腰の痛み

腰の痛み

走ったり、運動した後に腰が痛くなる。

その痛みは鋭いというより、重くてダルい。

不快感が強く、うーっと痛くて辛い。

その辛さは寝転がると緩和される。

日常生活での楽な姿勢と辛い動きが分かってくる。

動きの中で工夫すると痛くない動きをするようになる。

基本的には腹圧の入れ方がポイントです。

多裂筋、腸腰筋、腰方形筋、外旋六筋、大腿四頭筋に過緊張がみられます。

それらを手技、鍼灸を組み合わせて緩めていきます。

鍼灸を施術する際はパルス通電も行いました。

鍼を刺したまましばらく置いておくやり方で、その鍼に電気を流します。

電気といってもビリビリする電気ではありません。

一定のリズムでトントンと流れるので、刺してある筋肉がそのリズムで揉まれてるようになります。

リズムが良くて眠くなります。

そのまま寝てしまう方が多いですね。

鍼が苦手な方は気になって起きてるようですが。

刺さる度に緊張し、体がほぐれきりません。

副交感神経を優位にするためにはリラックスが効果的です。

効くためにする、という方は多いのでリラックスする努力をしてもらえたら慣れてきます。

効果を出すには、過緊張を緩めて楽になったのを自覚してからが大事です。

直ぐに戻る、ではなく効果を維持させるための体を変えていくキッカケにしてください。

お気軽にご相談ください。

LINEはこちらから。

https://line.me/ti/p/a0z7ylMjWr

ID:taizen4976

痛みとしびれの専門院 メディカル整体 泰然

姫路市東辻井2-8-34(ヤマダストアー前、はやし内科と焼き鳥大吉の間)

090-1070-4976

院長 藤原一馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA