背中が痛む

背中が痛む。

仕事で重い荷物を持ち上げて運んだ。

持ち上げているときはそんなに痛みを感じていなかった。

終わってから他の動きの最中に背中に痛みを感じるようになった。

肩甲骨の内側で、脊柱との間にある筋肉を痛めていました。

菱形筋は肩甲骨の内転の作用の他に、挙上、下方回旋の作用があります。

荷物を持ち上げる時に荷物の重さが重いと外転方向に引っ張られるとも考えます。

グッと引き寄せるために働かせた時に負担がかかったと思われます。

筋肉の張りと硬さがあります。

張り感は日常のコリの蓄積もあります。

スマホやパソコンを触る時間があると、頭の重みで背中は丸くなり猫背になっていることが多いです。

肩も前に出て巻いたようにも見えます。

背中の筋肉としては、良い環境で動かせるのが理想ですが、悪環境で筋肉の作用を働かせるとそのしわ寄せが出ます。

今回の痛みはそのしわ寄せの分です。

手技がメインですが、テクニカ・ガビランの相性が良いです。

筋肉の張り感を抑えて、動きを滑らかにします。

受け手の反応も良く好評です。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肘の痛み

肘の痛み

腕を使い過ぎて皮脂が痛む。

ずっと前から痛くて、最初の頃は痛くても湿布を貼ったらマシになっていた。

貼らなくなって、使っていたらまた痛くなった。

痛くなったら湿布を貼る。

それを繰り返していたら湿布を毎晩貼ってもマシにならない。

痛みがずっと続くようになった。

家事を毎日するため休めることは不可能。

痛みが出ても家事を代わってもらえない。

1人で暮らしているとそうなりますよね。

誰かがしてくれるなら休めることもありますが。

自分だけなので何とか痛みが出ても休むことなく過ごすしかない。

そういう危機感があるため、キチンと治療を受けたいという思いで来院されました。

慰安目的のマッサージではその場しのぎかなと思う。

薬は?

注射は?

接骨院は?

鍼灸院は?

整体院は?

どこに行けばどういうやり方で治療してくれるのかは、よく分かっていない。

インターネットで調べられる限り調べて判断しました。

とのこと。

泰然では痛みの部位を限局して調べます。

ピンポイントで、ここ!となるような部位を特定します。

そこから考えられる関連付いた部位をチェックしていきます。

動かして痛みが出る時はその部位が関係しているため、その部位の治療も同時に行います。

ピンポイントでの痛みを解消させると安静時の痛みが下がります。

圧痛がある部位を含めて周囲は硬さが出ていることが多いです。

コリが蓄積している証です。

その蓄積したコリをどれだけ取り除けるかが治療のコツになります。

コリは手技をメインとして、テクニカ・ガビランや鍼灸と組み合わせて行います。

蓄積している量は少ない方が早く良くなりますし、治療効果も長持ちします。

これくらい大丈夫だろう、と放っておくよりも早めにご相談ください。

その方が早く良くなります。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

ガングリオン

ガングリオン

身体の異物のお話をします。

関節包や腱鞘から発生する(良性)嚢腫様病変であり、内腔にはゼリー情報の粘液を含んでいる。

手関節背側に多く見られるが、関節近傍の様々な部位に発生する。

好発:20~40歳代の女性

手関節部などに無痛性の腫瘤を触れる(ときに疼痛、圧痛がみられることがある)

穿刺で、無色透明なゼリー状の粘液を確認できる。

→ガングリオンと診断する。

疼痛などからガングリオンを疑われるが、腫瘤が小さく視診や触診では確認できない場合はMRIや超音波検査を行い、腫瘤の存在を確認する。

症状がない場合は経過観察

症状がある場合はまず保存療法を行い、再発を繰り返す場合は手術療法。

a、保存療法:穿刺し、内容物を吸引、排出する

b、手術療法:腫瘤の摘出を行う

それ自体は痛くないが、悪さをする場所にあるなら内容物を抜いて出すか、袋ごと手術で取ってしまいましょう。

という説明ですね。

小学生の頃に左手関節にガングリオンがありました。

野球のボールが当たって、腫れてるのかと思ってたらガングリオンでした!

それ自体の痛みは無かったのですが、まわりの組織との接触で痛みが出ることがありました。

痛みは長引くよりも、一瞬痛っとなって、直ぐにひく程度でした。

何度か病院で穿刺して、ゼリー状の内容物を取り除きました。

しばらくは悪さもなく過ごせてました。

20年が過ぎて、今度は反対の右手関節にできました。

仕事で手を使うからなのか、ゴルフでダフったからなのか?

ゴルフは年に4回から5回です。

その頻度でなるとも思えませんし…。

体の異物、要らないものを排出しようとしてしきれてないのでしょうか??

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

仕事中に右下腿外側が痛む

立ち仕事をしていて、右側に体重のかかる癖がある。

踵の外側に荷重癖

親指が浮いていて、地面を捉えられていない。

内側縦アーチ、横アーチが使えていない。

外側縦アーチに負荷がかかっている。

そんな立ち方で、何時間も仕事をしていたら負担も大きくなりますね。

普段履いている靴をチェックすると、踵の外側がすり減っている。

すり減り具合が大きいなら新しい靴に変えてください。

靴の状態も大事ですが、立ち方、歩き方、体重移動時の踵の動きに注目します。

踵の動きが外に倒れるようにして着地しているケースですね。

この場合、どこの筋肉を緩めるか、どこの筋肉を働かせるかで変わります。

手技や鍼灸、ガビランも用います。

ガビランの相性が良い場合が多いですね。

着地した際に、あ、いつもと違う!と実感してもらうこと。

これが正しい着地だと覚えこませることが重要になります。

ですが、それが難しい。

誘導するために、インソール作成もありますが、テーピングで体に覚えこませる方法もあります。

何度も何度も正しい情報を入力することで、体は覚えます。

その反復ができるかどうかで体の変化も差が出ます。

根気よく続けましょう。

 

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

テクニカ・ガビラン

ガビランの有効性はアキレス腱断裂手術後に感じられます。

縫合したこの皮膚や皮膚下の組織にかさぶたのような瘢痕化が起きます。

そんな硬さにアプローチとして、もちろんジェルなどの滑りをよくした物を使い手でマッサージも行います。

お灸の熱も有効です。

それぞれの良さとはまた違うのがガビランによる刺激です。

ステンレスの重みで皮膚下に刺激を与え、滑走性を出します。

独特の刺激のため、効果も分かりやすく出ます。

手術後の瘢痕化でお悩みの方はご相談ください。

諦めてませんか?

色素沈着や、皮膚の硬さに対してもアプローチ可能です。

そうすることで皮膚の動きが出た効果を他の部位でも感じられます。

皮膚は一枚もので繋がっているイメージと、繋ぎ目があるイメージを持ってください。

服でも引っ張られたら動きを妨げられます。

その感覚をいかに解いてあげられるかが、ガビランでは可能です。

機械ではない手技の延長で行いますので、ご相談ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

 

アキレス腱断裂食事中の方は閲覧注意

アキレス腱の断裂部の写真です。

ふくらはぎの方まで断裂部が来てたみたいで掻き出すように出したところだそうです。

縫合後の様子。

切れた時に痛みがないのは有名ですが、この手術写真を見たら後が大変そうなのは一目瞭然ですね!

皮膚の断面部、筋肉層の断面部・・・

切れたのと切られたのとで断面部は違うでしょうが、瘢痕化するでしょうね。

瘢痕化=かさぶたです。

皮膚の表面部はかさぶたが分かりやすいですが、皮膚の下でもかさぶたはできています。

このかさぶたが邪魔をするので滑走性が下がり、筋肉を動かす際に邪魔をします。

皮膚が盛り上がるような感じに見えます。

皮膚は突っ張り、皺が偏り、柔らかくもなく、硬さがあり、関節の動きを妨げています。

泰然での治療はこの硬さを取るためのアプローチをします。

鍼灸とテクニカ・ガビランを組み合わせます。

運動療法も行い、体の動きに合わせた負荷を与えます。

適した刺激を与えることで体は変化をします。

この中からの変化を出すために刺激があり、中から変わることで自分のものになります。

 

ケガのリハビリ、手術後のリハビリでお困りの方はご相談ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

アキレス腱断裂

まずは左のアキレス腱を断裂。

手術後のリハビリに来られていました。

次に・・・

・・

右のアキレス腱を断裂しました!!

衝撃です。

よく両側なるとは聞きますが、本当になるとは!

辛いですよね。

アキレス腱は断裂した瞬間は痛くないんです。

不思議でしょう。

この傷口を見れば痛そうですが。

傷口は手術痕なので痛いです。

リハビリも痛くて辛いです。

断裂した時の痛みがないのが特徴。

そして歩けるのも特徴です。

意外でしょう?

アキレス腱はふくらはぎの筋肉とくっついています。

踵〜アキレス腱〜の延長がふくらはぎ。

ふくらはぎの延長がアキレス腱〜踵のイメージですね。

アキレス腱が断裂するとふくらはぎは収縮出来ないのですが、足底の筋力が働くことで何とか立てて歩けます。

爪先立ちは不可。

わかりやすい特徴です。

手術後がまた大変でして、断裂部位は足首の動きに関係するため歩行に対しての困難さがあります。

先ほどは歩けると言うてたのに・・・。

きちんとした歩容が取れないので、他の部位(特に腰痛でやすい)に影響が次々と出ます。

このリハビリメニューに根気よく付き合っていただいております。

手技:特別メニュー

はり:患部➕全身メニュー

きゅう:患部と関連部位

ガビラン:瘢痕組織重点

運動:可能な部位へ意識づけ

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

 

テクニカ・ガビラン

テクニカ・ガビランといって道具を使った施術を案内します。

「ガビラン」や「ガビちゃん」と呼んでおり愛されキャラです。

金属は最高級ステンレスでできており、メスとかと同じような素材で作られています。

金属自体の重みで擦るようにして使うため、施術する側も施術される側も痛みがなく、負担が少なくい手法です。

皮膚と皮膚の下の組織に働きかけるため、使用時はジェルを付けて行います。

このジェルに何か秘密が?

何塗ってるの?

スーッとするの?

と聞かれますが、ほぼ水の成分のただのジェルです。

滑りやすくするためのモノですので、薬効成分などは求めていません。

皮膚の下で動きの悪い部分は目には見えてませんが、このガビランで擦ると赤みが出て、見えるようになります。

その赤い部分が動きを妨げているため、患部周辺を動かしながらガビランを擦るようにすると動きの少なかった部位が少しずつ動くようになります。

この動きが出てくると痛みも軽減し、楽に動かせるようになります。

ゴリゴリするわけでもなく、滑走性を高めるのが目的です。

目的に応じた刺激をこのガビランで与えます。

動かし方もいくつもあり、色んな部位にも対応するので万能ツールです。

痛みでお困りの方はご相談ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

肩の痛みと治療法

肩関節の治療法はいくつもありますが、そのうちの一つガビランについてです。

テクニカ・ガビランは皮膚下の組織の滑走性を高めるツールです。

この道具は高級ステンレス製です。

メスとかに使われる素材と同じです。

この素材は熱にも強く、熱消毒やアルコール消毒にも強いため手入れもしやすくなっています。

ジェルの滑りとステンレスの道具の滑りを活かします。

ステンレスの重みと、それぞれのカーブやエッジによりどの幹部にも合わせられるようになります。

皮膚や筋肉の盛り上がり、柔らかさや硬さ、乾燥や湿気、痛みとの関連性を見極めます。

安静時に痛むのか、動作時に痛むのか。

動作時ならどの動きのどのタイミングでどこに痛みが出るのか。

その時の観察力が重要です。

見落とさない!

見逃さない!

気付きを大切に!しています。

患者様の訴える痛みは本当に辛いものです。

ただ、痛いという手で押さえてもらう部位と悪さをしている悪の根源の部位は違うことが多いです。

痛いから悪い、とは限りません。

その痛みを取るために、どこに治療するか絞り込みます。

治療法と選択する部位によっての効果も違いますので、その効果の組み合わせを狙います。

打ち消し合ったり、相乗したり。

体の変化を見ながら治療を進めて行くのでご安心ください。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

腕や手を酷使したら

痛みが強く握ったり力を入れたりすることが困難になりました。

病院で診察後ギプス固定で一週間安静にして、だいぶマシになったものの、仕事で使えないのも困るのでギプス除去。

まだ痛みが残っているためサポーター着用して仕事をしている。

肘〜前腕〜手にかけての動きで使う筋腱に負担が強くかかっており腫れも引いたとはいえまだ残存する。

圧痛、動作痛も残存しているのでテクニカ・ガビランを施しました。

ジェルを塗り、ステンレス製の道具で擦ります。

角度を変えたり、患者さんの腕や手首を動かしてみたり、グーパーしてみたり・・・

すると、痛みも下がり喜んでおられました。

もっと早く来たら良かった、と。

初期対応でギプス固定をして安静時期をきちんと取ったことがこう判断でしたね。

それプラスの施術であるテクニカ・ガビランやお灸の相性が良く、さらに良い変化が出たのです。

治療はもみほぐすだけではありません。

電気だけでもありません。

鍼灸だけでもありません。

ガビランだけでもありません。

色々な手法があり、組み合わせることで効果が二倍にも三倍にもあります。

それが泰然で得られる変化です。

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬