左肩の痛み

10年前から左肩が痛む。

ガクンとなって上げられへん。

5、6年前鍼灸治療受けた。

2、3年通った。

それから行ってない。

姿勢の傾きもあり、立ち方、動き方に癖が強い。

痛みの場所は関節部。

股関節、腰椎、胸椎、頚椎の動きを出すように連動性を高めるアプローチをします。

手技、鍼灸を組み合わせて行います。

肩甲骨、鎖骨、上腕骨の動きの連動性を高めます。

周囲の筋肉の邪魔してる緊張を緩めます。

働きを出したい筋肉は収縮させます。

関節は筋肉の働きでバランスを取っています。

このバランスを取り戻すような働きかけを治療で行います。

部分で見ないで、全体や動きの流れ(連動性)を見るのはそのためです。

一見この部位は治療に関係ないのでは?と思われることもありますが、決して無意味ではありません。

意味のないことをわざわざしません。

痛みを下げる、動きを高めるために必要なことをします。

それがどう行った形で体に刺激を入れるのかは選択肢がいくつもあります。

最適を選んで行います。

一度で変化するものもあれば、複数回必要な場合もあります。

同じ肩の痛みでも、年齢や性別、生活環境も違います。

痛みの出た経緯が違うので、治っていく経緯も違います。

なるべく最短で最適を選択しています。

一緒に頑張りましょう。

 

 

腰の痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2−8−34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090−1070−4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA