頭が痛む

頭が痛む

何が起因で痛むのか。

問診が大事になります。

いつから痛むのか。

頭のどこが痛むのか。

前頭部、側頭部、後頭部、頭頂部?

東洋医学的には部位によってそこに要因があるか推測します。

前頭部は陽明経、側頭部は少陽経、後頭部は太陽経、頭頂部は厥陰経と言われています。

身体の中に原因(ストレス、食べ物、外傷等)がある場合は、痛みの症状(激しい痛み、ぼんやりした痛み、圧迫感、頭重感等)も異なります。

症状に応じた治療穴を選択します。

「血管性」「こり性」「神経痛」に分類し、それぞれの要因と所見の特徴、治療ポイントを見極めます。

どのタイプの頭痛でも鍼灸が有効です。

触診とマッサージが同時に行えるため手技をメインに行いますが、鍼灸との組み合わせにより効果があります。

治療の途中から「あ、頭痛が消えた・・・」という感想をいただきました。

痛い部位だけを触る、というのはナンセンス。

関連したところがある。

そこに刺激を入れる。

すると体は治癒力として働き出す。

それにより痛みが下がる。

ずっと流れているものが滞る。

それに対して滞りを改善させるようにするのが治療です。

自然渋滞しているのか、問題があって渋滞しているのか。

問題点が一つとは限りません。

いくつも組み合わさり、重なることで症状が重くなります。

一つとは限らない、そう知っておくことも大事です。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

頭痛

頭痛

頚肩部の筋肉の過緊張で起こることがあります。

冷えていたり、血流が悪くて起こるため、お風呂で温まると改善することがあります。

その程度なら相談には来られません。

お風呂に入った時だけ楽になり、しばらくするとまた痛む。

お風呂に入っても変わらない。

そんな時に相談に来られます。

痛みは何から来ているのか?

問診が重要になります。

何歳?

仕事は?

その内容によって負担はかかるのか?

対策として何かしていることはあるのか?

運動は頭痛が辛くて出来ていない。

嘔吐、ふらつきもある・・・。

偏頭痛という診断された。

漢方を飲んでいるが変わらない。

マッサージを受けたが鍼灸を勧められて来院されました。

その場しのぎの治療ではなく、何に対して治療していくのか。

短期計画と長期計画が必要になります。

その流れを納得した方は継続して来られます。

鍼灸の相性が良く、しっかりと治療していきます。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腰が痛くて我慢していたら背中が痛くなり、首まで痛くなってきた

腰が痛くて我慢していたら背中が痛くなり、首まで痛くなってきた。

新型コロナウイルスの感染拡大が怖くて不安になり、通院することを迷った。

コロナウイルス感染症に対する当院の対応について

1、施術者の手洗い・うがい

2、施術者のマスク着用

3、手やベッドのアルコール消毒

4、施術者の検温測定

5、院内の換気

当院は患者様・施術者へ感染症の予防といたしまして上記の通り対策を講じておりますのでご安心ください。

個室で1対1での対応、不特定多数というよりも特定の方しか来られないことから通院することを決めたとのこと。

腰の状態は力がなく腑抜けな感じ。

首は頭の重みを支えるための負担が重なっている様子。

胃腸の調子も下がり、食欲も低下している。

暑さ、湿度の高さから体力も低下気味。

鍼灸の効果により胃腸への刺激、元気になるツボへ刺激を入れます。

そうすることで体の中の巡りを改善させていきます。

治療の後は顔色も良く、元気な声になりました。

痛みを軽減させることだけが治療ではありません。

体が元気になり生命力を高めるためには鍼灸の相性が良いです。

ぜひご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩こり、頭痛で困る

痛みの困ったを相談するのが泰然です。

こんにちは。

院長の藤原です。

頭痛の悩み相談がありました。

よくよく聞くと肩こり、不眠、運動不足、冷え・・・とストレス要因が数あります。

こんな体の状態ではそりゃあ頭痛にもなりますよね。

体の不調は一つではなく、複数から成り立つことがあります。

痛みはそこだけではなく、他のところにも影響が出ている。

肩こりは肩だけ、首だけ、の問題ではない。

歯の噛み合わせも関係したり、視力や目の不調、股関節のつまり具合がある、コキコキ鳴る、腰が痛い、お尻が痛い、足首を捻挫した、膝の内側が痛い、足裏にマメがある・・・などなど。

色々なことから関連つけられます。

そんなん知らんし。

となるか、なるほど!だからか!

と、なるか。

痛みについても区分すると、筋肉痛のような気持ち良さが含まれた痛みなのか、角にぶつけたような痛みなのか、正座してしびれてて痛いのように、分けられます。

どこに区分される痛みなのか、それは深いなのか、我慢できるのか。

我慢しているから、問題が大きくなり困ることになります。

急に痛くなった。

と言われますが、その前の兆候に耳を傾けてない場合がほとんどですね。

そういえば、があるはずです。

交通事故で信号待ちしていて、後方から追突された、は別ですが。

肩こりの原因は自らにあることが多いです。

その要因を知ることから始めましょう。

姿勢が悪い。

簡単なことです。

普段から、姿勢が悪く、歩き方、座り方、立ち方が悪くて、パフォーマンスを発揮する時だけ調子ええ、なんてことはないです。

日頃からの動きが一番大切です。

その時だけ、と言うような都合良い話はありません。

あったとしたら、たまたまです。

する時はするねん、ではなく、するための準備があるからできる。

車の運転姿勢が悪い。

パソコンで事務作業をしているときは姿勢を気にしている。

スマホを触るときは崩れている。

と言う条件の場合、良いか悪いか?

どこに着眼点を置くかです。

細かく聞いたら、家は気が抜ける。

車の中もプライベート空間なので気にしていない。

仕事中は周りに人もあるし、言われたから気にかけている。

その時だけでは体も都合よくなってません。

しっかりとした習慣化が必要です。

意識すること、それが無意識にできるまでは頑張りましょう。

 

コツは伝えられます。

簡単です。

やるのは自分。

難しいです。

でも今の自分のためだけでなく、未来の自分のために一緒にやりましょう!

腰痛、しびれ、関節痛専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34

090-1070-4976

院長 藤原一馬