腰全体の痛み

腰全体の痛み

前屈みになると腰が痛くて困っている。

仕事でしゃがんだり、前屈みのまま作業を続けることがある。

無理な体勢になることもある。

工夫はしているが、それでも疲労が蓄積してしまう。

蓄積した疲労は凝り固まり、痛みとして邪魔をする。

どの段階で気づいて修正するか、ですね。

股関節周辺の筋肉が過緊張状態です。

前外側に治療ポイントがあり、そこに鍼刺激を行います。

すると前屈みが楽になりました。

体を起こすのも楽になります。

身をもって股関節の重要性を理解してもらいます。

腰が痛いのに腰に施術しないのか?

不思議に感じますよね。

動くことを目的として来られていますので、何とか動けるようにします。

仕事が休みのうちになんとかしたい。

下肢の疲れを取るように手技や鍼灸をします。

股関節周辺の筋肉も1つではありません。

いくつかある筋肉が層になっていたり働きを協調したり、拮抗したりします。

そのポイントとなる部位に硬結がありました。

硬くなった部位に鍼灸の相性が良いです。

患者様自身は鍼灸の刺激があまり好きではありません。

刺激部位をなるべく厳選して少なくします。

刺した部位に刺激方法として、雀啄したりすることもありますが、ギューンとなる「響き」が苦手だそうです。

調子の悪い部分ほど響きます。

今まで調子が良い日に来られることがなかったので、その強い刺激しか知らなかったのもあります。

調子が良い日はそんなに響きません。

いつかその違いを感じてもらい、鍼の刺激を好きになってもらいたいなぁ・・・。

体全体の評価として、筋力不足もあります。

仕事量、負荷と体が合っていない。

かといって好きな仕事を変えるのか?

筋トレしてマッチョになるのか?

選択肢としてはメンテナンスしながら仕事を続けるというのもあります。

大事な道具も手入れをするから長く使えます。

一番大事な自分の体を大事にしてください。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

右腰の痛み、右膝裏の痛み

右腰の痛み、右膝裏の痛み

山登りの時に腰が痛くなった。

車で寝て、朝起きてから登る予定だった。

その起きた時に腰が痛くて我慢して登った。

山頂まで行く手前で諦めた。

降りることを考えると、腰の痛みが耐えられないと判断して頭頂を断念した。

その後も痛みと向き合いながら過ごしていたが、放っておいても改善しないので相談に来られました。

骨盤と肋骨をつなぐ部分に痛みを訴えています。

殿部、大腿部の過緊張が見られます。

それらに対して手技でアプローチします。

筋肉が柔らかくなり、動きの確認すると痛みは軽減していました。

骨盤の際に鍼灸の刺激を入れます。

するとより柔らかくなり動かしやすくなります。

腰、殿部、大腿部、膝、下腿部にも鍼灸刺激を入れます。

膝裏の痛みの誘因となる部位も同時に施術します。

痛みの誘因が重なっている部位もあるからです。

膝関節単体の施術ももちろん有効ですが、それだけでは物足りません。

動きの連動性を確認しながら施術します。

痛みとダルさがあります。

ふくらはぎの働きを説明します。

ポンプ作用があるので、正しく刺激を入れてあげてポンプを正常に働かせていきましょう。

自宅で出来る簡単な体操、動かす意識を持つことから始めましょう。

施術後は軽くなり、「今は気にならない。」

動いてみないと分かりにくいこともあります。

これから山登りに行く頻度も高まります。

その準備としてメンテナンスも必須です。

楽しく登るために体作りもしていきましょう。

今ある痛みは取り除く。

まだこれから痛くならないようにするために、動かし方を意識する。

前傾姿勢になる時間が多くなります。

腹圧が上手くかけられない場合大腿部の頑張りが強くなります。

大腿部の筋肉の張りが強く出ていることを自覚してもらいます。

重い荷物を背負ったままなので、余計に負担になります。

そこは日常生活とは少し違い、負荷をかける意識で過ごさないと山で困ります。

日常生活で腰痛があるようでは山でもっと困ります。

ストレス発散のための山登りで痛みを抱えているよりかは楽しめるようなお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰と膝の痛み

腰と膝の痛み

膝の痛みが強くて歩きにくい。

膝痛いと外に出るのが嫌になる。

膝は腫れている。

水抜くほどではないが、皮膚の皺がピーンと張るくらいに腫れている。

その膝をかばうから動くのが嫌になる。

安静時にも痛い。

立ち上がりも痛い。

歩くのも痛い。

ずっと痛いから嫌になり、マイナス思考の悪循環になりがち。

腰も痛くなり、そこに拍車がかかる。

腰は寝転がるとマシになる。

立つ、歩くが困る。

ヒアルロン酸を定期的に打っている。

良いという実感はしていない。

定期的に来るように言われているので行っている。

泰然で施術を受けると歩ける、軽くなる。

ただ良い調子がずっと続いてくれない。

日常的に負担がかかることがあると推測します。

「何もしてへんのやけどなぁ」

という言葉、よく聞きますよね。

本当に何もしてないのでしょうか?

掘り下げて聞いていくと、どこかで引っかかりに気付きます。

その気付きをヒントにして施術ポイントを選択します。

今回は長母指屈筋腱をしっかりアプローチします。

手技をメインに行います。

筋肉の付着している部分を確認しながら触ることで、明確な変化に気付きます。

立った時、足を地面に着けた時の感覚の違いがあります。

設置面が広がります。

広がるとどうなるのか?

安定感が増します。

安定感が増すので、グラグラしない。

立体パズルを組み立ててグラグラしない、ということは?

そうです!

膝の負担が減るということです。

痛みを下げる方法は一つではありません。

患部に直接刺激を与える方法と、その痛みの誘因を取り除くことをプラスして行うことで効果を倍増させていきます。

全体を診ると問題点がいくつも出てきます。

それらに対しての対応をすることが膝にも効果的です。

何もしてない、からこう動くことで防げる痛みがあることを実感してもらいます。

治す!と決めればやれます。

そのお手伝いをしています。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰の痛み

腰の痛み

座ってるのも辛くて職場に行ったが直ぐに帰宅した。

家族から泰然が良いよと、聞いていた。

その家族は職場の人の家族が泰然に通院している。

その流れで良いと聞いていた。

「良い」

の判断基準は人それぞれです。

今回は「いろんな治療院に行ったけど治らへんかった方がよく効く、と言ったから良いと判断した」

とのことです。

嬉しい言葉です。

ありがとうございます。

口コミほど強い宣伝力を持つものはないです。

「ええから一度行っておいで」

と、言われた時の強み。

そういった言葉を言ってもらえるよう努めます。

1人でも多くの困っている人を救うことになります。

「私より若くて良かった。」

なんでですか?

「先生は若いし先に死なないから、死ぬまで通えるでしょう」

なるほど!

という会話をしたことが何度かあります。

ある程度若さも有利に働いたようです。

以前は若いと不安がられることがありました。

見た目が問題なのか、20代の頃は髭を伸ばして背伸びしたこともあります。

途中で気付きました。

そうじゃないんだと。

信頼は話し言葉だったり、実際の治療内容だったり、キチンとした説明が出来ていたりすると、得られることを身を持って感じられるようになりました。

一生懸命説明しようとすると、難しい言葉を並べがちですがシンプルに患者さんにも分かる言葉を選びます。

例えが分かりやすい方がその説明もスッと入ってきます。

よく分からん難しい説明を聞いても自分の体に何が起きているのか、どんな目的の施術を受けているのか、ちんぷんかんぷんです。

すると結果にも差が出ます。

受けている患者さんが協力的になります。

自宅でこういう過ごし方をして欲しいというアドバイスをしても受け入れている分、変化が現れます。

この変化は治療しに来られた日(治療時間1時間程度)だけではないため、日常的に変えられた時間(次の治療までの期間)の方がトータルで上回るためです。

小さなことからコツコツと。

やるかやらないかは自分で決めます。

治す!と決めればやれます。

そのお手伝いをしています。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

ぎっくり腰注意報

ギックリ腰

ギックリ腰注意報が発令されています。

台風が近づいてくると調子の悪い方からの相談が増えます。

当日予約もあります。

予約枠に空きがあれば当日でも対応出来ますので、お気軽にお電話ください。

「仕事中に無理な体勢をしたら腰が痛くなった。

立っているのも辛くて困る。明日は絶対に休めない。何とかして欲しい。仕事終わりに向かいます」

と、連絡がありました。

大変です。

体が休みたい、という合図が出ています。

休めないからこそ、ここまでの痛みを出して休もうとする。

休むための大義名分ですね。

休めたらどれだけ楽か…。

休んだら休んだで、気になってゆっくり出来ない。

開き直って休むくらいでないと落ち着けません。

体力も削られ、心の余裕もなくなり、容量いっぱいになった時に起きやすいです。

そんな心当たりがありますよね。

それに対してどう対応するか、です。

今回は体を触診して情報を得たところ、殿部から遠位、下肢全体の疲れをメインアプローチすることに決めました。

腰が痛いから腰ばかりを触る、とは限りません。

多くの方の悩みは腰にあります。

何からきているのか、その状態把握と治療選択がポイントになります。

手技をメインにアプローチします。

鍼灸を組み合わせてさらに過緊張した筋肉を緩めていきます。

鍼に電気を流します。

筋肉がピクピク動くことで更に深部から緩みます。

緩んだ分楽になります。

疲れがそれだけ溜まっていたのを実感します。

脚の疲れがこんなにも腰に影響してたことが分かると、これからは溜め過ぎないよう気をつけましょう。

定期的なメンテナンスをします。

体の使い方をいくら気にかけていても、仕事量が多いとどうにも出来ません。

疲れたら取る!

シンプルにいきましょう。

明日仕事に行けそう!と言われて帰宅されました。

無事仕事が出来ていますように…

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰の痛み

腰の痛み

ゴルフの練習に行き、調子良くスイングしていた。

手のケガがあり、なかなか握れなくて困っていたが調子が戻ってきたので久し振りに練習に行った。

リハビリを頑張ったのも、ゴルフがしたいから。

どうしてもゴルフが出来るようになりたくてやってきた。

クラブを振れた嬉しさがあり、しっかり練習した。

また調子も良く打てたので、テンションが上がっていた。

2日連続行った。

すると、残り10球というところで…右腰に激痛が走った。

しばらく動けない。

残りの球を打ってしまい、休んでいた。

何とか自宅に帰り、湯船で温めた。

それから動けないくらい辛い思いをした。

朝から泰然にヘルプの電話をした。

という流れでした。

一刻も早く痛みを下げて動けるようにして欲しい。

キチンと立てていません。

歩く時も痛みのため制限があります。

仙腸関節部に問題がありました。

その周辺の問題点にアプローチします。

手技をメインに行います。

鍼灸を組み合わせます。

鍼の相性が良いです。

過緊張してガチガチになった部分に置き鍼をすることで、緩まってきます。

刺して直ぐに緩むこともありますが、今回は少し刺激を継続して入れることで緩むことを狙います。

全てを緩ませることが正解とはいきません。

収縮させるところとのバランスが必要です。

お灸の熱を与えることで、血流の良さを増します。

「この組み合わせしかかたん」

と言われるくらいです。

お灸の熱も一回ではなく、繰り返し熱を加えることで出る効果を期待します。

不快感がグッと下がるので喜ばれます。

真っ直ぐ立てる、歩く時の痛みが減ったからといって安心出来ません。

直ぐに仕事に行くとのことですが、注意が必要です。

お腹に力が入れられるように、刺激を入れます。

お臍周辺に鍼をしていくと、あら不思議!

立った時にグッと力が入れられるようになりました。

立つ、歩くが出来る喜びを知っていただけました。

健康に過ごすためのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

靴下が履きにくい

靴下が履きにくい

靴下が履きにくい。

足首を起こしにくい(背屈させにくい)から歩きにくく、ペタペタと歩いてしまう。

病院で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された。

体の状態を確認します。

立位、坐位、臥位など、それぞれの安静時、動きのチェックなどを行います。

患者さんが訴えている痛みやしびれや制限を感じていることを再現するべく動きをしてもらうなどして探します。

そうすることでどこが悪いのかを見つけやすくなります。

情報が集まってくると、絞り込みがしやすくなります。

ヘルニアと聞いてヘルニアだけで出ている症状と決めつけないためです。

筋肉の過緊張の理由を探ると、自分でストレッチをよくしている。

YouTubeで得た情報をやってみて気持ち良いから、終わったら少し楽になった気がするから、と。

自分に都合の良い情報しか選択しないので、たまたま結果が出れば良いですが、出ない時はどこの時点で間違いなのか見極めます。

放っておいて治るならもう治っているはずです。

やってたことが合ってたらもう治っているはずです。

それでも変化がなかったということで、泰然に相談に来られました。

痛みの要因になる部位へ手技を行います。

過緊張している部位が多く、そこら中が痛かったようです。

と、同時に自分の体の悪さを自覚したようです。

鍼灸を組み合わせて更に効果を出します。

以前鍼灸院で受けたことがあるようでしたが、手法が違うと受け手の反応も変わります。

もう1段階変化して、喜ばれました。

体の使い方のコツを掴んでもらうための体操も行いました。

すると体の軽さに驚かれました。

自分の体じゃないように。

歩き方のコツも一緒に行うことで、問題点の解決を目指します。

いくつもあるため、同時にある程度やらないと解決しません。

それらは連動しています。

連動しているため、その連動を活かせます。

治療はまだ必要になります。

継続しながらの計画を伝えて、次回までの宿題を出します。

ここまでが治療です。

マッサージして終わり、鍼灸して終わりではないのです。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰の痛み

腰の痛み

子育て世代の相談です。

妊娠ー出産ー産後と過ごしてきて、万全な方はどれだけいますか?

どこかで体調崩していませんか?

元気でパワフルな方は幸せです。

(痛くて不幸ではありませんが、辛いですよね)

生命力が生まれ持って強く、少々何があっても困らない、タバコを吸っても、何を食べても、お酒を飲んでも病気ひとつならない、ということもあります。

稀です。

両親から受け継いだ生命力(先天の精)に、生まれてからの環境要因によって上手く過ごしていくのか、早々に消耗してしまうのかが変わります。

持って生まれた時の器の大きさが人それぞれで、負担をかけていけば器が脆くなり、ひび割れたり、欠けたりします。

そうならないように気をつけながら過ごすことです。

働き過ぎ、遊び過ぎ、食べ過ぎ、飲み過ぎ…

何でも過ぎるとよくありません。

ええくらい、というのを自分の体と相談出来ると長持ちします。

「分かってるんやけどなぁ」

そうですよね。

難しいですよね。

ハードルを上げてしまうと苦しくなります。

ハードルを下げて、低いところから始めるとそれは長く続けられる習慣となります。

優先順位が自分ではなく、子どもになっている間はなかなか難しいです。

その中でも見つけられるコトを習慣付けられるキッカケにしましょう。

子どものこと優先だからといって、そんな体の使い方してたら早々にバテてボロボロになるよ!

ということがあります。

それに気付いて修正しましょう。

手技をメインに行います。

体が弱っている時はあちこちに訴えてきます。

それに対して適量の刺激を与えると変化します。

鍼灸を組み合わせて柔らかくする部位と、力を出してもらうような部位とに刺激をします。

すると、

「後ろに乗っかっていたモノが取れたようにスッキリしました」

誰か乗っかっていたのでしょうか?!

コワイコワイ。

お腹の力の入れ方も忘れていたようなので、思い出させるようにコツを伝えます。

24時間365日子どもが優先になるため、ちょっとした意識を変えます。

その意識は動き始めに特に行います。

抱っこをしようとする時、立ち上がる時、車に乗ろうとした時、オムツ交換する時…色んなタイミングで意識していくと腰の負担がグッと減ります。

自ら腰痛の種を蒔いているのを知って、驚いていました。

減らせる腰痛はここにあります。

ちょっとしたことの継続。

やるしかありません。

減らしようのないコリの蓄積分はお任せください。

協力して腰痛とサヨナラしましょう!

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

立ち上がろうとする時の痛み

立ち上がろうとする時の腰の痛み

角度によって腰が痛む。

中途半端に曲げ伸ばししている時に起こりやすい。

シャキッとしきれない。

力が込められない。

そんな状態が続いていて、大きな痛みもなく不快感は軽減していた。

仙腸関節に問題があるようです。

支持バランスの崩れを確認します。

股関節周辺筋肉の硬さを感じています。

大腿部は前面、内側、外側、後面とアプローチする部位があります。

殿部も層になっています。

その層に対してアプローチしていきます。

支えに必要な働き、連動性に対して緩める筋肉は緩める。

働けていない筋肉には働くよう修正していく。

そんなことを行います。

動けていない自分の股関節を自覚してもらいます。

意識することは良いことで、

「ほな、動くためにはどうするの?」

「動くためにはここがポイント!」

「おぉー、こうやって動かすのかー、なるほど」

というようなやり取りがあります。

腰をグイグイされて、モミモミされて

「あぁ、気持ち良かったです」

で、終わることも悪くない。

ただ、そこで終わるよりも一歩先へ!

痛くならない身体作りもしたい。

興味はあるけど、どうしたら良いのか分からなかった。

YouTubeを観て色々試したりしたけど、イマイチだった。

そんな方のお手伝いをしています。

「なんか違う」

から、

「だから違うんやね」

というところまでが大事かなと。

無駄なことをしていたら、やめる、省く、シンプルにしていきます。

それの繰り返しになります。

立ち上がりやすさが出ると他の動きも楽になります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ギックリ腰になった

ギックリ腰になった

仕事が忙しくて、盆休みになった途端にギックリ腰になった。

ソファーからの立ち上がりが痛くて辛い。

体が真っ直ぐに伸びない。

くの字のまま過ごしている。

鍼灸は定期的に受けていた。

その時、その時のしんどい部位を中心に受けていて、ここ最近は腰の治療が遠のいていた。

そろそろ受けに行こうとしていたが、予約枠と自分の行けるタイミングが合わずに流れていた。

すると…ギックリ腰に…。

大変でしたね。

いつも行ってた鍼灸院が盆休みで行けない。

鍼灸が受けたくて開いている鍼灸整骨院に行った。

鍼灸と書いてあったが鍼灸はしてもらえず、よく分からない脚上げ?みたいなことをしてもらった。

骨盤矯正のようなものだった。

しばらくすると良くなると言われたが2日経っても変化がなかった。

病院でレントゲンを撮影して「ギックリ腰やね」と言われブロック注射をされた。

その場の痛みは10から7になったが、このまま治る気配を感じられなかったので、泰然へ。

「ホームページを見て、なんか良さそう」

「電話対応が丁寧で、なんか良さそう」

とのこと。

ありがとうございます。

問診で詳しく聞いていくと、9時間程立ち仕事をしている。

それを何年も継続している。

ここ最近はギックリ腰に何度かなり、頻度が高い自覚はある。

体が弱ったと感じるので仕事の合間に独自でスクワットをしている。

この状態で触りました。

全身カチカチです。

体を支持できていない様子です。

それを庇い合いしているのであちこちがカチコチです。

まずは動きを確認すると下肢の筋肉の過緊張が邪魔していたので、股関節周辺をメインにアプローチします。

このアプローチがとても重要になります。

しっかり緩めてあげると支持させやすくなり、余力が生まれます。

この余力を活かすために、腹圧の意識の持ち方を同時に指導します。

このタイミングで、こうやってグッと力を入れる、この時にここの力みを抜いておくと必要な力配分になりますよ、と。

いつものメンテナンスとは違ったアプローチなので、体はびっくりしています。

その体がビックリすることに対しての過ごし方や注意事項も一緒に伝えます。

鍼灸の相性が良い症状なことと、鍼灸が好きなので施術は行いやすいです。

太くて長い鍼でしっかりと刺激します。

太くて長いとはいえ、髪の毛ぐらいの太さですのでご安心ください。

硬さのある部位、深さのある部位に刺激を届かせようとすると太くて長くなります。

刺さる瞬間の痛みはほとんどありません。

腰の痛みは下がり、体は真っ直ぐに起こせるようになりました。

出ていた神経症状も感じていなくて、体が軽く感じるが、この後の変化や注意して過ごしていただくよう伝えます。

背中や首も絶好調というわけではありません。

コリを感じやすい体になっています。

神経症状も出ていましたし、疲労蓄積型なので、今後ひどくならないようメンテナンスしながら過ごしていただくことをお勧めしました。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬