ランニング

ランニング

バレーボールをずっとしてきていたが、コロナ禍でやれる機会が失われた。

小学校の体育館を借りて使用していたが、緊急事態宣言が出ると使えなくなる。

使えたとしても時間制限があり、20時までしか使えない。

ママさんバレーなので、いつもは夜に集まる。

練習の準備するのにある程度時間が必要になる。

片付けにももちろん時間がかかるので内容のある練習時間は取れないまま終わってしまう。

なので練習中止…。

その他にも選挙で体育館を使用したり、卒業式や入学式で使用する時など、準備、開催、片付けなどの影響で体育館が使えないことが続きました。

そんな中で大会だけ行われる…ケガするよー!!

危ないよー!!

なんて声が聞こえてきます。

動くのが好きなので他で動くことにした。

元々、ランニングはしていた。

その走る量、頻度を増やした。

たくさん走ると汗をかきます。

良い汗をかけるので気分もスッキリします。

気持ち良さと反比例するかのように、脚に疲労は蓄積します。

入浴したりストレッチをしたり、セルフケアをしています。

それでも解消出来ない分があります。

それを放っておくと痛みになりやすくなります。

そんな時はお任せください。

手技の相性が良いです。

筋肉繊維の走行に沿うように刺激をしながら、強弱をつけます。

血流の改善が結果的に疲労解消や痛みを下げます。

鍼灸を組み合わせることで、更に効果を感じられます。

スッキリして軽くなった脚を喜ばれました。

また走れる!と。

好きなバレーボールを再開できるほうが喜ばしいですが、この時期は難しそうですね。

それまでの体作りのお手伝いをします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

左足がビーンとなる

左足がビーンとなる

急につっぱりが出る。

歩いても距離歩けない。

時間も持たない。

直ぐにダルくなり歩けない。

しゃがんで休むと楽になりまた歩ける。

これの繰り返しでした。

1回目の施術によりずいぶん楽になりました。

ビーンとなることはあるが、少しの間なので耐えられる。

歩ける距離も増えた。

10段階でいうと5レベルの辛さに軽減した。

良好な変化ですね。

ウズウズ?ジリジリ?ジワジワ?としたのが左下腿に出るので何度も目が覚める。

ぐっすりは眠れない。

マッサージをして鍼灸をしていると、少しの時間ですがスーッと眠れるようです。

声をかけると「眠れて気持ち良かった」と。

グッスリ眠る方もおられます。

寝返りをしたり、寝ぼけてひっくり返らなければ大丈夫です。

副交感神経が優位になり、リラックスのスイッチが入ります。

そのためにしている施術です。

腰、殿部、大腿部、下腿部、足部に反応点があります。

その反応点には鍼灸が合います。

硬結に鍼が刺さるとズーンとします。

そのズーンがしばらくすると硬結が緩みます。

「決して好きな刺激ではないが、効いてるのが分かるので受けられる」

効くから受けるという方が多いですね。

痛みの強い時、症状の重い時に受けてばかりだからこうなります。

症状の軽い時に受けたことありますか?

感覚が違うのでオススメです。

「気持ち良かった」

と言われることがあったり、

「こんな気持ち良い施術もあるんやねー」

と言われることもあります。

今回はまだまだズーンとした施術となりました。

施術後はスタスタと歩けるくらいになりました。

体操を同時に行います。

お腹やお尻に力を入れるコツを掴むために有効な体操です。

寝転がったまま出来るので、気軽に行えるのが特徴です。

自分の体を自分でコントロールする。

簡単に見えて簡単ではない。

シンプルだが簡単にはできない。

いらないことをしてしまっているので、それらを削ぎ落とす狙いもあります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎのだるさ

ふくらはぎのダルさ

立ち仕事と車の運転が長い。

重い物を持つ事も多い。

下肢全体に負担がかかる。

その負担が蓄積しているのを自覚している。

古武術をしている。

体の使い方への意識はある。

仕事量と体の健康度合いがバランスとれていない状態です。

間隔は空いていながらもメンテナンスをしてきていました。

夏になり、エアコンのかかったところで過ごしたり、外で暑いと冷たい物を摂る。

夜は湯船に浸かるよりもシャワーで済ますことが増えていた。

シャワーは汗を流すためのものであり、温まるものではありません。

湯船に浸かるメリットとしては、入っている部分全体に水圧がかかります。

その水圧が血流の手助けをしたりします。

血圧が変動するので、オシッコに行きたくなったり、ホッとしたり、眠くなったり…。

体の得られる反応を大切に行動を変えて行きましょう。

シャワーより湯船に浸かる時間を作る。

冷たい飲み物ばかりを摂らず、常温や温かい物を摂る量を増やす。

熱中症対策もしないといけないので、何でもかんでも温めろ!ではありません。

必要なことを必要なタイミングで行う。

やれることはいくらでもあります。

ハードルを下げれば直ぐに取り掛かれることばかりです。

気負わず行うことも続けられる秘訣ですし。

何でも過ぎると困ったことが起きます。

遊び過ぎ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、働き過ぎ…

ほどほどに。

ここぞ!で力を発揮するためには元気でいましょう。

養生も治療法の一つですし、ふくらはぎのダルさは鍼灸の相性が良いです。

ポンプ作用が働きやすい環境を整えます。

整えた後の過ごし方を含めて治療です。

先日、80歳代の方から「またまだ若いやん、これからやん。私の半分でしょう。」

と、言われました。

この方の歳までここまでパワフルに生きられるかは不安がありますが、健康で過ごしていたいと強く思うようになりました。

自分が元気でいることで、目の前の方を幸せにするお手伝いができます。

生かされていることに感謝いたします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

左足の痛み

左足の痛み

屋根の上で作業をした。

それから調子が悪い。

元々月一で整体に通っていた。

コロナ禍で通うのをやめた。

中学生の頃腰痛になったが、それ以来腰痛はなかった。

肩コリがひどくて悩んでいた。

運動習慣はない。

通常の仕事はデスクワーク。

デスクワークが負担になっている。

病院に行って坐骨神経痛と診断された。

痛み止めと湿布を出された。

このまま治る気配がなかったので、同僚に紹介されて受診。

足が冷えてます。

筋力は低下しています。

下肢の動きをチェックします。

仰向けになって、動きをチェックした時にどの段階でどこに痛みが出るかによって、押圧するツボがあります。

そのツボを押した時の反応によって、治療ポイントを絞っていきます。

治療法としては手技がメインとなります。

分かりやすく言うとマッサージです。

筋肉が過緊張しているので、その部位を揉みほぐしていきます。

ただ揉めば良いのではない、ではどう揉むのか?言葉では表現し難いです。

硬くなった筋肉の繊維を意識して圧をかけたり、解放したりしていきます。

すると反応します。

アクションに対してリアクションがあるように。

刺激に反応した筋肉が緩和したことを感じます。

それが感じられるような刺激を選択する。

患者さん側としては痛いと感じることがあったり、気持ち良い、と感じることもある。

鍼灸を組み合わせて行います。

紹介者の方から聞いていたので、すんなり快諾いただけました。

「苦手かどうかも受けてみないと分からないし、今の痛みから解放されるなら何でもしますよ」

と決意されていました。

硬さの強めな部位はしっかり響いたため、刺激的だったようです。

それでもその後は楽になり喜ばれました。

受けている最中もウトウト眠るくらいのリラックスモードに。

本人もビックリされてました。

痛くて眠れない日が続いていたので、スッキリしたようです。

何十分も寝たわけではないのですが、オンオフの切り替えスイッチが入ったので良かったです。

このスイッチが入るとしばらく時間をかけて自然治癒力が仕事します。

「その環境作りをすれば早く良くなるの?」

その通りですね!

受身の治療だけではなく、痛める要因を潰しておきます。

同時に腹圧の意識付けも行います。

「今までしてなかったわ」

「こんなにしんどいの」

「やってこんかったツケが出たんやわ」

などと感想を聞かせていただきました。

終わりに立ち上がり動作の確認と歩容を確認しました。

軽くなり動きやすくなった体を喜ばれてました。

ただこの腹圧の意識がどれだけ継続できるのか、痛みを解消させるのには継続する力をも必要ですので不安になります。

その都度不安材料や、質問などには答えますのでお気軽にご相談ください。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎのコリ

ふくらはぎのコリ

転勤になり、歩く量が増えた。

駅から会社まで遠く、一日5キロくらい歩く。

それを毎日のように行う。

ふくらはぎが張り、しんどい。

慣れてきたら、筋力もついて大丈夫なのかな?と思って過ごしてきたけど、良くならない。

コリ感が抜けず、しんどい。

右足首も硬くなり、動かし難い。

可動域制限がありました。

足首の動きは下腿の前面、後面の張りも関係します。

学生時代に捻挫した覚えはない。

何ヶ月か前にグキッとなった。

腫れたりはせず、しばらくしたら痛みもなくなったので放置していた。

大きな問題点とは捉えていない。

こういった些細なことのように見える事象から、体は異変を起こすことがあります。

自覚していないし、注意深く過ごしていたないため見過ごされやすく、問題点が大きくなってから慌てることになる。

温泉が好きでよく行く。

長風呂で、半日くらい居られる。

その浴場の主みたいですね…。

主は主で他にいるようです…。笑笑

ハムストリングス、膝裏、下腿と関連付いて手技で触っていきます。

動きを出すのが目的なので、動かしながら施術します。

後面だけではなく大腿部前面、膝蓋骨周辺、下腿前外側なども同じように施術します。

鍼灸を組み合わせて行うことで、更に効果を出します。

手技だけ、鍼だけ、灸だけよりも組み合わせることで相乗効果があります。

施術後は体が軽くなり、歩きやすくなりました。

足首の硬さも改善し、ふくらはぎの軽さとセットで歩きやすさアップです。

大きな変化を感じられるのは施術直後だからです。

この後ゆっくり過ごしてもらえると、自然治癒力が仕事する時間帯があります。

その時間は気怠さが出たりもします。

その怠さの時間帯を過ぎるともう一段階改善するキッカケにしていきます。

次にならない体、なりにくい体にしていきます。

立ち方、座り方、歩き方の指導も同時に行います。

お腹に力を入れたり、足の運び方のコツを伝えたりします。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎの張り感

ふくらはぎの張り感

畑作業をしていて、種を撒く時に土に馴染ませるために踏むような動作を繰り返します。

それを何度もしたので、ふくらはぎが張りました。

痛くて痛くて、ではない。

下腿外側面に張りがあります。

押圧すると痛みを感じる。

腓骨筋を緩めます。

足底部も触ります。

足部のアーチとも関係するためです。

作業時は長靴を履いていたようです。

長靴は濡れなくて、スッと履けて便利ですよね。

ただ足のことを考えるとどうでしょう?

足に良さそうですか?

そういう見方をして下さい。

便利さと良さげは違う。

何かを得て何かを失う。

失うことの方が大きくならないようにしましょう。

安全靴と考え方は似てますね。

何を優先させるか。

履き始めには気付かないので、そのまま便利さを優先して履きます。

痛くなっても長靴のせいだとは思わない。

思ったとしても便利さを優先する。

痛みの我慢をしていたら日にち薬かなと思ったり湿布を貼るしかない・・・。

なんて考え方が多いです。

日にちが経過しても、湿布を貼っても変化がない。

変化がないどころかどんどん痛みは増す。

そういった状態で相談こられることが多いです。

自覚をするかしないか。

自分の体にフォーカスするかです。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎが痛いと走れない?

ふくらはぎの痛み

サッカースクールでダッシュメニューを走っていた時はピキッときたわけではない。

走り終えた後からふくらはぎに痛みがあった。

そのまま他の足を使うメニューは不可だった。

試合があったが出場せずに応援に回った。

走れない。

歩ける。

押すと痛い。

硬い。

という状態でした。

元々のケガをかばうような動きをしていたことから起きたケガと見えます。

患部に対しては鎮痛がメインの治療をします。

硬さのある部位を柔らかくしていきます。

炎症が起きているのを鎮める刺激を入れます。

熱には熱で。

お灸が相性良いです。

鍼も効果的ですが、本人があまり好きじゃない、と言う。

刺された後の感触が好きじゃない。

刺された感が残って、筋肉が動く度に痛む。

肉離れのような感じになるようです。

筋肉には鍼により小さな傷がついてます。

傷は修復されます。

自然治癒力が働くためです。

それらの反応としては若さからか、反応が抜群に良いです。

刺された感がいやだとは言え、翌朝にはスッキリ消失しています。

流石若い!

何目的で何を行うか。

そういう説明をしながら行うと納得して受けられるため効果も高いです。

痛みなくプレーするために何が必要か。

痛みが下がるだけで良いなら休んでたらええやん、となります。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむら返り

こむら返り

突然、ふくらはぎに激痛が走る、こむらがえり。

痛みに襲われたことありますよね?

運動中や就寝中に起きやすく、あまりの痛みで動けなくなってしまいます。

こむらがえりは、なぜ起こるのでしょうか。

こむらがえりは、主にふくらはぎの筋肉が異常に収縮して、痙攣(けいれん)を起こすことで起こります。

ちなみに、こむらがえりの「こむら」はふくらはぎのことを指します。

方言で地域によっては「コブラ」という事もあります。

その名の通り、ふくらはぎに多く起こりますが、痙攣は体のどこにでも発生します。

運動中や就寝中に発症することが多く、妊娠中や加齢によっても起きやすくなります。

こむらがえりを起こすと、強い痛みを伴いますが、ほとんどの場合は数分間でおさまります。

ふくらはぎなどの筋肉は過剰に伸びたり、収縮したりすると、無理な動きによって痛めてしまいます。

さまざまな原因が考えられます。

最も大きな原因といえるのが、ミネラルバランスの乱れです。

カルシウムとカリウムは、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがあります。

ミネラルバランスの乱れのほか、運動中や就寝中の発汗による脱水、冷えなどの血行不良も原因になります。

また、加齢によってもこむらがえりが起こりやすくなります。

ここ最近の気候では梅雨で湿度が高いのと、朝夕が冷えていますね。

こういった気候の時も起こりやすくなります。

ミネラルバランスの補給、温める、水分補給などが対策ではありますが、お灸がオススメです。

オススメのツボがあるのでご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

こむらがえり

突然、ふくらはぎに激痛が走る、こむらがえり。

運動中や就寝中に起きやすく、あまりの痛みで動けなくなってしまいます。

こむらがえりは、なぜ起こるのでしょうか。

原因から予防対策、治療法までお伝えします。

こむらがえりは、主にふくらはぎの筋肉が異常に収縮して、痙攣(けいれん)を起こすことで起こります。

ちなみに、こむらがえりの「こむら」はふくらはぎのことを指します。

その名の通り、ふくらはぎに多く起こりますが、体のどこにでも発生します。

運動中や就寝中に発症することが多く、妊娠中や加齢によっても起きやすくなります。

こむらがえりを起こすと、強い痛みを伴いますが、ほとんどの場合は数分間でおさまります。

ふくらはぎなどの筋肉は過剰に伸びたり、収縮したりすると、無理な動きによって痛めてしまいます。

さまざまな原因が考えられます。

最も大きな原因といえるのが、ミネラルバランスの乱れです。

カルシウムとカリウムは、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがあります。

ミネラルバランスの乱れのほか、運動中や就寝中の発汗による脱水、冷えなどの血行不良も原因になります。

また、加齢によってもこむらがえりが起こりやすくなります。

ここ最近の気候では梅雨で湿度が高いのと、朝夕が冷えていますね。

こういった気候の時も起こりやすくなります。

ミネラルバランスの補給、温める、水分補給などが対策ではありますが、お灸がオススメです。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ふくらはぎの痛み

ふくらはぎの痛み

膝裏に痛みが出た

後外側に痛みが出た

前外側に痛みが出た

正座で痛む

歩くと痛む

階段で痛む

仕事で安全靴を履く。

以前は仕事後の痛みだったが、仕事中も痛みが出てきたので困っている。

それもこれも安全靴のせい?

それ以外で工夫は出来ないのか??

爪先の向き、どこから着地させていくのか、細かくは言わなくてもポイントをおさえて修正してもらいます。

安全靴履く?履かない?

→履く

履かないならどんな歩き方でもよい?

→よくない

安全靴を履こうが、履かまいが歩き方の修正は必要だということ。

ただ、靴のせいで歩き方も崩れたということに自覚がないこと。

そこに気付いてもらい、修正していきます。

意識をどこに向けるか、により身体は変化します。

その変化を感じてもらうためには、ある程度敏感になってもらいます。

ただ痛みや不安が強いと過敏になる傾向があります。

そんな時は適度な鈍感力も必要です。

注視し過ぎない。

そういった調整力も長い目で自分自身の身体と付き合うには身に付けていけるといいですね。

泰然では手技、鍼灸、体操を行います。

その手技だけで治った!というわけではありません。

トータルで調整するから変化を感じていただけてます。

もちろん、手技や鍼灸を施すことで痛みが減った!楽になった!という感想もいただいております。

ご相談は、お早めに!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬