肩が痛む

肩が痛む

レントゲン、MRIで骨棘の疑いがあり、肩の腱板炎と言われました。

外側から上げる動作で痛みが出る。

痛みは表面よりも奥の方、中の方が痛む。

ズキっとした痛み。

上げ方によっては痛みが出ず、大丈夫かなと過ごしていたが、最近痛くて辛い。

肩は自由度が高く、どの関節よりもよく動く。

その分安定性が低い関節です。

関節の特徴から動きの改善が難しいことは伝わりますでしょうか。

どの筋肉がどの動きの段階で機能低下を起こしているのか、動作チェックと触診で見極めていきます。

首の筋肉が過緊張なのは何が原因なのか?

仕事での姿勢?

日常での姿勢?

頭はボウリングの球くらいの重さがあります。

その重い球をどこで支えてますか?

どの筋肉に負担をかけてますか?

肩が痛いのに首の筋肉?

関係あるんです!!

その筋肉がどれだけ動きの邪魔をしていたかは、緊張を緩めてあげると実感します。

動きの連動性を思い出させるような刺激を入れていくことで、正しい動きを取り戻します。

炎症を下げるには鍼灸が有効です。

筋肉の過緊張を緩めるのに鍼灸が有効です。

動きの連動性高めるには鍼灸が有効です。

手技と並行して行います。

ただ並んで、寝転がりマッサージして電気して、というのではありません。

カラダの困った悩み相談には泰然へ。

 

年内最終は30日です。

ご予約が埋まりつつあります。

治療計画を早めに立てましょう。

年内の困りごとは年内にやっつけましょう!

年始は4日からです。

 

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34 (ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA