ガングリオン

ガングリオンは関節包や腱鞘から発生する(良性)嚢腫様病変であり、内腔にはゼリー状の粘液を含んでいる。

手関節背側に多くみられるが、関節近傍の様々な部位に発生する。

好発は20〜40歳代の女性

手関節部などに無痛性の腫瘤を触れる(ときに疼痛、圧痛がみられることもある)

穿刺で無色透明なゼリー状の粘液を確認できる。

→ガングリオンと診断する。

疼痛などからガングリオンが疑われるが、腫瘤が小さく視診や触診では確認できない場合は、MRIや超音波検査を行い、腫瘤の存在を確認する。

MRI T2強調像でガングリオン内部が均一な高信号を認める。

ガングリオンは自然消退することもあるため、無症状の場合は経過観察とすることが多い。

疼痛などの症状がある場合は、保存療法として穿刺し、内容物を吸引・排出する。

再発を繰り返す場合は、手術療法により腫瘤の摘出を行う。

靭帯や滑膜に付着する茎部も含めて、腫瘤を完全に摘出する必要がある。

 

私もガングリオンができたことがあります。

小学生の頃、野球をしていてボールが左手首に当たると痛いなと思って見たらプクッと膨らんでいました。

ちょうど脈をみる時に触る部分です。

橈骨動脈の拍動部分なので、軽く押さえても痛みはなく、気色悪い感じでした。

強く押圧されると痛みが出ていましたので、近くを走る神経に触っていたのかなと推測されます。

病院で穿刺してもらい、しばらく萎んでいたのですが、ある日また出来ていました。

もう一度穿刺してもらい、しばらくすると気にならなくなりました。

強い衝撃で位置が変わったり、消失するとも言われていますし、継続した押圧で消失するとも言われています。

腕立て伏せをしたら、手首が詰まった様な感じがするので、もしかしたら表面では目立たないだけで深いところにいるのかもしれません。

原因不明ですし、なぜ出来た、いつ出来たかも分からないのがガングリオンです。

気になることがありましたらご相談ください。

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬