歯が浮く

歯が浮く

そんな時はどうしますか?

泰然では鍼灸と手技をします。

首、頭に対してアプローチします。

頭にもツボがあります。

筋肉もあります。

皮膚と髪の毛の下には骨しかないように思われてますが、筋肉もあります。

その筋肉は薄くて硬くなっています。

その筋肉に対してソフトタッチな手技を行います。

そうすることで、筋肉がスーッと緩みます。

その緩みを活かして治療していきます。

頭を支える首とも関係します。

首の筋肉の硬さに対しても手技を行います。

首の筋肉も一つではありません。

それぞれの役割があるため、それらの役割が活かせられる環境を作ります。

手技の相性が良いですね。

施術後はだるさが出ましたがそれが消える頃にスーッと痛みもコリも歯が浮く感じも消失していました。

ビフォーアフターの違いがはっきり出たので喜ばれました。

体は平常運転を求めています。

どこかに異常があり、それを騙し騙し過ごしても勝手に平常運転にはなりません。

「放っておいたけどあかんかった」

「よくなるかと思っていたけど」

なんて声がよく聞かれます。

直ぐにご相談ください。

そのほうが早くよくなります。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

鍼灸好きになるには

泰然ではしっかり目に鍼をします。

鍼灸を受けるのが好きな人は最高の時間です。

鍼の必要な箇所に必要な本数の刺激を入れます。

自己治癒力にスイッチを入れるために行います。

痛みがありなかなか治らないと困っている方はこのスイッチが入っていない、もしくは入っても直ぐに治癒に過程を進まなく中断してしまっているようです。

痛みが出て直ぐに治療を勧めるのはこの治癒過程を進めていきやすいためです。

長く痛みが出る状態は治療をしていても直ぐに変化が出ないため不安になります。

そんな状態に陥っている時こそ「治療して一発で治った!」というような魔法を求められることが多いです。

痛みが出ている部位、その周辺、その関連性のある部位にはコリが溜まっていることがあります。

硬結部位は圧痛があり、ぶよぶよしているところやカチカチになっていたりします。

手で押圧することでそのコリをほぐしていきます。

手の刺激にプラスして鍼灸の刺激を行います。

この組み合わせによりコリが解消されていきます。

コリの蓄積度合いにより変化を直ぐに感じることもあります。

層になったコリがまだ残っていることがあるため、二度目三度目の治療計画が必要です。

短期計画ではここまでの変化、長期計画ではここまでの変化が出ることをお伝えします。

痛みがスッと下がったから治療がおしまいではありません。

根本改善をするために治療が必要です。

初診時と二度目三度目と治療内容が変わることがあります。

それは身体の状態が変わるため、その時に必要な刺激も変わるからです。

いつ行っても同じ治療、いつ行っても多数のうちの一人として流れ作業のような回転性の治療院でしか経験のない方には驚かれます。

選択肢があるため選択する。

手技がメインで鍼灸を組み合わせますが、体操を足すこともあればテクニカ・ガビランをすることもあります。

鍼灸の刺激を加える部位もその時によって変わります。

これを機に鍼好きになってもらえたら幸いです。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

全身の関連性

腰の痛みは慢性的な痛みでずっとある。

長い付き合いなので慣れた。

膝の痛みはグニュっと感があったが、治療により軽減した。

少し運動をしていて、その運動強度が高くなると負担がかかっているようです。

膝や腰だけではなく、首周囲にも負担がかかり筋肉の過緊張が見られます。

過緊張の自覚はコリ感として出ています。

コリがあるので動かした方がいいのかと回してみたり、ストレッチしてみたりした。

それでもスッキリし切らない。

手技や鍼灸の相性が良く、施術後はスッキリします。

鍼の刺激が好きなケースは稀です。

全体で20%くらいでしょうか?

好きでもない、嫌いでもない、効果があるから受けるのは60%くらい。

大嫌い20%・・・。

と言われています。

痛いから?

怖いから?

ズーンと響くのが気色悪い?

入った刺激に対しての感覚は人それぞれなので、仕方がありません。

嫌いな人は何があっても嫌いなので、効果を感じてもらい嫌やけど鍼するわ、というスタンスでお付き合いいただきます。

好きでも嫌いでもない方に効果を感じてもらうことで、嫌いにならないでいてもらうよう努めます。

好きな方はドンドン鍼をします。

喜んでいただけます。

機械では出せない、手のマッサージとも一味違う、そんな魅力をお伝えしていけたらと思い一鍼入魂しております。

関連性を診て必要な治療を行います。

部分治療ばかり受けて来られた方は一度体験してみてください。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

寝つきが悪く眠りも浅い

眠りが浅い、寝つきが悪い

暑さのせいにしたり、疲れのせいにしたりしていませんか?

精神的な不安などの蓄積もあるでしょう。

背中にはそれらの反応が出ると言われています。

胸椎の際、肩甲骨と肩甲骨の間に反応点があります。

肩コリの方が「けんびき」が凝ってる、「けんびき」揉んで欲しい、と言うのもこの部分です。

筋肉でいうと菱形筋(りょうけいきん)のある辺りです。

香川県では肩コリ、頭痛、歯痛、口内炎、風邪などを「けんびき」と言うそうです。

背中の硬さと自律神経系の関連もあります。

自律神経系の不安定も考えられます。

オンとオフの切り替えが上手くいかなくてエラーが起きています。

エラーが起きた場合は修正が必要です。

背中に手技と鍼灸で刺激を入れます。

筋肉の硬さを緩めて必要な働きを取り戻します。

自律神経は環境の変化を受けます。

それがそのまま背中に反応している。

その背中を押圧されて適刺激ならば気持ち良くリラックスされてスイッチの切り替えも行いやすくなります。

背中がカチコチで寝転がると床面と接している部分が喧嘩するので寝つきが悪くなります。

悩みを解決するには鍼灸との組み合わせも有効です。

鍼灸によって人が本来持っている自然治癒力を取り戻し強化していきます。

人が治ろうとする働きを助けるのが鍼灸です。

また鍼灸は健康法・予防法に優れた力を持っています。

痛みが強くなった時の治療選択として鍼灸がありますが、メンテナンスの役割としてもあります。

根本治療はその先にあります。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

桜もこの雨降りで散りますね

雨降り

雨が降ると調子が悪い方いますよね。

雨が降る前に気圧が変化して調子が悪くなることがあります。

本当に雨だけの影響でしょうか?

それ以外も何か要因があるのではないでしょうか?

雨のせいにしたいだけってこともありますよね。

何かのせいにすると楽になります。

雨降りも1つの要因なだけで、「それだけ」とは限らない。

体は恒常性ホメオスタシスといって、体内環境を一定に保とうとする性質があります。

「生物の体内環境(内部環境)を一定に保とうとする性質」というと難しく感じるような気がしますが、この性質は私たちが日常生活を送る上で当たり前に存在しています。

どんな身体の変化にホメオスタシスをみることができるのか、例をいくつか挙げてみましょう。

・気温が高くなる→たくさん汗をかく→体温を下げようとする

・気温が低くなる→体が震える→体温を上げようとする

・食事をとる→血糖値が上がる→血糖値を下げるホルモンが出る

・病原菌が体内に侵入する→病原菌を倒すための白血球が集まってくる→病原菌撃退

これらはみな、生命機能を維持するために必要不可欠な体の変化です。

気温や湿度などの体外環境の変化や、病原菌などの体内への侵入が生じた時、体内が安定な状態を維持できるようにはたらくシステムがあることこそがホメオスタシスだといえるでしょう。

ホメオスタシスは大きく分けて3つのシステムで支えられています。

そのシステムとは、「自律神経系」「内分泌系」「免疫系」の3つです。

それぞれについてはまた次回にでも説明しますね。

これらのシステムが正常に働いているかが今この環境下では重要だと考えます。

自粛だけが解決ではない!と何度もお伝えしてるのがこのためです。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

右腰が痛む

腰の痛み

右腰の下部が痛む。

仕事で介助中抱え込むような時に負担がかかっている。

腰の下部の筋肉は体を支えるために働くのがメインとなります。

支柱のような働きなので、前屈みで耐えるようにしていたら負担がかかります。

抱え込むような動作時は自分の体の重み、それだけではなく利用者さんの体重もかかってきます。

重くなった分負担も増します。

増した負担と自力の筋力のどちらが勝るのかによります。

負担が勝った場合、腰に痛みが出やすいですね。

1度の負担が小さくても何度も繰り返すことでその許容量を超えてしまうと痛みとして出てきます。

その出してくれた警告も注意報なのか、警報レベルなのかでも治療が違ってきます。

痛み出して直ぐに治療すると割と早く軽快していきます。

治っていく治癒曲線もスムーズです。

泰然では手技がメインです。

鍼灸の組み合わせで更に効果を高めます。

ご相談はお早めに!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

狭窄症と診断された

狭窄症の診断を受けた

脊柱管狭窄症と言われた。

以前から歩いたら歩けなくなり、少し休んだらまた歩ける。

という症状があったが、息が上がるからだと思っていた。

これが狭窄症の特徴だとは気付かないまま過ごしていた。

急に動けなくなり、病院に行った。

MRIではそこまで酷くない、と言われた。

ただ動けないくらい、臀部と大腿部後面が痛む。

ジーンとしたままで辛い。

立てないから歩けない。

移動は室内ではハイハイしたまま、屋外では車椅子。

車椅子に移乗するのも一苦労。

トイレで用を足すのも一苦労。

横になればマシなので、何とか睡眠は摂れている。

痛み止めを服用するもジーンとしたのは変化なし。

1週間苦しんだ。

親戚で同じ様な症状出てた方が泰然で良くなった、言われないと同じ症状が出てたとは気付かないくらいだった。

それに驚いて、紹介してもらい来院。

年齢も違えば、性別も違う、筋肉の状態も違えば、生活背景も違う、色々な環境が違うので症状が出た経緯も違うことは分かっている。

それでいて同じ様に治る過程ももちろん違うのも承知で来院されました。

少しでも早く改善させたい、病院では、1ヶ月入院したら?と言われた。

入院して改善するのか不安だったので、選択肢として施術してもらえるところを選んだ。

ご紹介ありがとうございます。

不安な時にどうするか?

そんな時に選んでいただけるようこれからも精進します。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腕と手が痛む

腕と手が痛む

1年くらい前からずっと痛くて困っている。

張ってる感じが常にあり、仕事で手を使うし重い物を持つ。

力が入りにくいこともある。

病院には行ったことなくて、リラクゼーションのマッサージは何度か行った。

その時だけ気持ち良くて、また戻る。

根本改善したくて検索した。

職場の後輩が耳にしたことある、「泰然はええらしいよ」という言葉で、来院。

ありがとうございます。

オーバーユースですね。

スマホでゲームもするとのこと。

筋肉の緊張が強く、かばって動かしている。

首、背中、胸部、腕、手の緊張を緩和させていきます。

同時に使い易くなったら、癖を修正させます。

身体の使い方に気を配り、意識させます。

その繰り返しによって、痛みが出にくい身体にしていきます。

仕事の内容は変えられない、一定量使う事は決まっている。

その部分以外で変えられるところを変えていきます。

既往歴に五十肩になってたり、胸郭出口症候群になっていたりしていました。

今すぐに症状出ていなくて、蓋をしているだけで、また悪さをするかもしれません。

既往歴とも関与した部位の施術も計画に入れます。

部分的な治療だけでなく、繋がりを持った治療をしていきます。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

付け根の痛み

脚の付け根の痛み

座っていて、立ち上がる時に一歩目が痛む。

力を入れると痛くて力が入らない。

荷重バランスも崩れてます。

歩きにくい。

歩行リズムもバラバラ。

そんな状態で過ごすので、他もあちこち負担が積み重なっています。

大きな痛みには順位があり、1番から順番に痛みを主張します。

1つが良くなれば次、というように控えてます。

泰然では一部分だけの治療というよりは全身をしっかり捉えて判断材料として治療しています。

どういった時にどのような痛みが出ているのか、詳しく聞きます。

痛みの共有をしたいのです。

共有することで、状態の把握がしやすくなるためです。

状態や痛みの要因を材料として、最善の治療を選択します。

痛みを下げるのに付け根だけではなく、ふくらはぎや足の指を触ることもあります。

関連していることに自覚していない患者様は驚かれます。

「え、そんなところも関係あるの?わ、ほんまや、痛いわ!」

というように。

カラダのsosは色んなところから出ています。

それに耳を傾けて、治療出来るかどうかですね。

来ていただくと体の評価をします。

現状これだけ悪いですよ、とお伝えし、分かっていただいているはずなのに・・・継続した治療計画を立てたくてなかなか難しい場合もあります。

「また今度でええわ」と言われてしまうと・・・重症化していくイメージしか湧かないですね。

もっと痛くなって来られることに。

ご自愛ください。

 

年内最終は30日です。

ご予約が埋まりつつあります。

治療計画を早めに立てましょう。

年内の困りごとは年内にやっつけましょう!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝が痛い

膝の痛みがメイン。

膝がグニュグニュする。

緩んでいる感じがして困っている。

ランニングをしたり、運動はしていた。

少しダッシュをした。

それから変な感じがする。

鍼灸の相性が良く、膝を中心に治療。

膝の腫れも引いて軽くなってきた。

関節が緩く支持バランスを取るのはコツがいります。

筋力の強さでカバーする。

その筋肉に疲労が溜まってくると不具合が起きてきます。

殿部の筋肉は疲労が蓄積し、かなり硬くなっていました。

その硬さは腰とも関連していて、聞くと長年腰痛に悩んでいる。

付き合いが長過ぎて、痛いのが普通に・・・

危険な信号ですね。

黄色信号が出ているのに無視しているようなものです。

痛みは体から出る合図です。

その合図をしっかり聞いて答えます。

腰と殿部の治療をしていくことで、膝とのバランスも整います。

どれも一度の治療で行うわけではなく、回数を重ねていくことで計画性のある治療が進められます。

手技と鍼灸の組み合わせは無数にあります。

どう組み合わせるか、体から得られる情報と問診で聞けた情報で判断していきます。

「はりの刺激が好き」

「はりでどんどん良くなっていくのが分かって嬉しい」

「はりにも色んなやり方があるのですね。今まで受けたのとは違う」

こんな感想が聞けました。

はりが苦手な方もいます。

そんな方にも治るために必要なことを分かってもらえるよう説明はします。

ご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬