圧迫骨折

圧迫骨折

中高齢者の転倒時の注意点として脊椎圧迫骨折があります。

四大骨折として、脊椎圧迫骨折、前腕部骨折、上腕骨骨折、大腿骨骨折があります。

尻餅をついて、背骨が骨折。

転けた時に前に手をついたら手首が骨折。

転け方によって手や肘をついて上腕の骨折。

横に転けた時に大腿を骨折。

骨折とは、骨組織が何らかの外力によってその解剖学的な連続性を絶たれた状態をいいます。

加えられた外力が骨強度を超えた時に骨折は発生します。

受傷時にかかる外力は、直達外力と介達外力に分けられます。

直達外力

受傷部位に局所的に働く外力、すなわち直接的に働く外力のこと。

介達外力

受傷部位から離れた部位に働く外力、すなわち間接的に働く外力のこと。

病態

加齢や骨粗鬆症、多発性骨髄腫などにより骨の強度が低下すると起こりやすい。

若年者では高所からの転落などの外傷により起こる。

損傷椎骨の周囲に強い疼痛をきたし、まれに脊髄症状を呈することもある。

胸腰椎移行部(T10~L2)に好発する。

骨折治療の流れ

骨折の治療では機能障害を残さず、標準的な期間内に良好な形態で骨を癒合させることが目標となる。

治療の3原則は整復、固定、リハビリである。

圧迫骨折では外固定といって、ギプスで骨折部を体外から固定する。

ギプスは結構大きくしっかりめの固定となりますが、完全に固定できるわけではありません。

基本的には安静に!です。

骨折の治癒過程

骨折の治癒過程は仮骨形成の有無により直接的骨癒合と間接的骨癒合に分類され、多くの骨折では間接的骨癒合の過程を経て骨折が修復される。

泰然では鎮痛効果、治癒促進のための手技、鍼灸、超音波治療、ガビランなどを組み合わせます。

大きな痛みは早めに下げます。

不快な痛みを下げるだけで過ごしやすくなります。

痛みの山を小さくすることで、治癒促進に繋がります。

ただ保存的に安静にするよりも治療することで変化を得られます。

ご相談ください。

LINEはこちらから。

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA