背中の痛み

背中の痛み

運動をした後に痛みが出る。

筋肉痛のひどい版の痛みは湿布を貼ったら落ち着いてくる。

今回は痛みが続いたので来院。

肩甲骨と背骨の間に痛みが出ている。

腕を上げる動作や、起き上がる際の手をついた時に痛む。

背中が痛む時は、頚椎と胸椎の連動性をチェックします。

動けてないことが多いです。

痛みがあるから動けていないのか?

動けてないから痛みが出たのか?

見極める必要があります。

大きな痛みが出ないような身体にしていくには、根本改善をします。

胸椎の動きの特徴としては、回旋です。

後ろを振り向かせると分かります。

首だけで向こうとするのか、背中側からチェックしておきます。

日頃の癖なのか、今回だけなのか。

腕の上げ方も同じようにチェックします。

どの段階で痛みが出るのかで、どの筋肉に要因があるのか絞り込めます。

筋肉に指令を出す部分はどうなのか?

キチンと指令が出されているのか?

その疎外しているものは何なのか?

コリが邪魔していることが多いです。

そのコリに対しては手技がメインとして、鍼灸、ガビランを組み合わせて施術します。

痛みはその場で下がります。

その後、また痛みが出てくるでしょう。

ゴール設定をどこに置くかです。

短期と長期の計画を一緒に立てましょう。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です