顎の痛み

顎の痛み

右顎が痛む。

噛み合わせに問題があり、以前からマウスピースを装着して睡眠している。

寝ている間に歯を食いしばることがあり、それが負担になっている。

何にストレスを感じているのか?

ストレッサーをやっつける方が早いのか?

体からアプローチするのが早いのか?

今回はカラダからアプローチします。

噛み合わせの問題点ももちろんですが、首と顎関節のチェックをします。

首に硬結があり、動きの邪魔をしていました。

この硬結を除去するような手技をします。

首の動きの連動を取り戻すように手助けをします。

そうすると、首だけではない部分の問題点が浮き彫りになるので、その部分もアプローチします。

身体の連動性を高めて動くようになってくると、顎の動きも良くなります。

首にかかっていた負担が大きいと1度で取り除くのは難しいですが、取り除けると自覚症状も大きく感じられます。

ただ顎って片方だけではないですので…反対側にも問題点があることが多いですね。

しばらくすると左も…となります。

全体の動きやバランスは知らない間に微調整しております。

その調整器官がくるっているとなかなから修正出来ません。

自分で戻ろうとする力も大切です。

大きな変化をいきなり加えるよりも、小さな変化、え?これで?というような変化でカラダは変わっていきます。

そのお手伝いをしております。

ご相談は泰然に!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬