殿部の痛みと足指のしびれ

殿部の痛み足指のしびれ

10日ほど前から辛くて困っている。

少々の痛みなら我慢できる。

我慢していたら痛みが下がるので気にしていなかった。

今回は我慢できなくて、座ってご飯も食べられない。

うつ伏せなら過ごせるので、ソファーでうつ伏せになったまま食事をしていた。

寝るまではどの体勢で居れば良いのか分からず、落ち着かない。

眠ってしまえば大丈夫。

ギックリ腰は10代の頃から何度もなっていた。

仕事で重い物を持ったり、無理な体勢で作業をすることもある。

長時間の運転もある。

すると症状は酷くなる。

泰然の存在を知って、タイミングが良いので直ぐに来院されました。

動きのチェックをします。

それから触診を行います。

殿部の筋肉に過緊張がみられました。

その殿部に対しては手技をメインに行います。

側臥位で行うとより良い角度で刺激が入るため、押圧する強弱や角度なども工夫して刺激します。

強ければ良いというものではありません。

効果的な刺激を入れることが大事です。

硬くなっていた筋肉が緩和されるとどうなるか?

渋滞していた循環が改善されます。

血流が改善されると治癒促進に繋がります。

要らないモノを流し、必要なモノを運んでくる。

そういった本来の役割を正常化させるために行います。

自然治癒力が仕事してくれると治っていきます。

その力が弱くなっているため、スイッチを無理矢理入れます。

放っておいて治らないのはそのためです。

楽になると治療計画通りにいかないものです。

一度楽になったからといって治ったわけではありません。

段階を経て変化が出ます。

その先の段階にいきましょう。

困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA