところで今回の施術は終了です。

体の動かし方を同時に行い、それを日常生活に活かしてもらうことで次回までの宿題とします。

今回の結果を活かす過ごし方ができた上で次の施術をするので結果が出ていきます。

短期の計画と長期の計画を立てて実行します。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

前面部には大腿部の主要な筋肉があります。

大腿四頭筋(大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋)、腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)、恥骨筋…

それらの筋肉の緊張状態を確認します。

他動的なら動きでの緊張状態、自動ではどうなのか?

触診してらどうなのか?

カチカチ?

プリっとしてる?

表面が硬い?

深部が硬い?

ピーんと張ってる?

色んな情報が得られます。

その情報を整理して、治療ポイントを決めていきます。

最短距離で結果をだそうとするあまり、本来の目的を見失うこともあります。

最短距離だけが正解ではないからです。

関節の動きは周囲の筋肉の働きをよく診ると分かります。

それによって解決策も決まります。

手技と鍼灸を組み合わせて解決していきます。

損傷した部分は瘢痕化してかさぶたのようになります。

そのかさぶた部分をどうやってアプローチしていくかです。

特に大腿直筋が付着している部分に刺激を入れられるか。

その刺激は自分の体の治癒力にスイッチを入れます。

自然治癒力が働くため治っていきます。

股関節の痛み=変形、というのが強いですが、そうでない場合もあります。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節なのに

股関節

股関節前面部の痛み。

過緊張している周囲の筋肉群にアプローチします。

脚を開く動作で痛む。

ストレッチをしようとしたら痛くて出来ない。

柔軟性を高めたくてストレッチしたいのに、痛くて出来ない。

どうしたらよい?

痛くても無理矢理やる?

それともやらない?

治療しながらやる?

問題点は解決した方が良いですね。

足首、膝関節、股関節、胸郭が関係します。

どれも緊張状態で上手く連動がとれていません。

連動させるように過緊張した筋肉を緩和させていきます。

手技の相性が良い時と鍼灸の相性が良いときがあります。

足部に注目すると、中足骨に動きを出すようなことをします。

中足部を触る理由はアーチのことを考えるからです。

アーチには横アーチ、内側縦アーチ、外側縦アーチがあります。

それらの調整をします。

正しい刺激が入ると正しく着地をしようと働きます。

それらの連動が膝や股関節にも関連します。

そういった働きかけをすることもあります。

股関節だから股関節だけを触る、というのでありません。

多角的に診るようにしています。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

股関節の痛み

股関節の痛み

何をしていてもずっと痛い。

座っていても痛む。

立ち上がる時も痛む。

しゃがんでも痛む。

そんな状態になってから長い。

パーソナルトレーニングを受けている。

そこでのメニューでスクワットがある。

スクワットした後は痛む。

ストレッチを教わってやっているが、効いているのか分からない。

そのフォームにすると痛むので効かせられているのか分からない。

痛みの場所は股関節前面部。

周囲筋にアプローチをします。

手技をメインとし、鍼灸と組み合わせます。

その時に動きを意識させるようにします。

股関節単独のイメージよりも膝関節、足関節との連動性を他動的に意識づけをします。

そうすることで、スムーズに連動していくのと、痛みが気にならず動けるので喜びが強くなります。

痛みがあると制限になり、小さな動きになったり、本来とは違う働かせ方をしてそれのシワ寄せまで出てきます。

それを防ぐためにも有効な方法となります。

施術後は動きやすくなりました。

一回の施術でゴールというわけではありません。

回数を必要とするケースです。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬