膝の痛み

膝の痛み

水は溜まってないけど抜かれてヒアルロン酸を注入した。

その後も痛みは続くので接骨院に。

湿布と電気治療を受けたけど良くならず。

泰然のことを知って来院。

なんか良さそう。

この感覚をそのまま初診後も継続して来られています。

膝単体では悪くないです。

変形はあるものの、痛みの要因は足関節、股関節との連動です。

足首が変形しており、着地が上手くいかない。

支える筋力も弱く左右に体を振りながら歩く。

足首は以前に捻挫しており、病院が嫌いで放置していた。

痛かったけど、日にち薬かなと思い放っていた。

気付いたら変形していた。

この変形は元の形に戻りません。

形を整えるために機能性を高めるために人工関節にするのならある程度は可能でしょうが。

泰然で出来ることは動きの出せる範囲を目一杯動かしていくことです。

動かさないと、どんどん動けなくなります。

動かせる範囲内を確保しておくこと。

少しでも歩行時に動かしやすくしておかないと、膝や股関節に影響します。

着地して、地面を捕らえて体重を支持して地面を蹴る、という一連の流れの中で妨げるものがあれば歩容に現れます。

邪魔しないようにスムーズに動かせるようにどの関節、どの筋肉にアプローチが必要か見極めて施術していきます。

筋肉の硬さが邪魔していることが多いですが、今回のケースでは関節の変形が強いため触り方に工夫が必要です。

関節の動きを邪魔しているもの、スムーズに動かせるキッカケを作るようにしていきます。

また動かせるコツを患者さん自身にも感じてもらうことも重要です。

腰以外でもご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

坐骨神経痛?

昔から坐骨神経痛があった

ギックリ腰になると接骨院に通っていた。

物を拾おうとしてなったりしていた。

2年くらい前になって、通ったが治りきらなかった。

その後整体にも通った。

その時はスッキリした。

一人で生活していると動けなくなった時の不安が強くて心配になり来院。

以前から泰然の存在は知っていた。

メモに残していたのが名前と住所だけだったので、直接来院。

予約をして帰られました。

立って作業するのが怠くて怠くて出来なくなるのが辛い。

腰から殿部、下腿にかけて。

気怠さがずっとある。

足の裏は感覚が変になり、1枚紙が敷いてあるような感じがずっとする。

両膝は立つ時に痛む。

治療により、膝の痛みは直ぐに解消した。

気怠さは治療後何日間かは持つようになった。

足の裏は少し感覚異常の範囲が変わってきた。

足の裏全体だったのが、つま先に寄ってる。

変化していることに嬉しさがあり、継続中。

動けなくなる不安は常にあるため、元気に過ごすためにメンテナンスを怠らない姿勢です。

何に時間を割いているか、負担になる要素を排除し、好循環になる要素を増やす。

簡単なようで直ぐには上手く行かないこともあります。

ご相談はお早めに!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東海辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

付け根の痛み

脚の付け根の痛み

座っていて、立ち上がる時に一歩目が痛む。

力を入れると痛くて力が入らない。

荷重バランスも崩れてます。

歩きにくい。

歩行リズムもバラバラ。

そんな状態で過ごすので、他もあちこち負担が積み重なっています。

大きな痛みには順位があり、1番から順番に痛みを主張します。

1つが良くなれば次、というように控えてます。

泰然では一部分だけの治療というよりは全身をしっかり捉えて判断材料として治療しています。

どういった時にどのような痛みが出ているのか、詳しく聞きます。

痛みの共有をしたいのです。

共有することで、状態の把握がしやすくなるためです。

状態や痛みの要因を材料として、最善の治療を選択します。

痛みを下げるのに付け根だけではなく、ふくらはぎや足の指を触ることもあります。

関連していることに自覚していない患者様は驚かれます。

「え、そんなところも関係あるの?わ、ほんまや、痛いわ!」

というように。

カラダのsosは色んなところから出ています。

それに耳を傾けて、治療出来るかどうかですね。

来ていただくと体の評価をします。

現状これだけ悪いですよ、とお伝えし、分かっていただいているはずなのに・・・継続した治療計画を立てたくてなかなか難しい場合もあります。

「また今度でええわ」と言われてしまうと・・・重症化していくイメージしか湧かないですね。

もっと痛くなって来られることに。

ご自愛ください。

 

年内最終は30日です。

ご予約が埋まりつつあります。

治療計画を早めに立てましょう。

年内の困りごとは年内にやっつけましょう!

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

脚の痛みはどこから?

立ち上がる時に脚が痛む

立ち上がる時に、膝が伸びるときに右下腿部外側後面が痛む。

筋肉の緊張が強く、痛みを出しているようです。

その緊張はどこからきてるのかをチェックします。

足の裏?

踵の位置?角度?

足首?

膝?

股関節?

腰?

背中?

首?

頭の位置?

全体と部分と診る角度を変えて行います。

それで得られた情報を元に治療計画を伝えます。

カラダの評価と治療計画を納得いただけると、スムーズに結果も出ます。

なんでこんなところが痛いんやろ?

ここが悪いの?

使い方でこうなってるのか?

生まれつきなのか?

なぜそうなってるのか?

という評価がインターネットから得られた情報だけでは不安。

納得してない。

検索したときに似たようなことで悩んでいる人が書いてるブログを読んで、うんうん、とうなずき、やっていた対策を真似してみる。

……

そしたらどうなりました?

治りましたか?

 

それなのにインターネット上で出会った知らない人のコトバを鵜呑みにするのでしょうか??

人それぞれ、ですので同じような悩みを持っていても治癒過程は違います。

泰然ではそれぞれの症状、ヒトに合わせた治療を選択して行います。

ご相談ください。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬