右首の痛み

右首の痛み

仕事中にグッと手に力を入れることがあった。

いつもは痛くなると困るので、その業務を避けている。

避けてはいるが、メンバーによっては避けられないこともある。

今回はそれでやった。

ここまで酷くなるとは思っていなくて、痛くて痛くて辛かった。

夜勤明けで当日連絡が来て、そのまま来院されました。

痛みを堪えながら過ごす時間は長く感じたようです。

大変でしたね。

仕事での負担が体のそこらじゅうに出ていて、今回の首はたまたま首からに出ただけです。

まだまだ潜んでいる部位があります。

それらを施術していきながら、整えながら過ごしています。

複数部位困ったところがあり、それぞれの状態は倒れる手前ギリギリです。

精神力で保てているような状態です。

そんな時に首に負担がかかり痛みの境界線を越えました。

容量の器に余裕がないまま過ごしているので仕方ないです。

その自覚もあったので、ある程度の頻度で通院されていました。

全身の調整もしつつ、その時のピークで痛い部位の鎮痛を狙う。

そのような状態でやれることを精一杯しています。

それ以上に負担がかかったということです。

職場のメンバーが充分に足りていて、業務内容が適量であればここまでなっていないでしょう。

仕事をし始めた歴ではないし、立場上はベテランです。

少ないメンバーで容量過多の業務を請け負う。

そのシワ寄せが出ました。

精神力も低下してきているので、ピンチが続きます。

癒しの要素として副交感神経が優位になるようにもします。

緊張状態が長く続いていることに自覚していないこともあります。

甘いモノを我慢出来ずに食べ過ぎていたり、辛いモノを食べ過ぎていたりして、内臓にも負担がかかり元気が減っていることもあります。

今回は辛いモノをさらに辛くして激辛にし、刺激を求めていたようです。

そういった時はお腹にお灸をします。

お腹から元気にすることもあります。

腰痛以外でも困りごとはお気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、辻井はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA