安全靴の弊害

安全靴

足底に痛みが出た。

歩く度に痛む。

起床時、一歩目が痛む。

痛いけど歩けないわけではない。

だから普通に仕事はしている。

痛いけど…。

という程度なので、初期対応が大事です。

お灸が相性良いです。

足底に限局した圧痛があります。

足底筋膜に炎症が起きていると考えられます。

限局した部位にお灸を繰り返し行う方が効果があります。

1ヵ所に1壮据えるだけではなく、2壮、3壮と繰り返します。

足底に関係するのは下腿部の筋肉です。

後面部のイメージは湧くとは思いますが、前面部にも筋肉の緊張があります。

その前面部に鍼灸や手技を行うと足底の筋膜も緩和してきます。

そうすることで鎮痛効果、自己治癒力の手助けのスイッチを入れます。

足の調子と下腿部、大腿部、殿部、腰の筋緊張も確認すると硬い部分が見られます。

それらも一緒に施術します。

終わると体の変化を感じられます。

痛みの要因は安全靴のようです。

安全靴はしなりがないので、アーチ(土踏まず)に影響します。

安全靴を履かないという選択肢はないので、少しでも緊張緩和させられるようにメンテナンスしていきましょう。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

足底腱膜炎

足底腱膜炎

踵が痛い

足をつくと踵が痛い。

歩く度に痛い。

かばうように歩くため、歩容バランスが崩れてます。

誰が見ても足が痛いんだなぁと分かるくらい。

かと言ってどう対策するのかは分からない。

そんな時はどうする?

泰然にご相談ください。

解決策としては、手技、鍼灸の組み合わせです。

足底筋膜といって、足裏にある筋肉が膜のように張ってあります。

この筋肉がカチカチになっていることが多いです。

足の着地時に、踵が真っ直ぐ着けてなくて、外側や内側に傾いたままだと、地面からの衝撃を上手く吸収出来ません。

その衝撃はカラダのどこかに溜まります。

溜まった衝撃は負担となり、痛みとして訴えます。

ふくらはぎの硬さや、土踏まずのアーチ部分の硬さを緩和させます。

立ち方の修正、歩き方の修正も行います。

あぁ、こんな風に歩くんや!と驚かれます。

痛みのない過ごし方を習得してから帰っていただきます。

その場での痛みを軽減させることに全力を尽くします。

それプラス帰ってからの痛みを抑制させるところまでが泰然の役割です。

ぜひご相談ください。

 

2019年も多くの方にご来院いただき感謝しております。

2020年も何か困りごとがありましたら泰然をよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

年始は4日からやっております。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬