お尻の奥の方が痛む

お尻の奥の方が痛む

腰が痛くて困っている。

お尻の奥が痛くて困る。

横向きに寝ていて、痛い方の脚が上になって、角度によって痛む。

腰や殿部の筋肉を重点的に柔らかくしていきました。

すると腰や痛みはほとんど無くなりました。

それでもお尻の奥の方のは残りました。

そうなると股関節の前面部の可能性があります。

股関節の動きを他動的に確認します。

確認すると内旋外旋で痛みが出ていました。

股関節周囲筋の過緊張があるので、それを緩和させます。

手技を主に行います。

鍼灸を組み合わせることでさらに緊張緩和が得られます。

すると痛みがグッと下がります。

中高年女性となると股関節は変形していることも可能性が高いため、骨盤側と大腿骨側との関係性をチェックします。

凹凸の関係性です。

凹がガタガタなのか凸がガタガタに変形しているのか。

両方なのか。

その周辺の安定で働く靭帯の緊張状態はどうなのか。

靭帯がカチカチなのかゆるゆるなのか。

それらを加味してアプローチします。

大きな刺激が必要なのか、細かい刺激が必要なのか、両方なのか。

組み合わせて行います。

横向きで寝ても痛くないところで今回の施術は終了です。

体の動かし方を同時に行い、それを日常生活に活かしてもらうことで次回までの宿題とします。

今回の結果を活かす過ごし方ができた上で次の施術をするので結果が出ていきます。

短期の計画と長期の計画を立てて実行します。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

下肢全体の疲れ

下肢全体の疲れ

腰の手術をした。

それからか、疲れやすい。

引越しをしてきて、近所のことがわからないため色々歩いて回った。

そしたらそれから調子が悪い。

腰からきてると思う。

とのこと。

来院キッカケは近所だし一度行ってみては?

と、家族に言われたから。

引越してくる前も鍼灸は受けたことがある。

全く知らない土地なので、試しにと思っての来院。

腰の手術痕は大きく縦にあります。

筋力低下により、前傾姿勢から補助がないと歩き辛い。

散歩目的のために、わざわざコンビニに新聞を買いに行くようにしている。

動かないとどんどんダメになりそうで不安だし、このまま疲れが溜まったままも困る。

動きの確認をしてから触診しました。

筋肉が弱々しくなり、硬さもある。

この凝り固まった部分を緩和させる目的で手技を行います。

さらに血流を良くする目的で鍼灸を組み合わせます。

それプラス、お腹やお尻に力を入れる癖付けを行います。

そうすることで、体が軽くなったままを保持させやすくなるからです。

自覚として、体が軽くなり歩きやすくなり喜んで帰られました。

年齢的にも強い刺激を受けられません。

適切な刺激は弱いだけではありません。

背景と体の状態とを確認しながら行っていきます。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

中腰になり腰からお尻が痛む

中腰になり腰からお尻が痛む

車を乗り降りする時に脚が痛くて上がりにくい。

という相談を受けました。

新しく猫の家族が増えて、そのお世話をするため中腰になったりかがむことが増えた。

それが要因かと考えている。

元々腰痛があり、何年か前に泰然で治療したことで痛みが下がったのを覚えていたのでまた相談に来られました。

嬉しいですね。

猫は小さいです。

対象が小さいとかがむのは当然ですね。

それと軽いためヒョイっと扱っていることが問題ですね。

重いとヨイショとなります。

お腹に力を入れなきゃ!という意識になるのとならないのと差が出ます。

優先順位はあくまでも自分の体でいて欲しいため、お腹やお尻に力を入れるための意識づけも治療とセットです。

支持するために働く筋肉群に硬結がみられました。

筋肉が過緊張しているので、その部位へ手技を行います。

ただ揉むのではなく、押圧を加える強さ、方向などでもその後の変化が違います。

より効果的なものを選択して行います。

鍼灸を組み合わせることで更なる効果を望みます。

鍼灸の選択する経穴(ツボ)の部位でも違ってきます。

変化させたいのはどういう目的なのか、より良い選択をします。

施術後は歩きやすくなって喜ばれました。

その後の注意事項を伝え、次回までにしておいて欲しいことも同時に伝えます。

短期計画と長期計画です。

一回で!と思う方も多いですが、短期と長期計画を聞いた後だと納得してくださいます。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

大腿部の痛みは脚だけで良いのか?

大腿部後面、アキレス腱周辺の痛み

毎日散歩をしている。

1日1万歩を意識して歩くようにしている。

朝の伸びをした時にその日の調子が分かる。

伸びをしても下肢が伸びない感じがして突っ張りを感じる。

体操をしたり、軽く体を動かしていくと解れてきて、後が楽になる。

それが毎日の確認作業になる。

以前に腰を手術したことがある。

疲れが溜まったり無理をするとこたえる。

そんな状態で連日草引きをした。

すると痛みが増したのでご来院。

視診、触診で痛みの根源を探ります。

股関節周辺の硬さに絞り込み、施術します。

すると立った時の感覚の違いを感じてもらえました。

もう少し周辺の関連する筋肉群にも施術をし、鍼灸を組み合わせます。

それから仕上げは体操です。

体の積み具合が整った感じを感じてもらい、それを維持、保持させるための体の使い方のコツを掴んでから帰っていただきます。

お腹やお尻に力を入れるコツです。

日常生活で変えられる部分ですし、それが占める割合が大きいので是非マスターして下さい。

施術だけ受けるという受け身ではなく、自動的な意識を持っていると変われます。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長

藤原一馬

硬いイスに座った後が辛い

硬いイスに座った後が辛い

座っている時間が長いと痛くなる。

立ち上がって歩き出してもしばらく痛くて歩けない。

前屈みになったり、少し座ったり、しゃがんだりすると落ち着く。

落ち着いたら歩ける。

そんな状態の相談がありました。

殿部の筋肉に緊張が強いです。

その殿部は1つの筋肉ではないです。

その筋肉に対して手技、鍼灸を組み合わせて行います。

中殿筋に対してメインアプローチをします。

それに関連した部位も同時に刺激することで変化が出ます。

その変化は直ぐに出るもの、時間が経過してから出るものがあります。

自己治癒力はなかなか測れません。

どの程度のどの種類の刺激をすることで変化するのか、体から得られる情報から探ります。

この度はしっかりめの刺激を選択しました。

側臥位で鍼灸を行います。

殿部の鍼は少し長さが必要になるため、長さと太さのある物を使います。

長くなると細いと曲がってしまうため太さがある程度必要です。

太くて長い鍼を使う、と聞かされるとびびってしまいますが、刺されたら意外と何ともないのが鍼灸です。

殿部の筋肉をしっかり緩めて、あとは体操を行います。

正しく体が動くことを確認します。

日常生活にそれが落とし込めないと何度も痛みに悩まされるためです。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

殿部の痛み

殿部の痛み

長い距離が歩けなくて困っていました。

立ち上がりで痛む。

階段で痛む。

そんな状態が続いていましたが、自宅から歩いて来院が可能になりました。

動けるなら自力で動いた方が良いと判断し、いつもは送ってもらうところは本日は歩いて来られました。

歩くと普段車で通り抜ける道も風を感じ、お日様の温もりを感じ、木々の変化を感じられます。

季節を肌で目で鼻で耳で五感を使い感じられます。

これもヒトにとって大事にしたいことです。

脚の運びがいつもより軽くなり喜ばれました。

痛みのない生活がこんなにも楽なのか。

出不精なところもあるが、季節の変わり目を感じられる喜びもあるようです。

痛みを取るだけではないのが伝わると幸いです。

治療内容としては手技、鍼灸がメインになります。

その合間のおしゃべりの時間も大事なのです。

痛みとの向き合い方、付き合い方です。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

臀部から大腿部、下腿部、足底まで痛みとしびれが出る。

臀部から大腿部、下腿部、足底まで痛みとしびれが出る。

痛みの出ている要因は一つはヘルニア。

あとは筋肉の過緊張、血流障害、コリの蓄積などが考えられます。

冷えもあります。

この季節に冷え?

暑いのに??

暑いからエアコンかけますよね?

寝ている間に熱中症になると困るので、なるべく環境を整える意味でエアコンをかけます。

暑いときは冷たい飲み物を飲みますよね。

暑いときこそお白湯を飲むという、泰然に来られる方は飲んでいる方多いですね。

この度は歩き方にも問題があり、座れない、立てない、という状態でした。

施術後は歩きやすくなり、座ってご飯が食べられるようになった。

楽になった分、歩く練習を始めました。

歩いた分、疲れが出て、少し痛みも出ましたが治療を繰り返すことでどんどん良くなっていきます。

横になって寝ていた期間があった分動く体への切り替え期間も必要です。

必要な分をどう過ごすかで、今後の経過観察も変わります。

鍼灸の相性が良く、変化がよく出るので良好です。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝が腫れた

膝が腫れた

少しの段差も脚が上がらないくらい痛む。

膝が伸びきらない、曲げきれない。

外科で変形性膝関節症と診断されました。

注射で水を抜いている。

ヒアルロン酸は分からない・・・。

痛みが下がったが、まだ痛む。

自転車は乗れるので来院されました。

元々、歩容に問題点はありました。

膝も何度か痛みが上がったら治療して、良くなれば他の部位を優先して、というようなことを繰り返していた。

痛みの種類が今までと違って我慢出来ず、病院が近所なので直ぐに行ける方を選んだということ。

膝の腫れは落ち着いていて、動かしやすさは戻ってきつつあるが、まだ屈曲、伸展ともに制限がある。

立っていて、膝周囲にグッと力が入れられない。

カクンと抜けそうになる。

以前から歩容は腰が痛く前傾姿勢になり、大腿部前面を使い体を支えているような様子でした。

大腿部に疲労が蓄積し、筋肉が過緊張しています。

膝の変形も進行中ですし、過緊張に対して痛みを鎮めるように手技、鍼灸を組み合わせます。

痛みが軽減したらオッケーではなく、力が入れられるところまでが必要です。

足ー膝ー股関節の連動を意識させてながら、どう動かすと負担が軽減するか体で覚えてもらいます。

痛みの下がった状態はやりやすいのですが、気持ちが乗りません。

痛みがあるときは「絶対痛くなりたくない!なんでもする!」と、意気込むものです。

現実は喉元過ぎれば・・・ですね。

痛みが一度でも出るとその部位は弱点として、今後上手く付き合っていく必要があります。

上手く付き合えたら、辛い思いをしなくて済むと考えれば、取り組めそうですよね。

無理のない範囲で低いハードルのことから始めていきましょう。

無駄なこと、いらないこと、負担の大きいことをしていた場合は即刻中止です。

良かれと思ってやっていたこと、あかんとわかっていても続けていたこと。

これを機にやめましょう。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝がカクンとなりそう

膝がカクンとなりそう

腰が痛む。

最初に大腿部に違和感がありました。

それから、股関節、膝関節に痛みが出てきました。

その翌日に腰まで痛くなり来院されました。

痛みの要因を探ります。

探ると要因になるようなことがあれもこれも・・・沢山ありました。

それらを整理しつつ、これはこういう結果になりやすい、これはこうなりやすい、これらが合わさってこういう悪さをする。

そういった説明を分かりやすく行います。

専門用語はなるべく使いません。

使わない中で、共有するのは難しいです。

筋肉と言われても筋肉のイメージが共有されるとは限りません。

筋肉が層になっていて、筋肉と筋肉の溝になっている部分のイメージとか。

イメージを共有しやすいのは、ここが硬い、ここが痛い、柔らかくなった、痛くなくなった。

こういう部分です。

いかに分かりやすく治療するか、その結果を導くか、です。

手技をメインに行います。

その時に硬さの共有をします。

それから鍼灸を行います。

その時に響きを説明し、感じてもらいます。

このギューんと来る感じがどういう効果に繋がるかを共有します。

鍼灸の効果を説明だけ受けても??となります。

効果を感じてもらうことで!!となります。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

膝の痛み

膝の痛み

水は溜まってないけど抜かれてヒアルロン酸を注入した。

その後も痛みは続くので接骨院に。

湿布と電気治療を受けたけど良くならず。

泰然のことを知って来院。

なんか良さそう。

この感覚をそのまま初診後も継続して来られています。

膝単体では悪くないです。

変形はあるものの、痛みの要因は足関節、股関節との連動です。

足首が変形しており、着地が上手くいかない。

支える筋力も弱く左右に体を振りながら歩く。

足首は以前に捻挫しており、病院が嫌いで放置していた。

痛かったけど、日にち薬かなと思い放っていた。

気付いたら変形していた。

この変形は元の形に戻りません。

形を整えるために機能性を高めるために人工関節にするのならある程度は可能でしょうが。

泰然で出来ることは動きの出せる範囲を目一杯動かしていくことです。

動かさないと、どんどん動けなくなります。

動かせる範囲内を確保しておくこと。

少しでも歩行時に動かしやすくしておかないと、膝や股関節に影響します。

着地して、地面を捕らえて体重を支持して地面を蹴る、という一連の流れの中で妨げるものがあれば歩容に現れます。

邪魔しないようにスムーズに動かせるようにどの関節、どの筋肉にアプローチが必要か見極めて施術していきます。

筋肉の硬さが邪魔していることが多いですが、今回のケースでは関節の変形が強いため触り方に工夫が必要です。

関節の動きを邪魔しているもの、スムーズに動かせるキッカケを作るようにしていきます。

また動かせるコツを患者さん自身にも感じてもらうことも重要です。

腰以外でもご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬