ばね指

ばね指

その名の通りばねのような動きをする指のことです。

指を曲げた時に手のひらの中央くらいに腱の通り道でポコっと厚みを感じる場所があり、そこが引っかかり無理やり動かすため痛みを感じます。

その無理やり動かす時にバネのようになるため、ばね指と言われます。

ばね指になる指は過度に負荷がかかっていることが多いです。

例えばグリップを握るなど、物が直接当たるというストレスでも起こります。

腱にずっと圧がかかり、そのまま指の曲げ伸ばしがあると擦れるようなストレスになります。

それにより細い腱は負担がかかります。

腱の動きには筋肉が関与します。

そうなると、前腕の筋肉、辿ると首から診ることになります。

首、背中、肩、腕の動きの連動が上手くいっていないことがあります。

治療としては、患部はもちろん、その関連する部位も診ることで改善させていきます。

手技をメインとし、鍼灸で鎮痛、治癒促進を狙い体操で動き方の改善を同時に行います。

一度でもういいです、とはならないことが多いのは我慢して我慢して困ってるねん、というタイミングで来られるので仕方ないです。

コリの蓄積で起こるため、それを取り除くのにある程度治療回数が必要になります。

しっかり来られた方は改善しています。

お早めにご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA