ストレスとの向き合い方

ストレスとの向き合い方

ストレスは無くなることはない。

そういうスタンスで付き合っています。

大なり小なり、人によって受け止め方も違います。

元気なタイミングで受けるとそうでもないのに、疲れ切ったタイミングで受けると弾き返せずへにゃへにゃっと折れることもあります。

これらに対して、自己分析しておくと後で解決しやすくなります。

ストレッサーは何なのか、一時期のモノなのか、常に一定量あるモノなのか。

期限のあるモノ、例えば試験が7月31日にある!とか。

試験が終わるとホッとしますよね。

試験中ホッとしてたら、リラックスが強過ぎて眠くなるかもしれません。

どのタイミングか、が重要になる。

ホッとするために、ストレス解消法を自分で知っておく、発散法を知っておくことは今後に活きます。

中にはイライラする、忙しい時、ホッと一息でタバコを吸うという方もいます。

体に悪いことをしている、と自覚しているそうです。

ただ脳内麻薬が出て、気持ちがスッキリします。

その感覚がもう一度味わいたくて、何度も吸うことになります。

辞めようとする方の話も聞きます。

何度も辞めようとしたけど、辞められない。

1番美味しい!と思う瞬間を我慢出来たら辞められた、というケース。

体に悪いことをしている分、健康的な生活を送ろうとする。

ええことしてるから、プラスマイナスゼロやろー!

みたいな?

飲み物を気にしたり、食べ物をこだわったり、睡眠、運動、気にかけられるコトは全部する。

これだけやってるのに、なぜ喫煙?

一本吸ったら終わりじゃない?

と、言いたくなります(言ってます)

あえて逆行していることをするから、吸った時に余計に幸福感を得られる!という結論に至りました。

エビデンスはありません。

ストレスを回避する、向き合う、ぶつかる、抜く、色んな表現をします。

〇〇過ぎると良くない。

解消させるために遊び過ぎる、働き過ぎる、飲み過ぎる、食べ過ぎるとバランスを崩します。

ええくらいにいきましょう。

お灸の香り、熱が癒しに有効ですよ。

癒されにきてくださいね。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA