腰や殿部、骨盤周囲の痛み

腰や殿部、骨盤周囲の痛み

寝ていて当たると痛む。

座っていても痛む。

そんな腰が痛む状態を動作チェックや触診などで確認します。

重さ、ズキズキする、ピリピリするなど痛みの共有をします。

重たいものを何度か運んだことで負担になった。

元々の負担の蓄積があり、最後の引き金になったのが物を運んだことです。

その元々の負担になることを解明させること、気づいてもらうことが重要です。

気づくと意外にあっさりしています。

「あ、こんなことがそうなんや」

「これも負担になっているんや」

思っても見ないことだったり、思っていたけどできていなかったりします。

そこに気づくためのキッカケにしてください。

気づいたら修正させるためのコツをお伝えします。

コツを掴むと後は実行するだけです。

筋肉にコリが蓄積し、硬さがある。

この硬さは取らないといけない。

放っておいても消失しません。

手技、鍼灸を組み合わせることで解消させます。

身体の正しい使い方をお伝えします。

基本となる動きを覚えてもらうために仰向けになります。

仰向けのままお腹に力を入れたり、お尻に力を入れたり、そのままどう動くかの体操を行います。

そうすることで日常生活にどうやって活かせられるか、身を以て知ってもらいます。

痛みが下がったのでよく寝られるようになり、体を休められることでさらに体が良くなります。

好循環になりました。

ご相談はお早めに。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です